2017年6月18日 (日曜日)

6月の合奏団発表会

錦糸町の合奏団として一曲披露しました。本番前、舞台の袖で指揮を振る先生がゆっくり団員を眺めたんだけど、僕の緊張感が無いのに先生はがっかりした様子でした。
 
都民オケも出て、合奏団のメンバーで打ち上げ。ごついメンバーでの飲み会となりました。僕はウーロン茶でやらせてもらいました。企業を定年退職された方が2名いたので、色々中堅以降の働き方について話を聞きました。大変参考になりました。でも答えは自分で考えます。
 
新堀学長の話が途中からまた脱線したので、最近新聞社から出版された自伝を読もうかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日曜日)

シェークスピアシアターの舞台を観劇

シェークスピアを読んだことが全くなかった状態で、友人の誘いで六本木の俳優座に、シェークスピアシアターの舞台を見に行ってきました。
 
開演と同時に照明が落とされ、どんな風に始まるかなぁと思ってのんびりしていたら、怒涛のような滑舌で難しい社会状況を難しい言葉でしゃべり倒す俳優陣の舞台に面喰い、話について行くだけで必死になりました。
中休みの頃には、知恵熱でへとへとです。水を買って一口飲み、後半はその知恵熱を通り越えて愚か者の真っ白な域に達しました。
 
恐るべし、シェークスピアシアター。
観ているだけで大変なんだから、稽古して演じている役者は、体作りも舞台もものすごい努力をしていること間違いない。バイトなどで食いつなぎながら、稽古に打ち込んでいるとも聞く。
恐るべし、演劇の世界。僕がその門を叩くことはないと思います。
 
シェークスピアを本を苦労して読むのでなく、演劇として観られたことは、大変良い経験になりました。
作品や舞台を批評できる立場にありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストロベリームーン

6月9日の満月は赤く見えるストロベリームーンで、これを眺めると恋が叶うとネットで読み、飲めない酒を飲むくらいしか予定が無かったので、荒川の河川敷に観月散歩に出ることにしました。
 
ストロベリームーンが赤いのは、朝日や夕日と同じく、空の低い位置に昇った時間にそう見えるため。
日没と同時に昇る満月を狙って、一眼レフと三脚をバッグに詰めて、でかけました。
 
うーん、曇ってましたね。
星空のガイドアプリだと、もう月は南東の地平線に昇っているはずですが、見えない。
 
残念。撤収です。
 
 
 
この方向に月が昇っているはずだが。
 
 
夜中に自宅の窓から、高く昇ったおぼろ月を見ることができました。
しかし、赤くはなかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水曜日)

健康に働き続けるために

これまでは、内面(アーティスト・チャイルド)を育てるために、ギターを弾いてきました。また、挑戦心を維持するために、テニスを続けてきました。自分の子ども心に対する、良い両親を振舞ってきました。
最近、心境の変化が生じてきたので、ここにメモしておきます。
家庭を持つことを意識するようになって、自然と高齢まで健康に働くことが必要になっていることを実感します。
今年47歳ですから、20年プラスすると、70歳くらいまでは家族を扶養することになりそうです。もちろん人生設計は一人では決められませんがね。
そんな時、心身ともに健康で働くことは重要です。やはり僕の場合、鍵は酒を控える事でしょう。
というわけで、禁酒して3ヵ月。時々、場面に応じて飲んでいますが、ぐっと抑えて、体重も血液検査も良い感じに治まってきました。協力してくれる友人達と相方に感謝です。
 
そして、仕事を通じて成長の実感を得ることも、大切です。今ある環境で、成長可能なことはもちろん実践していきます。そして、シニアで社会の中で活躍するための伏線も、踏み出していきたいです。
ようやく自己啓発っぽい書き込みになってきました。
今のギターとテニスの時間の使い方は、遊ぶことが最終目的ではなく、心身の維持が大切であることを念頭に置いて、続けていきます。もちろん、上手く遊びを楽しみます。
大人のすうらいから、心の内側が消えることはありませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水曜日)

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え / 岸見一郎・古賀史健 (ダイヤモンド社)

メモ
すべての悩みは「対人関係の悩み」である
承認要求を否定する
他者の課題を切り捨てよ
対人関係のゴールは「共同体感覚」
叱ってはいけない、ほめてもいけない
「勇気づけ」というアプローチ
自己受容、他者信頼、他者貢献
いま、ここ、を生きる
 
 
普段僕は対人関係において、「本音で話すこと」「空気を読まないこと」を意識することが多い。だから、面倒な奴と思われることもあるだろう。でも、それでも関係が続く友人を大切にすることによって、自由な人生を生きてきたつもりである。
 
共同体感覚については、環境問題の配慮や、被災地ボランティアを通じて養ってきた考えに共通している。
勇気づけについては、甥や姪と接する時に、自然に身に付いてきたような気がする。
「いまここを生きる」、は、雑誌「致知」を読んでいるといつもハッとさせられる。それは登山での一歩一歩、自転車の一漕ぎ一漕ぎの哲学だった。
 
つまるところ、この本の人生哲学は大なり小なり自分で意識してきた生き方に共通するものだった。だから、目からウロコが落ちたことはないし、表現の方法として上手いなぁと感じたにすぎない。再確認のプロセスだった。
 
 
大切なのは、「対人関係での自由」をこれまで通り続けること。他者貢献・利他の心を持つこと。小さくても、一歩を踏み出すこと。
 
しがらみが増えて悩み始めた時、原点に返るために、またこの本を再読する機会が出てくるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日曜日)

テニス部春合宿に参加

会社のテニス部の合宿に参加し、バスで千葉県の白子町に行ってきました。
ノンアルコールビールを買い込んでの参加で、バス中ではノンアルでしたが、現地の宴会でクーラーボックスの中が混沌としたり、いたずら坊主が俺のノンアル500ml缶を激しくシェイクして、あえなく3%-5%の酎ハイを飲んで談笑しました。
 
翌朝は早朝自主練で軽く汗を流し、充実したバイキングの朝食を取って、一日テニスをして帰ってきました。
 
会社のメンバーですが、仕事のしがらみを離れて汗を流した仲間は大切です。
 
企画・運営してくれる後輩たちに、この場を借りて感謝します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒涛の一週間

月曜 ギターのレッスンでオリジナル曲の作成。深夜にYoutube動画でプロの力に舌を巻いた
火曜 実家で東京出張中の弟と合流
水曜 旧友の結婚式二次会
木曜 どうしても外せないmustな仕事、無事こなす
金曜 仕事はお休みを頂き、自己啓発を自宅で。夜からテニスの合宿へ出発。深夜まで談話
土曜 一日テニスをして、バスで帰る
日曜 今、早起きして洗濯中
 
週末は軽く飲酒しましたが、平日は酒を飲んでいたらこなせませんでした。とにかくアル中から脱せて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月曜日)

メジャーのプロのすごさ

YouTubeのおススメ新着の動画をみていたら良いMVを見つけて、鑑賞していたら子ども心がむき出しになった。
 
 
今、アドラー心理学の本を読んでいて、成功しないのは「可能性の中に生きていたいから」という見解を知った。夢なんてくそくらえとは言えず、この曲はライブでカバーしようとは思っていないが、ウルフルズのプロの力を魅せ付けられた感じがして、優しく突き放された。
 
 
 
甥や姪とよく遊んだシャボン玉。何げなく口ずさんだ童謡にこんなに深い気持ちが隠されていたとは。
何だか感情がむき出しになりました。  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日曜日)

バスギターが退院

音のビレはネックの反りが原因と分かり、僕のバスギターはギター工房に長期入院していました。
もうすぐ合奏団の発表会もあるし、練習できなくて困るなと思っていた矢先、バスギターが退院してきました。おかえり!
 
やはり湿度管理が不十分だったり、弦を強く張ったまま放置しておいたことが、良くなかったようです。ケースに湿度調整剤を入れ、バスギターは毎日ケースに保管することにしました。
 
久しぶりに、自分のクラシックギターを弾きました。良く響きます。
修理してますます愛着が湧きました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金曜日)

動画を編集する

居酒屋関係者の結婚式用動画も無事完成し、バランスボールに座ってこれを書いています。
動画編集ソフトで作ったのですが、結構面白かった。修正依頼が入ると、仕事みたいになっちゃいましたが。
これで披露宴の参加者が幸せな気分になってくれたら、作り甲斐があります。
 
 
 
ゴールデンウィークの旅の宿で頂いたミントの苗が、ずいぶん大きくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ライブハウスでのアコースティックギター弾き語り企画ライブ