« 結婚観 | トップページ | キャリア »

2007年1月25日 (木曜日)

写真

1997年ごろ、カメラを買いました。
ペンタックスLX という、一眼レフの銀塩カメラです。
明るい50mmレンズが付いていて、シャッター音が素敵で、
写真にのめり込みました。
これで世界を撮ってやるんだ、と意気込みました。

昔のテニス友達が、実は学生の頃に天文写真を撮っていて、
モノクロの写真を自分で現像・焼付けしていた、ということを知りました。
その友人は、今は焼付けをやっていないので、機材を安く売ってあげよう、
と提案してくれました。
そんな訳で、自室にブルーシートを引いて、モノクロ写真の現像を始めました。
今考えると、かなりマニアックでした。

1999年になると、仕事のかたわら、写真学校の夜学(Ⅱ部)に入学し、
写真の基礎を学ぼうとしました。
しかし、残業を強いられて授業に間に合わなくなりました。
写真の世界に職を求めようかとも考えましたが、
会社を辞めてしまったら夜学の授業料も払えなくなってしまいます。
綱渡りのタイムスケジュールが続き、僕は体調を崩してしまいました。
そして、入学後数ヶ月で、写真学校を中退することになります。

中退して落ち着いた頃、甥っ子が生まれて僕はおじさんになりました。
撮影は我流。被写体は家族の写真が増えました。
春になると、梅や桜などを撮るようになりました。
週末や連休しか、撮影ができませんでした。

僕はいつしか、写真を好きに撮って生活ができるようになればいいなと考えていました。
しかし、脱サラして写真家として人生をやり直すには、
30歳という年齢はリスクが高すぎました。
崩した体調も、まだ本調子ではありませんでした。

|

« 結婚観 | トップページ | キャリア »

写真・散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/13656659

この記事へのトラックバック一覧です: 写真:

« 結婚観 | トップページ | キャリア »