« おじさん度 | トップページ | 高層アートギャラリー »

2007年2月 3日 (土曜日)

恵方巻き

070203

今日は節分ということで、なんと母が恵方巻きを巻いてくれました。

これまで、節分といえば豆まきでしたが、
二三年前から僕が恵方巻きを買って帰るようになり、
僕はそのままモグモグと、父は切って醤油をつけて食べていました。

この風習は東京の実家でもすっかり受け入れられてしまい、
今年は母が竹の巻き簀(まきす)を買い、炊いた飯を酢飯にして作ってくれました。
具はセットで売られていた、玉子焼き、ねぎとろ、カニ蒲鉾、穴子などです。

母は元気で、子供達が大きくなって、豆まきを恥ずかしがるようになると、
自分が率先して毎年豆をまきます。
窓を開け、近所にはばからず、
「鬼は~外~! 福は~内~!」と叫びます。
おかげで母は実年齢より確実に若さを保っています。

豆をまく活き活きとした母の写真を、兄弟にメールしました。
後で電話が来るのが楽しみです。
孫から「おばあちゃん何やってるの?」と突っ込みも入ることでしょう。

|

« おじさん度 | トップページ | 高層アートギャラリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

市販の恵方巻きって太すぎです~。あんなの1本無言で食べられません。

投稿: 未音 | 2007年2月 4日 (日曜日) 16時30分

季節の行事を大切にするって、良い事だと思います(^-^)
今年の恵方は「北北西」と聞きましたが、そちらを向いて食べましたか?

豆まきをしているお母様の写真の、皆様のご感想はいかがでしたか?♪

投稿: Meili | 2007年2月 4日 (日曜日) 21時55分

>未音さん
市販の恵方巻き買いましたか。あれ斜めにかじらないと、顎が外れますよ。
本場関西の恵方巻きが果たしてどのくらいの太さなのか分かりませんが、コンビニの納豆巻きでも良しとする方もいらっしゃいます。

>Meiliさん
はい、だいたい北北西を向いて食べました。折角ここまで手作りしてもらったので、恵方にも気をつかいました。
無言で食べたので、晩ご飯をあっという間に食べ終えてしまいました。

投稿: すうらい | 2007年2月 4日 (日曜日) 23時29分

恵方巻きを作ってもらって…節分ですね!
都合のいい時は日本流で、こちらの方が都合がいいと思えば中国流で、もう一つ、清明祭は沖縄風で……
都合のいい生き方だけの人間になってしまいそうです。

投稿: 楊貴妃 | 2007年2月 9日 (金曜日) 18時56分

>楊貴妃さん

今日は一杯ひっかけて帰ってきました。
帰宅途中の沖縄居酒屋です。
ゴーヤちゃんぷるーを食べました。
お酒はボトルを入れていた泡盛のラスト一合。

ちゃんぷるーとは混ぜる、融合するの意味。
音楽のジョイントしかり、沖縄の文化しかり、シルクロードしかり。
文化の融合も、料理の融合も、要するにちゃんぷるーなのです。

一方、沖縄のアイデンティティは、島人(しまんちゅ)という言葉に
深く表されている気がします。

では、ゴーヤちゃんぷるーを食べた、僕のアイデンティティは?
それは家族、としか言えません。
そしてこれからも自分探しをするということ。
自分探しというのは、自分の人生を探すということ。
生きる意味を見つけるということ。

投稿: すうらい | 2007年2月 9日 (金曜日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/13775434

この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻き:

« おじさん度 | トップページ | 高層アートギャラリー »