« 地球温暖化をめぐるメモ | トップページ | この頃 »

2007年10月 1日 (月曜日)

「致知」を読んでみる

少し前の新聞に、一面広告で「致知」という雑誌の広告が載りました。人間学を学ぶ月刊誌とあります。

昔ちらりと名前だけ聞いた覚えがありました。京セラ名誉会長の稲盛和夫さんが人生哲学について書かれているそうで、当時未熟だった僕は、この雑誌は経営者OBの教養倶楽部会誌で、一般のサラリーマンが読んでも現実離れして面白くない、と考えていました。

新聞の広告には「志の高い意見に触れて、志を高く共感する」旨のコピーが書かれていました。また、読者や執筆者の声が多数書かれていて、経済界の錚々たる方々から学生の若い方まで、幅広い読者層を有していることが分かりました。また、宗教法人色が感じられませんでした。

登録制で郵送配布、一年間10000円。という事で、二日頭の隅で考え、結局購読することにしました。

10月号が届きました。執筆や対談はほとんど50歳~100歳位の方で、ちょっと読むには若すぎたかなと思ったのですが、その方々が述べる、哲学・人生観・感受性は、普段触れることがない豊かなもので、購読して正解だったと思いました。難しい古典からの引用も数多いのですが、僕が新鮮だったのは、「修養、修練、命、生き甲斐、愚直、有限、自然の摂理、古典・・・・」など、ネットやテレビでは馴染みのない、古いけれども活き活きとした価値観に、心動かされました。

これを一年読んだら、人間変ってくるだろうと思います。ただ高齢の方の執筆が多いので、変に頭で悟ってしまわず、何事にも果敢にぶつかっていく若さも保っておきたい。そんな訳で、「致知」はバイブルとまでは言いませんが、日本の豊かな感受性を磨く一手段として、有効だなと思ったのです。人間学を学ぶ月刊誌、オススメですよ。

|

« 地球温暖化をめぐるメモ | トップページ | この頃 »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

『致知』購読始めたのですね!

私の母も人に勧められてここ数年読んでますよ。
良い本だと言ってました。

投稿: ケリー | 2007年10月 2日 (火曜日) 19時20分

>ケリーさん
年上の方ほど、書かれている言葉に共感するものがあると思います。
僕はとりあえず一年分購読申し込みました。

投稿: すうらい | 2007年10月 2日 (火曜日) 21時57分

『致知』をご紹介くださりありがとうございます!
編集部一同、大変嬉しく拝見いたしました。

新聞広告、おかげさまでご好評いただいており、
その日は電話が鳴り止みませんでした(嬉しい悲鳴です!)

これからも人生に仕事に一所懸命取り組んでこられた方に
光をあて、読者のみなさまの心の糧になる雑誌作りに励んでいきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします!!

よろしければ弊社のブログにも遊びにいらして下さい☆
編集部 由良

投稿: 致知編集部 | 2007年10月 4日 (木曜日) 08時16分

>由良様
11月号も興味深く読ませて頂いています。そちらのブログも時々お邪魔させていただきますね。

投稿: すうらい | 2007年10月 4日 (木曜日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/16635809

この記事へのトラックバック一覧です: 「致知」を読んでみる:

« 地球温暖化をめぐるメモ | トップページ | この頃 »