« 排出権取引・その2 | トップページ | 五体不満足・完全版 / 乙武洋匡 (講談社文庫) »

2007年10月30日 (火曜日)

不動心 / 松井秀喜

Photo

不動心 / 松井秀喜 (新潮新書)

  石川県のマツイ・ベースボール・ミュージアムを訪れてから、いつか読もうと思ってた。左手の骨折をも乗り越えた、松井の心の構えとは。

  

  

071030chai ティバッグで淹れてミルクを加えたら、芳しくもまろやかなチャイの出来上がり

  

  

菅野美穂のインドヨガ紀行の録画 http://www.nhk-jn.co.jp/wp/program/details/disp_j.asp?a=00&s=0&w=0&c=200710271860

  肉体と精神の融合がヨガ。インドに脈々と流れる精神性を感じ、見入る。仏教に傾いてインドを見ていたので、インドの見方が変った。

  実際にインドに行けるのはいつか?現在、先延ばしを禁じえない。

|

« 排出権取引・その2 | トップページ | 五体不満足・完全版 / 乙武洋匡 (講談社文庫) »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/16924339

この記事へのトラックバック一覧です: 不動心 / 松井秀喜:

» 不動心 [読書感想文]
著者はニューヨークヤンキースの松井秀喜選手。文体からしておそらくインタービューした内容を編集者の人が文章にしたのではないかと思われる。左手首を骨折した2006年シーズン終了後に書かれている。松井選手といえばマスコミに対して誠実に対応することで有名であるが、私が一番驚いた彼のコメントはまだプロ入りする前、ドラフト1位で巨人に指名されたときのコメントだ。当時彼は星稜高校の主砲であったが、夏の甲子園2回戦で5打席連続敬遠されチームは敗退。星稜の山下監督は「優勝を狙えるチームだったのにあんなやり方は....... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日曜日) 20時28分

« 排出権取引・その2 | トップページ | 五体不満足・完全版 / 乙武洋匡 (講談社文庫) »