« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木曜日)

チョコレートの真実 / キャロル・オフ (英治出版)

Photo 久しぶりにジャーナリズムを読む。

子供が夢を見るチョコレート。その原料のカカオの生産現場では、現在でも人権侵害(呼び方を変えた奴隷)による児童労働が強いられている。

政府の腐敗、巨大企業の陰謀・・・。

古くから今なお続いている、カカオの「哀しみの歴史」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土曜日)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

Always 観て来ました。

ぎりぎりに映画館に入ったので、最前列での鑑賞になりました。字幕無しなので助かった。

・・いいです。すごくいいです。

歳とともに、涙腺がゆるんでいるのが感じられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金曜日)

羽田にサイクリング

多摩川を下って、羽田空港に軽くサイクリングしてきました。

ターミナルまでは行きませんでしたが、途中次々と着陸する飛行機を、しばらく眺めていました。

071123_2

  

空港がら外れたところに、大鳥居が建っていました。この大鳥居は、昭和初期に羽田穴森神社があった頃に建立されたもので、戦後や空港整備の度に引越しを繰り返して、今は鳥居だけがここに立てられています。

鳥居の上に「平和」と書いてあります。今日は世界の平和を願って、お参りしてきました。

071123_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木曜日)

オールド・ルーキー / ジム・モリス (文藝春秋)

Photo  幼少の頃からの「野球」という夢を心に秘めつつ、人生に翻弄され、苦悩しながら生きていく著者の姿に共感。

大きなリスクと年齢のハンデをかえりみず、夢を体現する挑戦の心構えは、本当に感動。

ジャンル:人間学。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水曜日)

ドリップコーヒー

結構寒くなってきたので、飲み物が自然と温かいものになってきました。

中国茶、ハーブティ、白湯を飲むことが多かったのですが、コーヒーも離せません。

コーヒーは、一回分を紙工作してドリッパーを組み立てる使い捨てコーヒーを飲むことが多かったのでした。(MON CAFE; 片岡物産)

でも、頻繁に飲むとゴミが増えてなんだか嫌なので、陶器のコーヒー・ドリッパー(1~2人用)とフィルターペーパーを買ってきました。家の近くにコーヒー豆を扱う小さな店があることは覚えていたんだけど、ほとんど入ったことがなかった。今日はそこで道具と、挽いたコーヒーを買ってきました。その店のブレンド豆200gをその場で普通に挽いてもらってきました。

コーヒーを挽くと、あんなに良い香りがするんですね!!最高!!

袋詰めした普通挽きコーヒーをテーブルに置いただけで、自宅の空気が少し幸せになりました。

でも香りが飛ぶのは良くないので、タッパーに入れて保管することにします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

IPCC第四次報告

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第四次報告が報道されたので、抜粋します(日本経済新聞の記事より転載。)

○気温上昇のほとんどは人間活動によってもたらされた可能性がかなり高い。

○今後20~30年間の気候変動緩和の努力と投資が、気温上昇を低く安定させられるかどうかに大きな影響を与える。

○温暖化ガス濃度を抑えようとするほど、早期に排出量の削減に転じなければいけない。

○温暖化の緩和策と影響への適応策をとれば、気候変動リスクをかなり減らすことができる。

○気候変動の影響はコスト負担を生む可能性がかなり高く、コストは気温上昇に伴い増える。

○温暖化進行を抑えるには2050年までに全世界のGDPの最大5.5%(約300兆円)のコストが必要。

○対策の厳しさに応じ、今世紀末の気温は20世紀末比で1.1~6.4度上昇、界面は18~59センチの範囲で上がると予測される。

○気温の上昇幅を2~3度に抑えなければ損失が拡大する。影響抑制には2050年までに温暖化ガスの排出を半減させる必要がある。

○温暖化ガス濃度を安定させても、気温と海面の上昇は何世紀も続く。

○寒い日や夜、霜が降りる日が減少し、熱波や大雨の頻度が増している可能性が高い。

○温暖化は二酸化炭素の陸や海洋への取り込み量を減らす恐れがある。

○社会的弱者が温暖化の影響を受けやすい。

○20世紀末からの気温上昇が1.5~2.5度を超えると、20~30%の生物種で絶滅リスクが高まる可能性がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日曜日)

二子玉川にて芋煮会

本日は、こばちゃんさんのコーディネートにより、二子玉川での芋煮会に参加してきました。

今日の関東地方は非常に天気が良かったので、自転車で現地に向いました。多摩川のサイクリングコースを走っていると、河川敷にマラソンの行列が動いていました。3000人くらい走っていたらしいです。最後尾を見ていると、本当に歩くくらいの速度で走るおじいさんがぽつぽついました。これなら僕が出ても、尻を切られないかもしれないな、と半ば諦め気味のマラソンも頭の隅に置くことができました。でも、自転車の楽しさを知ってしまったんですよね。なので、マラソンとは反対に、上流に向って自転車をスイスイ漕いで行きました。

071118 何キロも行列が延びる

今日始めてお会いした方たちは、とてもフレンドリーで、すぐに溶け込めることができました。打楽器のミュージシャンの方も楽器を持ってきてくれていました。「アウトドアの王子」が火をおこしてくれている間、我々は輪になって、ドラムを思い思いに叩きました。アフリカのウネリが感じられるまで、手が痛くなるまで、ドラムを叩き続けました。

071118_2 コンガ、ジャンベ、タンバリンみたいの、ドラム

071118_3 薪は立てて火をつける。かまどは三方に石。

ドラムが終わりに近づく頃、こばちゃんさんが鍋を作り上げてくれました。

ほ~ら、おいしそうでしょう!

071118_4

風が寒い季節になりましたが、鍋とドラムで、身も心も温まりました。

  

皆、お会いできて嬉しかったです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土曜日)

サイクル・モード2007

金曜~日曜まで千葉の幕張メッセで開催されている自転車展、「サイクル・モード2007」に行ってきました。

自転車で世界一周を続ける冒険家、スティーブ・エミコのトークショーを聞いてきました。お元気そうで何よりです。ちょっと関東のノリは、関西と違いましたね。

トークショーが始まるぎりぎりに着いたので、ご挨拶する暇も無く。でも、彼らの自転車を撮影することができました。チョモランマの泥の付いた自転車です。クリックで大きくなります。

071117s

エミコさんのバイク。ピンクのサドルは、乳がんのピンクリボンにちなんだもの。春にはピカピカでしたが、今は擦れて年季が入っています。

 

071117s_2

スティーブのバイク。チェーンやギアの駆動部は、ちゃんとメンテナンスしています。でもタイヤの泥は落としていません。

  

昼食を食べてモンベルのブースを通ると、エミコさん発見。

「すうらいです。」思わず手を握り続ける。もう緊張してしまいました。「いかん、間が持た~ん、」と思った時、スティーブ登場。ワタクシタチ、ナラノサイクリングデ、オアイシマシタ。

http://suulai.way-nifty.com/blog/2007/03/post_43d6.html

スティーブは場を和ませるのが、本当に上手い。オヤジギャグというか、オーストラリアン・ジョークというか。今日はモンベルの鍋つかみ型の防寒手袋を付けて、「ウサギ、ウサギ!」と写真に入っていました。キョウハココデ、ミンナデノジュクシヨー!

  

明日は少し多摩川を愛車で走ってみます。約束に電車で行くか、自転車で行くか、決めました。コイントスで決める度量が無かったです。何事も考え込む性質なので。

  

エミコさんのブログ: http://www.yaesu-net.co.jp/emiko/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリ

右ひざ内視鏡手術を受けた松井秀喜が、リハビリを開始したらしい。

応援しているぞ。

「不動心」で読んだこと、思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月16日 (金曜日)

禁酒

禁酒を宣言した僕であるが、今日はビールを一缶飲んで、いい気持ちになっている。

八年前に禁煙に成功したのだが、酒はぴったりとは止められない。付き合いのお酒がしばらくなくて、飲まなくても良い状況が続いていたのだが、今日はどうしても飲みたくなって、コンビニで買ってきてしまった。

  

人は時間が空くと、過ごし方を考える。酒はその時、心の隙間に忍び込んでくることが多いようだ。幸か不幸か、僕は酒を飲むと気持ちよく酔う。昔は飲みすぎたが、今は決めた量しか冷蔵庫に入れない事にしている。

  

今日ビールが飲みたくなったのは、ビールについてネットで調べたことが関係しているらしい。ビールは麦とホップときれいな水から作る。そして、お客様を第一に考えられてコンビニの店頭へ並べられる。

  

「お百姓さんありがとうございます。ビールメーカーさんありがとうございます。この時間をありがとうございます。」

  

ぐび。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水曜日)

地球の出、地球の入り

昨日、月を周回中の探査衛星「かぐや」が撮影したハイビジョン映像がテレビで何回も流れました。

あばたの灰色の岩石の地平に、青い地球が昇る映像です。

暗い宇宙に浮かぶ水の惑星はやはり美しい。

人間が地球に及ぼしてきた影響は深刻な環境異変をもたらしているけれど、38万km離れてみると、美しいとしか分からない。

おそらくこの惑星は、もし人類が滅亡してしまっても、美しいまま宇宙に浮かんでいるのでしょう。

この美しい惑星の上で共生させてもらいたい。60億の人類がちっぽけに見えました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月曜日)

冬鳥の季節

朝、散歩はかなり寒いです。日中は今日は晴れて暖かかったのですが。。

洗足池には、今年もたくさんの(数十羽)冬鳥が飛来して、羽を休めています。

大望遠の写真がないけれど、ぱっと見た感じ、オナガガモ と キンクロハジロ が目立ちました。

杭にはアジサシらしい鳥がとまっており、カワウらしい鳥が水面下に潜ってなにやら探っている様子が見られました。

久しぶりに鳥の図鑑を見ました。オスは比較的判別しやすいですが、メスは難しいですね。

0711091_3

0711092_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日曜日)

バイバイ

丸一日子供と遊んでいました。

女の子は、男の子とやはり違いますね。寂しくなると、すねたり、泣きまねしたり、ふくれてみたり。。おばあちゃんがいてくれないと、僕一人では無理だったな。

夜には親と一緒に自宅へと帰って行きました。

列車の窓越しに小さく振った手が何だか目に残り、おじさんは少し寂しく夕食のラーメンを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土曜日)

折り紙

この週末は、3歳の「姫」(続柄:姪)が来ています。

折り紙をあげたら、色々折っておじさんにくれました。

071110

左から、お皿、コップ、せっけん、ねばねば(納豆のことらしい)、プレゼント。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木曜日)

「ゆっくり」でいいんだよ / 辻信一 (ちくまフリー新書)

Photo 本屋でビジネスの書棚をみると、タイムマネジメントのノウハウ、時間管理術とか色々ありますよね。

この本はそれと全く正反対の「スローライフ」を提唱するものです。

印象に残った挿話を少し紹介します。

 

 

 

 

 

エクアドルの笑い話。湖のほとりで。舟の上で漁師が居眠りしている。

アメリカ人のビジネスマン:「もっと魚を捕らなくていいのか?」

漁師:「もっと捕るといいことがあるかね?」

「そりゃ、もっと捕ればお金が稼げるだろ。」

「もっと稼ぐといいことがあるかね?」

「そりゃ、稼いだ金でもっと大きな網も買えるし、もっと大きな舟も買える。そしたら、もっとたくさん魚が捕れて、もっとお金が儲かる。」

「そんなにお金がたくさんあったら、いいことがあるかね?」

「そしたら、もう金の心配もなく、のんきに舟でも浮かべて釣りでもしながら、遊んで暮らせるじゃないか。」

「それこそ、俺がやっていたことさ。あんたに邪魔されるまではね。。」

  

  

哺乳類の「ナマケモノ」の話

ナマケモノがのろいのは、筋肉が少ないからで、それはなるべくエネルギーを使わないで、葉っぱだけを食べて生きていくための知恵である。

それだけ軽くなるから、高い木の上の方の細い枝にもぶら下がることができ、それだけ敵から襲われる心配も少ない。

また面白いことに、ナマケモノは七、八日に一度、危険を承知でゆっくりと木の根元まで下りてきて、地面にお尻で浅い穴を掘って糞をする。・・・ 

「環境にやさしい循環型のくらし」とはまさにこういうものだろう。

  

  

公園のベンチでゆっくりのんびり読みたい本です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月 7日 (水曜日)

ハチドリのひとしずく / 辻信一・監修 (光文社)

Photo 森が燃えていました

森の生きものたちは、われ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは、いったりきたり、くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていきます・・・・

  

  

南米に伝わるハチドリの逸話。

そして地球環境の”山火事”に水を落とし続ける、自然を愛する人々を紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOVA再建に怒り心頭

NOVAの保全管理人が、飲食店や英会話教室を運営するジー・コーポレーション(名古屋市)に事業を営業譲渡すると発表した。約670あった教室は大幅に減らされ、ジー社は30教室を譲り受けて、当面二百教室体勢を目指す。

「駅前教室」は承継されるが、教室数が大幅に減らされている。

テレビ電話を用いた「お茶の間留学」は英語だけしかなさそうである。中国語の取り扱いがどうなるのか分からない。

「NOVAキッズ」は継承されるらしい。

  

そして、何よりもいまいましいのが、NOVAの受講生が払った600~700億円の前払い受講料は引き継がず、NOVA側も受講生からの返還要請には応じない方針とのこと。ジー社は上記の受講内容を通常の25%の料金で受けられるようにするらしい。つまり、充分なサービスを継続できないまま、さらに追加の授業料を払わせるつもりのようだ。

NOVAが成り立っていたのは、30万人の膨大な受講生が授業料を納めたからだ。その受講生に負債のツケを払わせようとするのは、許せない。経営陣は継承先が見つかって良かったと思っているかも知れないが、全く無責任甚だしい。

  

僕もローン組まされて、まだ50万円くらい未払いが残っています。ジー社で満足なサービスが受けられないのなら、もう解約して残りは払わないから。

ローン解消できないなら、これは未曾有の大詐欺事件です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火曜日)

ポインセチア

新宿にて用事があり、時間がすこしあったので、高島屋と東急ハンズをぶらついてきました。久しぶりのデパートでした。最近の僕にとっては非日常でした。

ハンズで小型システム手帳の2008カレンダーと、万歩計を購入。最近歩行距離が短いし。

帰宅途中、花屋でポインセチアが目に留まりました。クリスマスにはちょっと気が早いかなと思いましたが、デパートのように季節を先取りしてみましょう。1000円でお買い上げ。2,3日に一度、多めに水をやればいいって。

071106

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年11月 4日 (日曜日)

ある日曜日・二週目

ちょっと、遠出しました。自転車で多摩川に軽くサイクリング。休日の朝を走るたくさんのランナーとすれ違いました。

やっぱり自転車は風が気持ちいいですね~。温かいアンダーウェアで、防寒対策もバッチリです。

  

  

071103_3224

071103_3220 ハマギク(キク科)

071103_3227

071103_3230 セイタカアワダチソウ(キク科)

071103_3240

071103_3242

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土曜日)

持続可能な未来がわかる絵本、12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

Photo_2

あなたの暮らしが世界を変える / 阿部治・野田研一 監修 (山と渓谷社)

  今地球で進んでいる、人類が原因の地球の問題。サステナビリティについての小事典と絵本が一緒になったもの。

  

  

Photo_3

あなたが世界を変える日 / セヴァン・カリス=スズキ 著 ナマケモノ倶楽部 編  (学陽書房)

  未来に生きる子供たちのため、世界の飢えに苦しむ子供たちのため、死に絶えようとしている無数の動物たちのため。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五体不満足・完全版 / 乙武洋匡 (講談社文庫)

Photo

初めて出版された時に読もうと思っていて、忙しさにかまけて十年そのままになっていた。

「障害は不便です。だけど不幸ではありません。」乙武さんが成長していく時に、周りの人が掛けた特別視のない友情が温かい。自分が見過ごしてきた大切な何かを思い起こさせてくれる本。ジャンル:人間学。

今は小学校の先生をしているらしい。書中の尊敬する先生の大きさが、乙武さんの中に生きているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »