« 社会を変えるを仕事にする / 駒崎弘樹 (英治出版) | トップページ | 貧困なるヘアカット、貧困なる精神 »

2008年2月14日 (木曜日)

隠れ読書

人間学の雑誌「致知」を月初めに読んでから、論語の解説本や、中国古典の初心者向きの解説本を、図書館で借りて少しづつ読んでいます。

今日は、近代日本の新渡戸稲造「武士道」の訳本に取り掛かりました。

思想・古典に疎かったので、昔の中国~明治の日本の道徳心を浴びると、これまでドップリ俗物だったなと。迷った心がスッとなります。

例えば、日経ヴェリタスを購読しようかどうしようか。こんな時、「地球人の立場なら、そんな金融紙で頭迷わせたらしょうがないでしょ」、と勘が働いてくる。

雑誌「致知」は、受け入れればスッと心に染み、でも人に教えるほど饒舌になれないような。まだ小学生のぼくの道徳心に根を生やしてくれる、じいちゃん、ばあちゃんみたいな雑誌です。

|

« 社会を変えるを仕事にする / 駒崎弘樹 (英治出版) | トップページ | 貧困なるヘアカット、貧困なる精神 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/40121436

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れ読書:

« 社会を変えるを仕事にする / 駒崎弘樹 (英治出版) | トップページ | 貧困なるヘアカット、貧困なる精神 »