« 最近紙上で見るCO2排出問題 | トップページ | だから、僕は学校へ行く! / 乙武洋匡 (講談社) »

2008年3月18日 (火曜日)

久しぶりの中国茶

広く市販されている、雲南普洱(プーアル)の散茶ティーバックを、半年ほどしまい忘れていた。保管は暗所に密閉下で常温放置。

カップで直接淹れて飲んでみる。黴臭いのは黒茶独特の風味。半年間の酸化は僕の舌では分からず。黒茶は年代物ほどプレミアがつくと聞いたことがあるし、お客様には出せないけど、まだ美味しく飲めます!

|

« 最近紙上で見るCO2排出問題 | トップページ | だから、僕は学校へ行く! / 乙武洋匡 (講談社) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうそう、プーアール茶を飲んでいましたよね!(笑) 
固めたものとティーバッグ入りの2タイプをうちで常備していますが、ひとりのときはついティーバッグになってしまいます(一応おいしいのを選んではいますよ♪)

朝一番に飲むには何茶がからだに優しいかを調べたところ、中国茶ならジャスミン茶がいいという情報をネットで得て、最近は朝夕とわず、ジャスミン茶を飲むことが多いです。

投稿: おあはか | 2008年3月18日 (火曜日) 19時28分

>おあはかさん
最近、朝に時間のあるときはコーヒーをドリップ式で淹れています。
コーヒー片手に新聞を読むのが、余暇のあるスタイルになってしまいました。男一人だと、こうなっちゃいます。
ジャスミン茶は優しくて香りが良いとくれば、これはいいですね。

投稿: すうらい | 2008年3月18日 (火曜日) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/40547584

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの中国茶:

« 最近紙上で見るCO2排出問題 | トップページ | だから、僕は学校へ行く! / 乙武洋匡 (講談社) »