« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水曜日)

大晦日のバタバタ

友人が催した大晦日テニス大会に、義弟と一緒に参加させてもらいました。相変わらず、テニスのレベルが高い。なかなか付いて行けず。。弟の方が気合が入って、勝負には強かったようです。

松戸のテニスコートにてのテニス会でした。帰りに亀有で途中下車し、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両さん像を見て帰って来ました。写真を沖縄の甥に送るのが目的です。なかなか喜んでもらえたようです。

夜のテレビはおばあちゃんから姫まで、紅白歌合戦を見ました。姫はやはりポニョが良かったみたいです。遅い時間はさすがに眠そうでした。

そして行く年来る年。・・ゴーン・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火曜日)

旧友との忘年会

中学時代の友達と地元で忘年会をしました。

いやいや、三十代も後半ですが、まだ勢いは二十代の乗りです。

八百屋のとし(二児のパパ)に、別れのディープキスを受け、おもわずゲロしてしまいました・・。

  

2010年に予定している、全クラスの同窓会に向けて、このブログを皆に公開しようという話があったけど、ミクシィとかの方がシステム上いい様な気もするな。のぞき見れる手軽さでは、こちらの方が良いかもしれないけど。

「洗足池のほとり」とかの書庫を作って、地元記事をまとめてみますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月曜日)

ブロガー・オフ会

ヤフー・ブログ時代のオフ会に参加してきました。中国つながりのオフ会です。

今日のうんちく、「だっさい」。

だっさい:獺祭という日本酒がありますが、これは獺(かわうそ)が獲物を祭りのように並べる喩え。中国古典では、孔子の格言をやたらと散りばめる時に、喩えられるそうです。

食事は野菜たっぷりの鍋でした。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2008年12月28日 (日曜日)

年末の洗足池

今日は大掃除を済ませて少し時間が空いたので、洗足池周辺を散歩してきました。桜山の辺りが工事中でしたね。春までには終わるみたいだけど。

相変わらず池・ボート・カモの季節です。紅葉は散り落ちました。

081228 寒いけどこの季節もボートに乗るんです!

081228_2 寒いせいか、餌探しに真剣です

081228_3 鳥に向けて巨大な望遠レンズが並びます

081228_4 タイコ橋にも年明けの初詣のために電球が設置されています。大晦日の夜は松明も灯されますよ。

081228_5 投げた餌を空中でつかまえるユリカモメ

081228_6 見えます?▼のところ。背中の青い、カワセミです。望遠レンズ持ってなかったので、これで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年は雪が少ないようです

そういえば、先週蓼科方面にスキーに行ったのでした。しかし、雪が少なくて、ゲレンデは人口雪で辛うじて一コース持たせている状況でした。

適度に滑って、ホテルの温泉で極楽な時間を過ごしました。

081221

  

スキーはサイクリングほどがむしゃらに滑らないので、ガッツがないと言われます。レストハウスで、コーヒーを飲んでほっと一時を過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木曜日)

サンタクロースが来ました

アマゾンで注文していた書籍が、遅い時間に届きました。

語学のCD付きテキスト。英語と中国語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水曜日)

サンタクロース来ますかね?

メディアで悲しいニュースが入る中でのメリー・クリスマスです。

子供にサンタの夢を保証するお父さんを、応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日曜日)

またイビキがうるさくてすまん

友人父子のスキーにご一緒してきました。

やはり子供は疲れを知らないなー。二日目はレストハウスで休憩気味でしたが、土踏まずを攣りながら滑りました。スキーはあんまり得意じゃないんですよね。

土曜にホテルに泊まって、夜の時間を過ごしました。小学生とカラオケをしたのは初めてです。 下手にアニメソングを歌っても、なかなか波長が合うものではありません。自分が小学生の時にインパクトの強かった懐メロの熱唱が、意外と今の子供にも受けます。

一番少年の胸に響いたのは、シブガキ隊の「すし食いねぇ」でした。

http://jp.youtube.com/watch?v=zG-mvGkrADo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火曜日)

来年に向けて

ここ最近、2008年の振り返りと2009年の抱負について考えています。抱負はまだ胸の内に秘めておくとして・・。かなり自分なりに挑戦が必要な志が生まれてきました。

節酒とかダイエットとかメタボ対策に必要だけれど、これまでのは節酒するために節酒してきた。

これからは節酒しないとタイムマネジメントが難しくなりそうだから、節酒します。そうしないと抱負を実現できない。今日読んだ本に「自分の心のスイッチ」が入らないといけない、志は人から押し付けられても持つことができないとありました。

来年は抱負実現のため、一人酒を禁酒します。まずは質の良い睡眠を取らないと、時間をうまく使えない。

あ、でも、食事会はこれまで通り声を掛けてください。一人酒じゃないので、OK。セーブする癖がついているし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日曜日)

【足跡帳】コメント募集キャンペーン

081201

本ブログは、アクセス数の少ない、ホントに小さな個人部屋です。nosmoking

だいたい9割の人は、何かしらの検索で引っ掛けてきて、一度きりで立ち去っていきます。paper

残り1割の人で、本ブログに10回以上(1日何度訪ねても一回と数えて)来てくれた方、いわゆるリピーターの方は、それでも約30人いらっしゃいます。bottle

  

・・・しかし、コメントが残らないのは寂しい訳でアリマス。crying

ブログの冒頭にこの足跡帳を設置しますので、コメントを残していって頂けないでしょうか。ペンネームだけ書いて、別にメルアドやURLリンクは残さなくてもいいんです。wink

やっぱり一箸目を付けておかないと、後が続かないのかな。。confident

| | コメント (7)

2008年12月11日 (木曜日)

エコプロダクツ展

会社帰りに、東京ビッグサイトで行われている 2008エコプロダクツ展に立ち寄ってきました。様々な企業がブースを出して盛況でした。

とはいえ、閉会ギリギリに会場に到着したので、自然派レストランでオーガニック栽培のホップを使ったビールを飲んで、帰って来ました。

歯ごたえのあるパンとレタス、ツナのベーグルも旨かったです。

081211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月曜日)

誰が世界を変えるのか(原題:Getting To Maybe) / フランシス・ウェストリー、ブレンダ・ツィンマーマン、マイケル・クイン・パットン (英治出版)

Photo 副題に「ソーシャルイノベーションはここから始まる」とあるように、Getting to Maybe(『かもしれない』をめざす)社会起業とはどんな行為なのか、視点を変えながら紹介している指南書。

以前に読んだ、「チェンジメーカー」の様に、社会起業の事例を紹介している一方、これまでの本が社会起業の「成功事例」を紹介していたのに対し、本書では社会が変革していくシステムの変化を複雑系として考え、複雑系の工学用語を使いながら、小さな行動が大きなイノベーションのうねりにつながっていく様子を表現している。

レジリエンス(大きな変化を経験してもゆらぎながら元の状態を保つ能力)という言葉を一例として示し、変革が個人の力でなく、社会システムの潮流に乗って運ばれたり、当初の目標に達した成功すら安定な最終地点ではないこと、などを論じている。

  

この本を読んで感じたのは、社会変革という挑戦に一番必要なものは、その人が経験して感じたあるいは傷ついた、何かを変えたいという強烈な祈りであり、心の底を見失わない確固とした気丈さだということである。

それは仕事に就けないという事かもしれないし、子供がいじめにあっているとか、商店街が寂れていくとか、すぐ近くにある問題かもしれない。メディアで見過ごしがちな報道や、旅先で出くわしたカルチャーショックかもしれない。

残念ながら、日本に住み仕事もある今の僕は漠然とした思いはあるものの、心深くに焼きついた不満・屈折を持っていない。社会起業家として充分な情熱を持っていないと感じた。

  

本書を社会を変えたいと憤る人々に紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月曜日)

COP14開幕

大きな金融危機はまだ乗り越えられてはいません。日本でも、実体経済の縮小が様々な問題を呼び始めています。金融に焦点があたっている間に、地球環境問題では幾つかのニュースがありました。

□ 2008年度の日本のCO2排出量が、減少ではなく、増加していました。日本のノルマ、1990年比マイナス6%がますます難しくなっています。ちょっとスクラップがどこかに行ってしまいましたが、今はプラス6%強かな。

□ アメリカの次期大統領が決まり、オバマ体制が築かれています。環境政策に関しても、2020年までに90年比レベルに削減(現在プラス14.4%)、2050年目標は90年比マイナス80%と提言しています。アメリカは環境政策に積極的にchangeしています。

□ 金融サミットでは、環境問題にまで、話が及びませんでした。

□ 今日、COP14(第14回締約国会議)がポーランドのポズナニで開幕されました。焦点は中国やインドなどの新興国を取り込んだ、排出抑制の枠組みを作れるかどうかです。オバマ次期政権の担当チームも参加する模様です。ポスト京都議定書を模索する、重要な場になると思います。

  

そんな中、やはり日本のCO2排出が増えてしまったのはまずいでしょう。京都の名が泣きます。2012年に京都議定書が守られなかったら、ポスト京都議定書の約束の重さはどうなってしまうんでしょうか。

  

こんな話があります。半年ほど前、家にナントカと言う聞いた事のない三洋電機の委託会社を名乗る者から電話が掛かってきました。屋根に太陽電池を付けて電力を発電しませんか、という用件です。電話帳には住所と電話番号がデータベース化されてますよね。住所が分かればグーグル・アースで屋根の状況も分かるんですよ、今や。設備投資に法外な値段を吹きかけられそうだったし、詐欺まがいの電話も多いから、その時は相手にしなかったけど。やはり財布の紐もどんどん固くなっていくし、ビジネスとしては難しいだろうけど、太陽電池の信頼の置ける企業などが、メディアで見積もりを提示したら、飛びつく人は出てくると思いますよ。値段が見えないからね、逆に怖いんです。

  

あと、こんな話もありました。コンビニの出店競争って激しいですよね。でも、隣り合ってコンビニが二軒ってムダですよね。客足は同じで、電力・運輸は倍かかります。コンビニ業界で業界全体を見渡した出店計画って、できないもんでしょうかね。過当競争で引けない所を、譲り合うってできないでしょうかね。CSR報告書に「弊社は無駄な出店を抑え、CO2排出量を半減しました」って書いてあったら、おおっ、て思いますよ。僕も社会人ですから、それが「勝負を投了する」意味になることは承知なんですが。うーん、難しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »