« 奪い合えば足らぬ | トップページ | 悩む力 / 姜尚中 (集英社新書) »

2009年2月23日 (月曜日)

いまをどう生きるのか / 松原泰道・五木寛之 (致知出版社)

Photo 最近した読書の内に、致知出版社の本の割合が高くなってきました。月刊誌を読むと、どうしても目に留まるので。

本書はブッダの足跡を追ってインドを旅した経験のある、作家の五木寛之氏(75歳)と、仏門に生きて学問を究め、生活人として101歳になられる松原泰道師との対談集です。

五木氏のブッダの物語に、幼少の頃読んだ手塚治虫の「ブッダ」を思い出し、松原師の挟む相槌と深い言葉に、なんとも人生の深みを感じます。

読む方の年齢と共に、内容が深くなる本だと思います。

|

« 奪い合えば足らぬ | トップページ | 悩む力 / 姜尚中 (集英社新書) »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/44155095

この記事へのトラックバック一覧です: いまをどう生きるのか / 松原泰道・五木寛之 (致知出版社):

» 本、作家の語る愛 [つき指の読書日記by大月清司]
愛に関する十二章 作家が愛、恋愛を語る雰囲気はそれぞれである。人柄が彷彿されてくるので、そこが面白いともいえる。 渡辺淳一なら普段着、食べ物もそう気張らずにみたし、ホームパーティか何かで、にこやかに表情をゆるませ、ワインをサービスしながら女たちの話を聞...... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水曜日) 13時32分

» 本、作家の語る愛 [つき指の読書日記by大月清司]
愛に関する十二章 作家が愛、恋愛を語る雰囲気はそれぞれである。人柄が彷彿されてくるので、そこが面白いともいえる。 渡辺淳一なら普段着、食べ物もそう気張らずにみたし、ホームパーティか何かで、にこやかに表情をゆるませ、ワインをサービスしながら女たちの話を聞...... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水曜日) 22時01分

« 奪い合えば足らぬ | トップページ | 悩む力 / 姜尚中 (集英社新書) »