« 自転車かと思ったがやはり散歩にする | トップページ | 整体でマッサージ20分 »

2009年2月 1日 (日曜日)

生きる・わたしたちの思い/ 谷川俊太郎 with friends (角川SSコミュニケーションズ)

_with SNSのミクシィ内で、谷川俊太郎ネットコミュニティに参加した人々が、みなの『生きる』をコメントで書き綴って生まれた本。

生きるってどんなこと?を日常の感覚で綴った詩集です。

  

昨日、老人ホームの祖母を見舞った時、僕の持っていた日本経済新聞を分かった風に広げて、指で字をなぞっていたおばあちゃん。

字を音にできるけど、意味は分かっていないおばあちゃん。

そんな祖母に、もう少し読みやすく、感情を喚起しやすい本を探して、本屋で詩集の棚の所を眺めていたら見つけました。

|

« 自転車かと思ったがやはり散歩にする | トップページ | 整体でマッサージ20分 »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/43923802

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる・わたしたちの思い/ 谷川俊太郎 with friends (角川SSコミュニケーションズ):

« 自転車かと思ったがやはり散歩にする | トップページ | 整体でマッサージ20分 »