« 左目がものもらいに | トップページ | 座右の書 »

2009年5月31日 (日曜日)

今の自分

今日は茨城県のつくばりんりんロードをサイクリングすることになっていたのですが、昨日の天気予報を見て中止決定。ちょっと自身を振り返る時間ができました。少しの時間はいつでもあるんですが、今日は人間ドックの結果が郵送されてきたというきっかけがあって。

  

「家庭」「仕事」「教養」「財産」「趣味」「健康」の六つの柱で、今の自分を分析しました。

弱いのは、「健康」と「家庭」ですね。最も基本的なところが、危ういです。具体的に言えませんが、メタボリック予備軍になっていたり、血液検査の数値も危険信号が出てきてます。「家庭」は実家の家族は軌道に乗ってますが、自分の未来の家庭が目処が立ってません。

  

これまで一つの夢にまっしぐらじゃなかったけど、夢と希望・葛藤・挫折・冒険の積み重ねで今がある。夢はもちろん心に秘めて生きるが、一生は「今」・「現在」の積み重ねでもある。若い冒険家の活躍に、自分の心の奥をくすぐられながら、上記の弱点に気を付けていきます。

  

まずは、、

・毎週のラン。テニスも再開します。階段を使います。

・実家を出ます。引越し先の街の情報を集めます。

・わずがですが資産のポートフォリオを組みなおして、リスクを含む投資先を吟味します。

  

今度は七つ目の柱「魂(ソウル)」を加えて分析してみよう。でもこれはブログにアップできないなcoldsweats01

|

« 左目がものもらいに | トップページ | 座右の書 »

夢のリスト」カテゴリの記事

コメント

一番は健康ですよね。これが無かったら成り立たないすっよ。

投稿: kofukobo | 2009年6月 1日 (月曜日) 22時59分

ほんとですよね。外食と飲酒に気をつけようと特に思いました。
kofukoboさんもお体大事になさってくださいね。

投稿: すうらい | 2009年6月 2日 (火曜日) 02時28分

りんりんロードとは、筑波鉄道の跡地ですね。
また、筑波鉄道復活を求める声が以前から出ています。私も彼らの声はいいことだと思います。
茨城県では乗用車の普及率が08年度で全国7位であり、その地区の流動の如何にもより、東京からの通勤圏内から外れていても、今は常磐線で増便と時間短縮がされ、旧沿線で人口が増えた所もあり、土浦やつくばの通勤通学圏や商圏が桜川市まで広がり、地域の象徴や観光の目玉になり、沿線に大型施設をセットで建設し、新たな観光開発もセットで行い、行楽客や観光客が増え、高規格高速路線として建設し、高性能軽快気動車によるワンマン運転とバス以上に頻繁運転と高速運転で一日辺り最低でも3500人程の客がつき、上下分離方式を採用すればいいし、沿線で土地や家が売れて人口も増え、経済効果があり、イメージアップや活性化、PR、行楽施設や観光業者の増収、渋滞覚悟等が要る車や土浦駅で乗り換え距離が長い路線バスより土浦等迄快適に短時間で移動できて便利になって効果的で、渋滞緩和、排ガス削減等もでき、住民に相当恩恵を受けるし、新規に道路を造るより安く、贅沢に豪華に造らず、必要最小限の金額でするといいし、復活は跡地を使うから比較的容易です。
構想はあっても難しいですが、国が相当な補助を出し、整備に特定財源を設けるとか、自治体が公務員を数%削減し、公務員の人件費を中小企業並みに減らし、道路整備予算を数%使い、沿線住民や複数の団体が話し合って前向きに考える必要があり、早急な検討や法改正、早期具体化等が望まれ、廃止して税金で施設を撤去し、80億円でやるなら存続補助金にすべきでしたが、道路やダムの建設は所管する部署と財源が別で、利権が絡むから鉄軌道に金が出ないこと等はおかしいから改正すべきなのは言うまでもなく、改正すれば殆どの路線が生き残れます。
経営状態が芳しくなければ、住民や自治体が一丸となって支援が望まれ、国の支援は近代化設備整備費補助金の名目で年間約25億円。同じ交通基盤整備として道路に年間数兆も出しており、市町村合併等を進めても歳出は増え、道路整備予算は年間一兆円を上限にすべきなのに日本の政策は矛盾すぎるし、道路特定予算の何%か、国道を横切る踏切建設の補助だけでも回ってくれればいいのです。
自転車道路を造っても自動車社会が自転車社会に転換するという効果は無く、線路をなくしたことで自動車社会の助長を進めていただけだし、自動車を進めすぎたことは、自動車の購入費用や燃費、維持費、税金としてお金を消し続けてきたのです。こうしたことは人々にしわ寄せが回ってきたために、経済効果などなく、逆効果だったといえます。

投稿: ねぎっしー | 2009年6月 5日 (金曜日) 17時44分

>ねぎっしーさん
うーん、りんりんロードはご指摘の通り筑波鉄道の廃線跡を整備した自転車専用道路です。
その独特な空気感の中を走って見たいと思いますが、経済効果までは考えが及びませんでした。
鉄道が復活する前に、走りこんでおきたいコースです。

投稿: すうらい | 2009年6月 5日 (金曜日) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/45194634

この記事へのトラックバック一覧です: 今の自分:

« 左目がものもらいに | トップページ | 座右の書 »