« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日曜日)

カーボンオフセット年賀葉書

しばらくこの地球人のカテゴリをアップしていなかったので、書いておきます。

最近新聞のスクラップを怠っていて、環境対策などに対する時事も、読み流して疎くなっていました。今日はスクラップブックを買ってきて、COP15前の記事などを貼りました。

さて、時事問題を解説するサイトは幾らでもあると思いますので、ここでは自分が地球人として実際に何をしたのか、を記して行こうと思います。

今日は年賀状の印刷をフジカラーに発注してきたのですが、カーボンオフセット年賀葉書を自分で持ち込むことをしてませんでした。失敗した。

カーボンオフセット年賀葉書は、50円+5円のいわゆる寄付金付年賀葉書で、これまでに累計3億円が地球温暖化防止を目的としたクリーンエネルギー事業などに役立てられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胡麻玄米

今日の主食。

昨日炊いて取っておいた玄米をレンジで温め、大量の黒胡麻と黒胡椒、小さじ一杯のサラダオイルをかけて、和える。 □以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土曜日)

にんにくの醤油漬け造り

長野で懐かしかった調味料とは、にんにくと生姜です。ベタでしょ。

生のにんにくを醤油の中に長く漬けておくと、臭みが取れて醤油色の粒に変わり、お酒のつまみになります。醤油にはにんにくのエキスがまろやかに染み出して、この醤油で調理すると得も言われぬ味の鍋になります。

小さい頃、醤油にんにくを漬けていたのは、父方の祖父でした。もうずいぶん前に亡くなりましたが、梅酒や紅茶キノコなど色々健康食品を漬け込んでいました。たしか分厚い木製の棚にこたつのサーモスタットを取り付けた、自作の恒温槽を使っていた記憶があります。

そういう訳で、奮発して梅酒用の壷と青森産の立派なにんにくを購入。夕方からずっとにんにくの皮を剥いていました。30分くらいで指先がピリピリしてきましたが、なんのこれしき。2時間かけてにんにく11玉を剥ききりました。ラジオを聞きながら、ビールも飲んでいたから、あっという間でした。

091128

091128_2

醤油をどぼどぼ入れて、仕込み完了!

  

一ヶ月漬けたら正月のおせちに使えるかと思ったのですが、母は正月からにんにくは嫌だと主張。ならば個人的に酒のつまみにしましょう。

醤油が酸化するので、なんとか冷蔵庫に空きを作ってしまいこみました。

秘伝の味は至極単純なれど、じっさいやってみると大変なのでありました・・。

□以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木曜日)

改めて、長野訪問記

姪っ子からもらった風邪は、かなり強烈でした。昨晩、病院でインフルエンザでないことを確認。しかし、咳がかなり出るので、今日は会社のお休みを頂いています。

長野訪問の記事を写真入りでアップしておきます。

  

土曜日昼過ぎに、松本駅で妹と姪っ子たちに会い、そのまま市内の信州蕎麦屋に行きました。ここの蕎麦屋は、十年位前に社員旅行で蕎麦打ちをしたことのあるお店です。僕は三段ざるを注文。

091121

松本市内を走るとすぐに周囲の山々が見えるのですが、広葉樹は紅葉していましたよ。

091221

その後、夕食の食材を買って、兄弟の家にお邪魔しました。家のこたつが大きめで肩まで潜ることができ、潜るとそのまま眠ってしまうというオソロシイこたつです。

日曜日は、午後から活動開始。市内の洋食屋さん「CAFE59(ゴクウ)」に昼食を食べに行きました。

http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/food/?p=1164

091122cafe59

その足でアルプス公園に向かい、展示館で双六をして遊びました。展望台にも登ったんだけど、夕暮れであまり山々の紅葉・雪は見ることができなかった。

外を歩くと、夜景がとてもきれいでした。

091122

この後は温泉での~んびりspa

そして、帰ってからお鍋を調理してくれました。取り立てて珍しい食材を使っているわけではないのですが、すうらい家伝来の、とある隠し味を使っているらしく、大変おいしく頂きました。

鍋を囲んだ会話はあっちこっちに飛び、「どうせ一人暮らししても、タバコを吸いたいだけ吸って、酒を飲みたいだけ飲んで、ぐうたらな暮らしをするんでしょ?」の言葉になにくそと奮起。持っているタバコを濡らして禁煙を宣言しました。禁煙宣言は何回もしていますが、今のところ4日は続いています。。。

  

月曜日は早起きしたものの、魔のこたつにはまってしまい、午後から松本空港の敷地が公園になっているスカイパークに遊びに行きました。変り種自転車に乗ったり、アスレチックな遊具で遊んだり、姪は大喜びでした。休日出張中だった義理の弟も合流し、お父さんと会えて、姪は嬉しそうでした。

091123 空港の隣が公園になっています。同じ目線で離発着が見えます。

最終日の陽が暮れ、駅前で買い物をして、スーパーあずさで新宿へと帰途に着いたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火曜日)

長野でのメモ

長野の紅葉は、葉が落ちてもう冬の様相を見せていました。でもまだ周囲の山の低いあたりには、紅葉と緑の葉が織りなって見えました。

温泉に連れて行ってもらったり、石挽き蕎麦を食べたり、姪っ子と食事したり、トランプで遊んだり。

妹の作る鍋には、母も忘れていた、すうらい家秘伝の祖母の味が息づいていました。すごく昔の事を思い出した。

そして、「喝」も入り、再びタバコを止めてみようと思ったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土曜日)

長野に行ってきます

紅葉を見たいと思いますが、もしかしたら雪が見られるかも。

沖縄で買った黒糖、姪っ子のおやつに持って行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木曜日)

サン=テグジュペリ

仕事に追われていて、ネタがない。

  

横の本棚に本が何冊か並んでいる。大抵はここ数年の本で、ブックオフに出せば、また買い手が現れるくらいの状態だ。その中に、陽に焼けた文庫が十冊くらいある。引越しや古書整理などの淘汰を経て、また読むだろうと思って捨てずにおいた思い入れのある本だ。

風呂が使用中なので、一冊手に取ってみた。

  人間の土地 / サン=テグジュペリ 堀口大學訳 (新潮文庫)

星の王子さまの方が有名だが、サン=テグジュペリは郵便の定期航空のパイロットだった。彼は一度砂漠の真ん中に不時着して、九死に一生を得ている。それらの体験を元に彼は「人間の土地」や「夜間飛行」を記している。

冒頭から抜粋

『ぼくは、アルゼンチンにおける自分の最初の夜間飛行の晩の景観を、いま目のあたりに見る心地がする。それは星かげのように、平野のそこここに、ともしびばかりが輝く暗夜だった。

あのともしびの一つ一つは、見わたすかぎり一面の闇の大海原の中にも、なお人間の心という奇蹟が存在することを示していた。あの一軒では、読書したり、思索したり、打ち明け話をしたり、この一軒では、空間の計測を試みたり、アンドロメダ星雲に関する計算に没頭したりしているかもしれなかった。またかしこの家で、人は愛しているかもしれなかった。それぞれの糧を求めて、それらのともしびは、山野のあいだに、ぽつりぽつりと光っていた。中には詩人の、教師の、大工さんのともしびと思しい、いともつつましやかなのも認められた。しかしまた他方、これらの生きた星々のあいだにまじって、閉ざされた窓々、消えた星々、眠る人々がなんとおびただしく存在することだろう・・・。

努めなければならないのは、自分を完成することだ。試みなければならないのは、山野のあいだに、ぽつりぽつりと光っているあのともしびたちと、心を通じあうことだ。』

学生の頃、このページを読んで、のめりこんだ。今はもう一度読み返さないと、内容を思い出せないが、当時目をぎらぎらさせて読んでいたと思う。

陽に焼けたページをめくると、埃の入り混じった、図書館の古書の香りがした。

週末のスーパーあずさで読むことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土曜日)

ボランティアに参加

NPO法人・宇宙船地球号という団体に個人として賛助しています。ここは活動としては、国際協力師の育成、「大切なものはなんですか」写真絵本プロジェクト、地球温暖化を見据えた企業のCSRの啓蒙などをしています。

http://www.ets-org.jp/index.html

「たいせつなものはなんですか」は、世界各国の学校で子供たちに「今自分が大切だと思うもの」の絵をクレヨンで描いてもらい、その絵と現地で撮影した写真を絵本にして、国の社会背景などの複雑な事情を子供でも読める平易な文章で綴ったものです。

12月1日にケニアのHIV陽性の子供たちが描いた絵の絵本が出版されます。今日のボランティアはその紹介葉書の宛名貼りです。

地味で単純な作業ですが、絵本のゲラを見せてもらったら深く考えさせられ、人間の問題を広く知ってもらうために小さな貢献をしたと充実した数時間でした。

こういうボランティアに参加する若者は、それぞれの進路への悩み・希望・夢を深く考えており、作業中の会話にも静かに熱い何かを感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

街角景気

焼き鳥屋もバーも、ここ二三ヶ月客足が伸び悩んでいるようです。

歓楽のためのお店は、一番先に財布の紐を締められてしまうところなので、苦しそうです。

今月は沖縄にも行って赤字なのですが、ついつい友人と飲んでしまい、焼き鳥・パブ・タクシーにお金を落としてしまいました。マスターも景気の状況を身をもって知っているので、いつもの良心的な値段で請求してくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水曜日)

奇跡のリンゴ / 石川拓治 (幻冬舎)

Photo 現代のリンゴは農薬を散布しないと、病気や害虫が蔓延して栽培することができない。ふとしたきっかけから、木村さんは、無農薬でリンゴを育てることを思いつき、苦節の末、失敗した。

あきらめることはこれまでを無駄にすること。想像を絶する困窮の中、夜の山である美しい木に出会う。それをヒントにリンゴを自然に育ててもらう農法に行き着き、ついに奇跡のリンゴの花が咲いた。

農業としても、チャレンジ精神としても、人間学としても、驚嘆の感動しか出てこない。自然を見つめる視点も、生物多様性として現在注目される問題だ。

はたして僕に奇跡の製造業は務まるのだろうか?

  

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班の監修。

木村秋則さんの著書は「すべては宇宙の采配」が東邦出版から2009年に出版されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月曜日)

余談

行きの飛行機で聞いた、BEGIN+アホナスターズの「笑顔のまんま」がどうも耳に残っています。

笑顔のまんま 笑顔のまんま 人生生きてるだけで まるもうけ

http://www.youtube.com/watch?v=X7blqYsxClE (youtubeにリンクします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回の沖縄訪問を振り返り

■ツールド沖縄・やんばるセンチュリーライド

11月7日、朝4時起床。5時朝食。6時にスタート地点に向かう。薄青い空が朝焼けに変わっていく。7時スタート。

091107

昼食の辺戸岬の先の奥までは、平均時速約25kmで巡航。今年は天気が良いせいか、順調に走ることができた。陽差しが強く暑いが、汗はすぐ乾く。バッグを背負った背中が蒸れる。他の人はみなポケット付きウェアで身軽に走っている。

昼飯はカレーと豚の煮物。去年はカレーを食いそこねていた。ここまでのタイム、比較的余裕あり。黒糖でカロリーアップ。

091107_2

奥から先はやんばるの森となり、厳しいアップダウンが続く。腰を浮かせてこぐと、ももが攣りそうになるし、座ってこぐと疲労のたまった膝が痛くなりかける。安波共同売店でアイスクリームとチーズ蒸しパンで、さらにカロリーアップ!

高江共同売店にたどり着くと、沖縄に住む兄弟がレンタカーでオープンカーを借り、応援に来てくれました。子供も一緒です。ユンケルの差し入れもらいました。ありがとう!

091107_4

091107

ここから最終エイドステーションでの足切りタイムと闘いになります。しかし、登り坂でももを完全に攣り、ストレッチでだましだましの走行。登り坂は傾斜がきついと、もはや乗っていられない。一歩一歩歩くしかない。もうバス乗せは確実だと覚悟した。

足切り時間の15分前に、地図の表記距離より短いメーター表示で最終エイドポイントに到着。間に合った・・。簡単な休憩で5分前の時間に出発。

自動車専用道路を自転車を押して登る。歩道を歩いた。頂上からの下りは安全運転で駆け下りた。そしてゴール地点のひんぷんガジュマルに到達。人がいなかったので通り過ぎて先の市街まで行ってしまった。ひんぷんガジュマルが店の名前でなく大木の名前であることを人から聞き、慌てて引き返してのゴール。

自分の力でゴールしたんじゃない。何かサムシング・グレートがゴールさせてくれた感じ。とにかくシャワー・ビール!

21時に眠りに落ちる。

  

キャッツアイのメータによる走行データ

・走行距離 180.5km

・正味走行時間 9時間44分

・平均速度 18.5km/h

  

  

■11月8日、甥っ子と会う

6時起床。自転車をパッキング。朝食後に宅急便に預けた。

チェックアウトし、高速バスで那覇空港に向かう。那覇空港内のマッサージ店・てもみん で筋肉をほぐしてもらった。そこに兄弟一家合流。まずは昼飯を。久しぶりにうるかそばへ行きました。

091108

091108_2 そして海へ。

091108_3

一歩前へ。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009年11月 7日 (土曜日)

やんばるセンチュリーライド、無事ゴールしました

足は攣るは、息は上がるはで、最終エイドステーションを足切りの5分前に出ました。

その後の登り坂はほとんど自転車を降りて押していました。

とにかく、無事、ゴール!!

写真などは帰ったらゆっくり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金曜日)

ツールド沖縄、前泊

那覇空港に到着。陽射しが暑い。自転車を持つ人が沢山いました。
先ずは空港のそば屋で、いつもの様に沖縄そばを食べました。ソーキそばを注文。コーレーグースを多目に入れて汁も飲んでしまったので、顔から汗が引きません。バスを待ちながらTシャツになりました。

空港から名護までは高速バスで1時間45分。着いたら、受け付けと説明会を受けました。
今、もう寝るだけの状態で、オリオンビールを一缶飲んでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自助論 / サミュエル・スマイルズ (三笠書房 知的生き方文庫)

Photo 「天は自ら助くる者を助く」に言われる様に、一生を通じた勤勉、実直、努力の大切さを、数多の人を紹介しながら啓発している。

今の自分の仕事に対する姿勢に、相変わらすの反省と厳しく優しい励ましを与えてくれた。

気の抜けた時に読み返したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな人生論4 / 藤尾秀昭 (致知出版社)

4 雑誌「致知」編集長の巻頭言をまとめた書。購読を始めてから読んだ一節一節に再び深く心打たれ、背筋が伸びた。

安岡正篤師の引用で、「人生は習慣の織物」という言葉にはっとなり、僕は那覇空港でタバコとライターを捨てた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水曜日)

沖縄に想いを馳せて

車検終了。後は自転車を緩衝材付きOstrichバッグに収納すれば、準備が完了。身の回りの物は全てパッキングした。

沖縄の歌で気分を盛り上げようと思う。甥っ子達よ、おじさんは走りにそっちに行くよ!

  

昨年の参加者の撮影した動画

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火曜日)

満月

ふと空を見上げると、満月が昇るところだった。若い頃は満月を見ると、オオカミの遠吠えをしたくなるような奇妙な感覚に囚われたものだが、最近のお月様は疲れた通勤からの帰宅時に見上げることが多く、「寒いけどビール飲むか」くらいの感慨でしかない。

1Q84の世界じゃない。月は一つだ。

091103

(250mm, F11, 1/500s 撮影後デジタル処理)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりにランニング

どうも気分がよどんでいて、週末のツールド沖縄に挑むメンタル状態でなかったので、久しぶりにランニングシューズを履いて洗足池の周りを走ってきました。調整くらいで3km程度ですが。

やっぱり軽く汗をかいて水を飲みながら風に当たると、どんな煙よりも空気が旨いですね。爽快です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月曜日)

弱さ

家計がテンパッテきたので、今日はコンビニで泡盛・久米仙のボトルを830円で買いました。母の作ってくれたピーマンとひき肉の炒め・サツマイモのレモン煮で晩酌です。

屋内でタバコは厳禁なので、ホタル族でこっそり喫煙してしまいました。今日は雨混じりの木枯らしで寒いですね。

へっくしょん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近はまった曲の日米比較

カラオケやラジオで耳に残り、つい楽曲を借りたり(買ったり)、youtubeで見てしまったりするナンバーが結構あります。

最近特に耳に残った曲を二つ日記に挙げておきます。日米で美徳観が対照的に異なります。

  

We weren't born to follow / Bon Jovi (youtubeにリンクします)

  

HANABI / Mr. Children

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日曜日)

ぽっかり空いた日曜日

全く予定が白紙で、家事やブログなども午前で片付いてしまい、快晴ということもあって久しぶりに多摩川のほとりでぼーっとしてきました。といってもトイレに行きたくなる小一時間の事ですが。

考えるだけても前に進まないし、のんびり空っぽにしてきました。

雑誌を読もうかと思ったけど、風が強くてならず。

  ・良い読書をしていないな。致知がせめてもの救い。

  ・希望が漠然としていて、確固たる学びをしていないな。

  ・何年も同じ行動をしているな。

091101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品川プリンステニス会

昨晩は友人のテニスがメンバーが足りないということで(おそらく4連休を取っているのでしょう)急遽お呼びがかかり、品川プリンスの屋内コートにて22時~24時の枠でテニスをさせて頂きました。

フリーで活躍されているテニスコーチについて頂き、6人で練習・ゲーム特訓をしてきました。コーチのレベルが非常に高く、ダブルスの試合形式練習でも容赦なくパスを抜かれて、立ち位置やフットワークの練習になりました。

テニスにこんなにお金をかけることは珍しいのですが、それだけに内容の濃いトレーニングでしたよ。同じお金の使い方でも、居酒屋で飲み続けるより、ずっと健康的に過ごしました。

帰りの大井町線は終電でした。余裕だと思っていたけど、平日と休日でダイヤが違っていたんですね。どうしてもビールが飲みたかったので、大岡山の日高屋でビールと餃子少々つまんで帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »