« 改めて、長野訪問記 | トップページ | 胡麻玄米 »

2009年11月28日 (土曜日)

にんにくの醤油漬け造り

長野で懐かしかった調味料とは、にんにくと生姜です。ベタでしょ。

生のにんにくを醤油の中に長く漬けておくと、臭みが取れて醤油色の粒に変わり、お酒のつまみになります。醤油にはにんにくのエキスがまろやかに染み出して、この醤油で調理すると得も言われぬ味の鍋になります。

小さい頃、醤油にんにくを漬けていたのは、父方の祖父でした。もうずいぶん前に亡くなりましたが、梅酒や紅茶キノコなど色々健康食品を漬け込んでいました。たしか分厚い木製の棚にこたつのサーモスタットを取り付けた、自作の恒温槽を使っていた記憶があります。

そういう訳で、奮発して梅酒用の壷と青森産の立派なにんにくを購入。夕方からずっとにんにくの皮を剥いていました。30分くらいで指先がピリピリしてきましたが、なんのこれしき。2時間かけてにんにく11玉を剥ききりました。ラジオを聞きながら、ビールも飲んでいたから、あっという間でした。

091128

091128_2

醤油をどぼどぼ入れて、仕込み完了!

  

一ヶ月漬けたら正月のおせちに使えるかと思ったのですが、母は正月からにんにくは嫌だと主張。ならば個人的に酒のつまみにしましょう。

醤油が酸化するので、なんとか冷蔵庫に空きを作ってしまいこみました。

秘伝の味は至極単純なれど、じっさいやってみると大変なのでありました・・。

□以上。

|

« 改めて、長野訪問記 | トップページ | 胡麻玄米 »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

このニンニク醤油は万能調味料で 我家では野菜の一夜漬に使い
和風サラダ風の一品にしています。
身のほうもオムレツやスパゲッテーなどにも使い 
結構 和・洋 使い方しだいで便利です

投稿: kofukobo | 2009年12月 2日 (水曜日) 23時59分

>kofukoboさん
ほほー、漬け汁からオムレツやスパゲッティにもですか!
身を刻んで、にんにく茶漬けなるものを考案していましたが、洋の隠し味にも使えそうですね。
ちとオムレツはハードル高いかも。。

投稿: すうらい | 2009年12月 3日 (木曜日) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/46882079

この記事へのトラックバック一覧です: にんにくの醤油漬け造り:

« 改めて、長野訪問記 | トップページ | 胡麻玄米 »