« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金曜日)

day2,3 ~烏雲(ウユン)の森で活躍する人々~

1931年、日本は中国東北部に満州という植民地を作りました。たくさんの日本人が満州に入植しました。そして日中戦争・第二次世界大戦と敗戦に近づくにつれ、日本人は大混乱の中、命からがら逃げ帰りました。いえ、帰れたのはごく一部の人です。命を落とした人、孤児になった子供が大勢いました。孤児の中には、中国人に守られ育てられ、中国人として人生を歩んだものが大勢います。日本では、中国残留孤児という呼び方をしています。

烏雲(ウユン)先生は中国残留孤児として、中国のモンゴル族のお父さん・お母さんに育てられました。その波乱万丈な人生は参考文献に詳しいです。モンゴルの両親の温かさに育まれて、小学校の先生になりました。烏雲先生はモンゴルに育てられたように、小学生たちを温かく育てました。

日中国交正常化からしばらく経った1980年、烏雲先生は立花珠美として、実兄と対面します。日本の戸籍も取得できましたが、烏雲としてモンゴルの地に帰り、再び先生としてモンゴル族の子供を育て続けました。

モンゴルの子供たちの悩みの種は、草原の砂漠化でした。草原はモンゴル族にとって命であり、砂砂漠になってしまうことが、子供たちの生活を苦しめていました。

烏雲先生は、砂砂漠に木を植え始めました。

     参考:烏雲物語 / 原田一美 (徳島県教育印刷株式会社)

         「大草原に還る日」 (日中合同制作、1990)

Photo烏雲先生

Photo_2烏雲先生の作った詩。

「草原の甘露我を育み、我草原の為に生涯を捧ぐ」の意味。

  

この植樹の努力に呼応した日本人がいます。後に砂漠植林協会を立ち上げる菊池会長です。

昨日のミーティングで、菊池会長は砂漠化について我々ボランティアに教えてくれました。そして砂漠への植林について、「因縁」という言葉を使いながら語りました。日本人が満州を作り、中国人は内陸に追いやられ、人口が増えて家畜の数も増え、過放牧となって砂漠化が進行する。砂漠となった地に、日本人が木を植えてモンゴルの草原を取り戻す。

Photo_3早朝の菊池会長

Photo_4烏雲先生の中国語を日本語にして伝える ジムリトさん

  

環境NPO:FoE Japanが、1990年代後半から砂漠植林協会に支援を始めました。僕たちはこのFoE Japanが募った一般募集ボランティア・ツアーに第24次隊として参加して来たわけです。

Photo_5成田さん(FoE Japan現地駐在スタッフ):現地植林の企画・運営に協力している

Photo_6伊勢さん(同現地駐在スタッフ):農業のプロフェッショナル。育種など試行錯誤を繰り返しながら、現地植林の企画・運営に協力している。

Photo_7松村さん:今回の参加が17回目のベテランボランティア

Photo_8ボーガンさん:地元の方と作業する時の、先導役になってくれる。日本語も上手い。

Photo_9炊事係りのお姉さん。植え付けを待つ苗に水やりもしてくれる。

Photo_10和田さん:FoE Japan砂漠緑化協力の責任者。日本からのツアーの手配はこの人にお世話になった。第1次隊から参加している。

  

  

とまあ、そういうわけで、ここに僕たちは半分旅行気分で飛び込んだわけです。

烏雲の森での生活はとても新鮮で、爽やかなものでした。この烏雲の森に建てられた砂漠宿舎に泊まりました。ユースホステルの様な感じの青春生活です。

Photo_11パオ。手前から三つ目のパオが食堂、兼教室。

Photo_12砂漠宿舎

Photo_13洗面台。井戸でくみ上げた水をバケツに入れて皆で使う。

Photo_14手動用の井戸。これをさっきのバケツに入れる。農業用水は別の井戸からエンジンポンプでくみ上げている。

Photo_16ある日の朝飯。主食は炒った粟にヨーグルトと砂糖少々をかけて食べる。タンパク質は卵から。野菜炒めの野菜は市場で買っているものだ。

Photo_17ある日の昼食。炊飯した白米も出してくれた。

  

Photo_18青空トイレ(奥の藁に囲まれた場所)。今は手前のプラカードが「空き」になっている。ひっくり返すと、「使用中」になる。 

      

では、次は植林の現場について報告します。続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木曜日)

砂漠植林ツアーに参加 day1~往路~

NPO法人 FoE Japan(Friend of Earth Japan)が募集した砂漠緑化ツアーに24次隊の一員として参加してきました。

日本には砂漠は鳥取砂丘くらいしかないので語彙が少ないですが、世界の砂漠はその特徴によって五つに分類されます。岩だらけの「岩砂漠」、石がごろごろしている「礫(れき)砂漠」、土はあるが草の生えない「土砂漠」、砂だけが荒涼と広がる「砂砂漠(すなさばく)」、塩害による「塩砂漠」です。

我々の向かった中国内モンゴル自治区のホルチン砂漠は、砂だらけの砂砂漠です。ここは300年前は草原だったと言われています。しかし、人の流入による人口増加と過放牧、過剰な伐採により、雨は降るが土壌が枯れ、さらさらした白い砂だけの砂漠になりました。ここを長い時間かけて緑の草原に戻そうとしているのが、現地の砂漠植林ボランティア協会で、FoE Japanは相互に支援しながら緑化活動を行ってきました。

成田空港から瀋陽に直行便が飛んでおり、2時間半ほどで瀋陽に到着。そこからバスで国道を4時間半ほど走り、内モンゴル自治区に入ります。中国の車は、飛ばすは車線は変えるはクラクションは鳴らしまくるはで、荒い運転です。道路も日本のアスファルトほど整備が行き届いていませんから、バスは大きく左右に揺れました。乗り物酔いが起きなかったのが不思議なくらいです。道の沿道にはポプラが植えられ、その向こうは赤茶けた地平線が広がっています。地平線を初めて見ました。

砂漠植林協会の砂漠宿舎に到着したのは、もう日が暮れかけようとしている時間でした。砂漠植林協会の菊池会長と、FoE現地スタッフの成田さんが迎えてくれました。新しい宿舎の部屋は木製のベッドで窓ガラスは二重になっています。水は20m程掘り下げた井戸をくみ上げて使い、洗面は屋外。洗面風景は山小屋をイメージして下さい。飲料水はペットボトルのミネラルウォーターを用意してくれていました。そして、トイレは青空トイレです。つまり大きな穴を掘って蓋をし、蓋の隙間からいたすというものです。穴に落としたら乾きやすい砂をかけるので、そんなに臭くはありません。編んだ藁のシートで周りを囲い、プライベートな空間を作っています。

丸いパオ風の建築の立派な教室で食事を頂き、そこで初めてのミーティングをしました。

その夜は満月が出ていて天の川は見えませんでしたが、星が沢山見えました。北斗七星が高い空にありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水曜日)

木を植えに出かけてきます

5/4に帰ります。国際電話になるので、通話料が相当かかります。メールは通じるか、試してみないと分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日曜日)

携帯電話を洗濯してしまいました

爽やかな朝、皆さんいかがお過ごしですか?

洗濯したケータイは完全にオシャカになりました。

早速新しく機種変更し、僕の番号とメルアドは変更なく、受信できるようになりました。

しかし、旧ケータイの住所録を回復することができませんでした。不幸中の幸いで、引っ越し前の1月に、実家のパソコン上にバックアップを取っていました。ただ、実家に帰るのが五月中旬になることと、パソコンの画面を見ながら手入力で住所録をインプットすることになるので、しばらく皆さんに電話をかけたり、メールを送ることができません。一月以降にメルアド交換したアドレスは、戻って来ません。

そういうわけで、もしこのブログを見てくれた方がいたら、僕のケータイにメールか電話下さい。登録します。

今度のケータイは赤外線通信が使えるので(i-Phoneにはしなかった)、またお会いできれば、復旧も顔を見ながらできるはずです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土曜日)

情けない話

今日は実業団のテニスの試合にダブルスで出場させてもらいました。

5-7, 5-7で負け。チームも1-4で負け。学ぶところはあり、気持ちでは負けていませんでしたが、及ばず。

そして全試合終了後に、空きっ腹に2リットルのアクエリアスを流し込んだのです。

  

帰りがけにラーメンを食べ、帰宅。マンションの前で、お腹が急に下りました。慌ててトイレに駆け込みましたが、ウエアを少し汚物で汚してしまったのです。慌てて軽く拭い、洗濯機を回しました。

しかし、そのウェアのポケットには、携帯電話が入っていたのです。

  

続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木曜日)

お米の補充

米びつが空になったので、玄米を5kg買ってきた。歩くのはたいした距離ではないが、薄いエコバッグの持ち手が手に食い込んで重い。

日曜のアースデイ東京で買ったマクロビオティックのレシピ本を読んでいる。中華屋の主は、本をペラペラめくりながら、「これなら作るよ」と胸を張って言った。僕が「夜も自炊してみる」と話したら、少し焦ったらしい。

でも週末は料理したいな。できるレシピから、気の向くままに作ってみよう。

  

身土不二(しんどふじ): 体と大地(環境)はバラバラではない、という意味。さまざまな環境(食べ物を含めて)とからだは密接な関係にあり、からだのバランスを保つには自然のリズムに調和することが不可欠。よってその土地でとれる旬のものを食べることが、食材選びの基本になるという考え方。

一物全体(いちぶつぜんたい): 命を維持するために、生物はからだ全体で調和をはかっている。どの部分ひとつとして不必要なものはなく、食物も捨てる部分は何一つないという考え方。米は精米せずに玄米で、野菜も皮ごと調理し、捨てずに全部食べること。

100422満タンで少し嬉しい。給料が米だった武士の気持ちが少し分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日曜日)

アースデイ東京2010

今日は気持ちの良い晴天でした。

変圧器を取りに家に帰る途中、代々木公園で開催されている「アースデイ東京2010」を歩いてみることにしました。

東京に住んでいながら、代々木公園に行ったことがなかった・・coldsweats01。明治神宮の隣にあるんですね。まずは参拝。ここ数年初詣にも行ってなかったし。神宮の森の緑に癒されます。鳥の声が聞こえる。でもカラス多いな。

100418

  

そしてお隣の代々木公園へ。ここも緑が多く、広場でピクニックしている人もいます。ランナーがゆっくりジョグ。犬を散歩させている人や、サイクリング道路を走る人もいますね。広場では太極拳をしている人もいました。

100418_2輝く緑・・のはずが、露出アンダー・・

100418_3やけにのんびりとした噴水。見ていると結構吹き上げる

アースデイ東京の会場はここではないらしく、通りの向こうのイベント広場に移動しました。結構歩いてしまったけど、良いウォーキングになった。

イベント広場に行ったら、賑わいですぐ分かりました。アースデイ東京はなんと40周年だそうで、ずいぶん昔から続いているんですね!1970年か。東京オリンピックの後くらいかな。公害や石油ショックの頃ですね。入り口でマップをもらえるのですが、「お帰りの時に返してください」と。なるほど、リユース。中に入ると、農産物や工芸品から古くからの知恵の布・服・バッグ、リサイクルイベント のコーナーがひしめいています。

1004182010夫婦や子供連れが多いですね

キッチンエリアに移動し、早い昼食を摂ることにしました。今日は朝ごはんが早かったから、お腹空いちゃった。

100418_4有機野菜と玄米のカレーとオーガニック・ビール(Sun Sun)

ちなみに器は、個人で持ち寄るか、リユースの皿を借ります。食後の皿は、スプレーで微量の水をかけてもらい、小さな古布で拭ってきれいにします。 拭いた皿を返すと50円戻って来ました。

あー、いい昼だなぁ。

会場で古書を衝動買いしてしまいました。マクロビオティックのレシピ本。ブックオフの感覚より高いけど、内容は充実。ダイエットに活かそうと考えるけど、材料を買って料理する余裕が持てないのが現実だ。週末にのんびりする時は、これでご飯作ろう。マクロビオティックの考え方を楽しく読む。

100418_5からだの内側から美しくなる玄米と野菜のレシピ / 日本CI協会 (日本実業出版社)

  

実家で昼寝して、変圧器と登山用リュックを取って帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土曜日)

甥っ子へ。追伸

ちょっとハッピーバースデイにはタイミング外したけど、

HAPPY / バンプオブチキン  http://www.youtube.com/watch?v=RwCl11tyWP0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みぞれ、のち晴れ

桜が散った後なのに昨晩は雪が降り、朝も雨が降っていたので洗濯乾燥はコインランドリーにしようと決め、自宅でのんびりしていました。

昼ごろから急に空が明るくなり、晴天に。洗濯中だった衣類はベランダに干せました。

  

明日は実家に変圧器を取りに一瞬帰ります。防砂ゴーグル(花粉症用)をメーカーに問い合わせ中。

  

最近世界中で震災被害が多いですね。チベットの地震被害も寒そうでなんとかしてあげたいし、アイルランドの火山噴火も自然の猛威を見せつけられます。中国政府は、チベット自治区に行っちゃだめと言ってるらしい。ひどいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月曜日)

ハッブルが見た宇宙

昨日録画しておいた、NHKスペシャル:「ハッブル宇宙望遠鏡 宇宙の始まりに挑む」を見ました。誕生からの宇宙の進化が、これまでのハッブルでだいぶ分かってるんですね。銀河の進化って、この番組で初めて良く分かりました。

ハッブルの破棄の話が持ち上がった時、えそんな、と思いましたが、何も行動しませんでした。世論の高まりが功を奏して修理され、解像度が上がり、より古い宇宙を観測できるようになったそうです。でも131億光年以上の遠くは見えていない。とても興味深い話です。

宇宙の話はわくわくします。

でも暗い空間に放り込まれたような、星空に吸い込まれたような感覚にもなりますね。

番組の途中に、ゾウアザラシの群れの映像が少しだけ出てくるのですが、地面に立つと、小さな地球の生命圏が愛おしく感じられました。

  

なんだか ふしぎだよね いきているって   http://www.youtube.com/watch?v=NaNFzYrnDSE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日曜日)

みんなのうたで放送

バンプが二曲立てでシングルを出していたようです。

魔法の料理~君から君へ~ / バンプオブチキン  http://www.youtube.com/watch?v=MVVQynaCOYg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリー

いつも夕方に見ている東京スカイツリーの建設現場に、歩いて行ってみました。たいした距離じゃないので、今日も自転車デビューはまだ。

100411押上駅付近より。北十間川の橋の上に見物客が沢山集まってます。

100411_2それぞれカメラを向けて見上げています。

100411_3高さ338mでも、かなりそびえています。倍の高さになったらどうなっちゃうんだろうね。

100411_4足の部分は三角形になっています。スマートなので細く見えますが、近くで見ると大きいですよ。

  

  

帰り道にオリンピックで「幸運の竹」を買いました。無機質な部屋にやっと緑が映えました。

100411_5    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水問題

昨晩は中華料理屋に長居していました。

中国の干ばつの話を聞いたことがあり、今月号のナショナルジオグラフィック・日本語版が「地球の水が危ない」という特集を組んでいたので、本をお貸ししていました。

中国のメディアは干ばつの報道はしても、グローバルな気候変動の大きな話には、普段あまり触れていないらしく、ヒマラヤの氷河融解の写真を見たときには、大変衝撃だったようです。

先日の日本の新聞で、氷河融解のスピードの予測が違っていたという趣旨の楽観的な報道がなされていましたが、スピードが少し緩やかになっても融解しているということは事実であり、ヒマラヤの氷河が減れば中国の水問題ももちろん深刻になるし、インドもベトナムも水の起源はヒマラヤであるから、東南アジアの広い地域に住む三十億人(?)以上が水不足に苦しみます。都市と農業で水の奪い合いが起き、食糧の自給率が落ち、この人口が食糧を輸入に頼り始めたら、グローバルな食糧危機に陥ります。

BRICsやVISTAと持て囃されて、世界経済の成長の牽引力となってきていますが、根底に地球の環境変動の脅威が存在していることは、知っておく必要があるでしょう。

  

五月の内モンゴルでの植樹ボランティアでは、砂漠化という気候変動の問題を取材してきます。写真を多く撮ってきたいと思いますので、帰国後にレポートしますね。

砂嵐から目を守るゴーグルがあったほうが良いということで、少しびびっています。メガネの上に装着できる花粉症のゴーグルってあるのかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月10日 (土曜日)

洗濯日和

東京の今日はポカポカ暖かいです。サイクリングには絶好のチャンスでしたが、午後から朝を開始したので、片っぱしから洗濯をしています。ベランダが一杯になりました。久しぶりに、Tシャツ・チノパンで過ごしています。

昨日スタバの豆をまた買ったので、今コーヒーを淹れてラジオを聞きながらまったり。

週末を部屋で籠って過ごすのは久しぶり。たまには、いいね。

ツイッターの面白さが良く分からない。ブログで充分な気もするけど。

掃除したら、ベッドの下から姪っ子のカチューシャが出てきた。全く、子供でも女ってのは・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木曜日)

一日病欠

昨日は酒も飲んでいなかったのにどうも体がだるく、どうやら風邪っぽかったので、一日お休み頂いていました。夕方まで汗びっしょりで寝ていたら、良くなった。体温計を持っていなかったのが、失敗でした。

新型インフルエンザは下火になっているし、多分大丈夫だと思います。体感の体温は37℃台。ロタウィルスも嘔吐・下痢はないので違うでしょう。

病院をどこに行ったら良いか、良く分かってないので、ちょっとこれが心配です。生活のインフラが、実はまだ整っていませんでした。

食糧は夕方コンビニに買い出しに行きました。カップラーメンなどの備蓄がなかったのも失敗でした。

  

中国内モンゴルの砂漠緑化ツアーを申し込みました。今日予約金を振り込んで、契約成立。甥っ子は電話で残念そうにしていましたが、沖縄は頃合いを見て週末に訪問しようと思います。

  

We are the world 2010の動画を見つけました。ハイチへの義援金を募集しているようです。

http://www.youtube.com/watch?v=MjUFFRw9Bkk

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月曜日)

夜間飛行

ただ48時間早く米とぎをすれば良いだけなのに、未だに自家製の発芽玄米を食べられずに、プレーンな玄米を炊いて冷凍保存しながら暮らしている。

五月のゴールデンウィークの旅行もそうだ。一週間の休みを一人旅に使えるはずなのに、インドは雨季だからとか、甥っ子と会いたいからと勢いを失って、スケジュールのすり合わせに気を揉んでいる。

先日のメルマガで、中国の内モンゴル自治区で良い時期に植林のボランティア募集を見つけたのだが、二の足を踏んだ。

体重も重いし、心にも宿便が溜まっている。

  

  

  

  

俺が求めているのは休息じゃない。挑戦だ。

些細なことだが、内モンゴルのボランティアにメールしてみるか・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

覚え書き

R.I.P. / バンプオブチキン

http://www.youtube.com/watch?v=g2WpG1e2V9s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日曜日)

桜満開

洗足池の桜は満開で、今週末は花見の人々でごった返しています。土曜日は少し写真を撮りながら散策して、焼き鳥屋で友人達と飲みました。

100404

100404_2

  

春、桜、新生活。

さくら / ケツメイシ http://www.youtube.com/watch?v=tgVzmn2AGcI

やわらかなサイクル / 元ちとせ http://www.youtube.com/watch?v=RQfr8Dj_QyU

涙 / ファンキーモンキーベイビーズ http://www.youtube.com/watch?v=o0MzkW7INLY

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金曜日)

四月

風呂場の電球が切れたので、パルック(電球型蛍光灯)に替えました。LED電球の方がいいかなと思いましたが、入ったコンビニに置いてなかったので。

電源を入れてから明るくなるまで、少々時間がかかります。

  

四月になりましたね。桜も満開でようやく春が来た感じです。昨日は強風の中、ナイターのテニスをしました。足が動かなかった。強い人は風の逆境をチャンスに変える模様です。

  

五月のゴールデンウィークをどう過ごすか、考え中。一人旅もしたいし、一方で甥っ子にも会いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »