« アースデイ東京2010 | トップページ | 情けない話 »

2010年4月22日 (木曜日)

お米の補充

米びつが空になったので、玄米を5kg買ってきた。歩くのはたいした距離ではないが、薄いエコバッグの持ち手が手に食い込んで重い。

日曜のアースデイ東京で買ったマクロビオティックのレシピ本を読んでいる。中華屋の主は、本をペラペラめくりながら、「これなら作るよ」と胸を張って言った。僕が「夜も自炊してみる」と話したら、少し焦ったらしい。

でも週末は料理したいな。できるレシピから、気の向くままに作ってみよう。

  

身土不二(しんどふじ): 体と大地(環境)はバラバラではない、という意味。さまざまな環境(食べ物を含めて)とからだは密接な関係にあり、からだのバランスを保つには自然のリズムに調和することが不可欠。よってその土地でとれる旬のものを食べることが、食材選びの基本になるという考え方。

一物全体(いちぶつぜんたい): 命を維持するために、生物はからだ全体で調和をはかっている。どの部分ひとつとして不必要なものはなく、食物も捨てる部分は何一つないという考え方。米は精米せずに玄米で、野菜も皮ごと調理し、捨てずに全部食べること。

100422満タンで少し嬉しい。給料が米だった武士の気持ちが少し分かる。

|

« アースデイ東京2010 | トップページ | 情けない話 »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/48154924

この記事へのトラックバック一覧です: お米の補充:

« アースデイ東京2010 | トップページ | 情けない話 »