« 職場テニス | トップページ | 日本決勝トーナメント進出 »

2010年6月21日 (月曜日)

20歳のときに知っておきたかったこと / ティナ・シーリグ (阪急コミュニケーションズ)

20今年で40歳になるが、読んでみた。

スタンフォード大学のアントレプレナー講座の内容を紹介しながら本にまとめている。

自分で知らぬ間に作ってしまった殻を破るのには、この内容への共感が欠かせない。日本の大学では、この様な授業は聞いたことがないが、シリコンバレーに近いこの大学での自由な発想は、一読に値すると思う。

東洋の雑誌:致知 と 西洋の自由な発想を両方聞きかじる。

|

« 職場テニス | トップページ | 日本決勝トーナメント進出 »

本棚」カテゴリの記事

コメント

で、殻は破れたの?
迷ってる時間がもったいないと思うのは俺だけかな。

投稿: 杉ちゃん | 2010年6月21日 (月曜日) 08時51分

>杉ちゃん
まあ、殻、というか、以前に杉ちゃんの言ってた「バカの壁」に関するところだよ。自分でできない理由を作ってしまうという、殻であり、壁。

新聞の書評でチェックした本だから、別に僕が道に迷ってるわけじゃないよ。ご心配なく。

投稿: すうらい | 2010年6月21日 (月曜日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/48682229

この記事へのトラックバック一覧です: 20歳のときに知っておきたかったこと / ティナ・シーリグ (阪急コミュニケーションズ):

« 職場テニス | トップページ | 日本決勝トーナメント進出 »