« 時限クリスマスメール(2010) | トップページ | ぐでぐで »

2010年12月25日 (土曜日)

梅棹忠夫 語る / 小山修三 (日経プレミアシリーズ)

新聞広告でチェックしていた本。梅棹さんは、京大人文科学研究所教授を経て、国立民俗学博物館の初代館長を勤めた。

学問は自分の足で学べ。空想こそ学問の原点。生きることは挫折の連続。など、対談に目を開かされました。

焼き鳥屋に向かう途中に読了。

|

« 時限クリスマスメール(2010) | トップページ | ぐでぐで »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/50394219

この記事へのトラックバック一覧です: 梅棹忠夫 語る / 小山修三 (日経プレミアシリーズ):

« 時限クリスマスメール(2010) | トップページ | ぐでぐで »