« 米びつに補充 | トップページ | 衝撃の断水 »

2011年2月 6日 (日曜日)

ユートリヤ・スターガーデン

気持ちが下向きの時は、体を動かそう。ということで、今日はあちこち歩いて来ました。

午前中は亀戸天満宮に梅を見に行きました。ちょうど見頃になるところです。先日立春でしたから、すぐに暖かくなって満開になるでしょう。

110206

110206_2

  

スカイツリーのアンテナもだいぶ伸びて来ています。現在569m。634mで完成なので、もう少しですね。

110206_3ちょっと今日は空気が霞んでいます

  

昼食後、徒歩で20分くらいの京成曳舟駅近くの生涯学習センターに行って来ました。ここにはユートリヤ・スターガーデンと呼ばれるプラネタリウムがあるのです。中に入って気付きましたが、結構設備が充実しているのに、お客さんは少ないです。定員は140名も入るのに・・。パラパラくらい・・。墨田区の皆さん!デートスポット、家族の休日散歩の穴場ですよ!

大人向き(小学4年以上)のプログラムと子供向き(幼児~小学3年生)のプログラムがあり、大人向きの方に時間を合わせて観覧しました。

  1. 全天周映画「すみだ」

  2. 今夜の星空の解説

  3. 特集~オーロラ・天空のカーテンに逢いに~

でした。昔の渋谷にあったプラネタリウムは、星空の解説がメインだったのですが、最近のプログラムはドームをスクリーンに見立てた映画作品に凝っていることが多いようですね。一昨年足を運んだ日本科学未来館もそうだった気がします(そちらは3D映像)。

 プラネタリウムで視野が深くなった状態で星を周天させると、小学生低学年の頃に、父方の祖父が渋谷にあった五島プラネタリウムに連れて行ってくれた事を思い出します。まだ近眼が進んでいない頃で、当時の投影機は今ほど星の数が多くなかったはずとはいえ、星空に吸い込まれて周天の中を浮かんでいる気分になったものでした。懐かしいです。

 オーロラの映画は良くできていますが、深い星々と淡い鮮やかなオーロラを重ねるには、本物を見ることが必要な感じです。20代のころに比べて自分のオーロラ熱が冷めてしまいましたが、新田次郎のアラスカ物語を再読すれば、また盛り上がるかもしれません。オーロラの映画のナレーションはメーテル(銀河鉄道999)の声優の池田昌子さんが話されていました。

 今夜は霞んでいて実際の星は見えそうにありません。明日の夜は日没後に見える薄い月の隣に一番星が輝きます。木星です。

|

« 米びつに補充 | トップページ | 衝撃の断水 »

天文学・地学」カテゴリの記事

コメント

ここの所 気温が上がり梅が見ごろですね
プラネタリムいいですね スカイツリーの後に寄ってこようかな。
若い頃に 見たオーロラは今でも目に焼きついており、
もう一度 見たいと思ってますが・・中々~ですね。

投稿: kofukobo | 2011年2月 7日 (月曜日) 00時15分

>kofukoboさん
お、オーロラ見たんですね。かなり寒そうですよね。東京で夜空を見上げるのとは全然違う・・。今でもツアーの広告が出ていますね。今の僕には超・非日常です。

投稿: すうらい | 2011年2月 7日 (月曜日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/50792071

この記事へのトラックバック一覧です: ユートリヤ・スターガーデン:

« 米びつに補充 | トップページ | 衝撃の断水 »