« 仏教伝来の道~平山郁夫と文化財保護~ | トップページ | 夜のオフ »

2011年2月21日 (月曜日)

天文学会の最新研究が届いた

日本天文学会の春季年会が、3月16日~19日まで筑波大学で開かれるそうで、講演予稿集が郵送されてきました。会社を休まないと聞きに行けないので、予稿集を読むだけになると思うんですが、冊子を見ると色々な最新の研究が盛り沢山で面白いです。中には怪しいのもあります。

目次を開くと・・・、

 ・巨大ブラックホールと銀河の共進化

 ・高密度星

 ・超新星爆発

 ・太陽系 

 ・太陽

 ・恒星

 ・星・惑星形成

 ・星間現象

 ・活動銀河核

 ・銀河団

 ・宇宙論

 ・地上観測機器

 ・飛翔体観測機器

 ・銀河形成

 ・天文教育・その他

  

今読んでいる本が終わったら、少しづつ読もう。予稿が読み切りで読みやすい。どんな研究機関が携わっているのかも興味深い。

仕事の合間に読みたいけど、、趣味だな。こりゃ。

|

« 仏教伝来の道~平山郁夫と文化財保護~ | トップページ | 夜のオフ »

天文学・地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/50934536

この記事へのトラックバック一覧です: 天文学会の最新研究が届いた:

« 仏教伝来の道~平山郁夫と文化財保護~ | トップページ | 夜のオフ »