« テニス 対サイボウズ戦 | トップページ | メタボのほそ道 »

2011年5月15日 (日曜日)

葛飾は柴又

サイクリングにしようかと思いましたが、どこからか「葛飾柴又」というひらめきがふと降りて来て、昼食後に京成電鉄で足を運びました。京成曳舟から高砂で京成金町線に乗り換え、一駅です。

気持ち良い天気の日曜だったせいか、のんびりした老若男女の観光客で賑わっていました。帝釈天参道を歩くと、帝釈天の境内にたどり着きます。

110515_2  京都の様な店構え、浅草の様な通りと縁日。道行く人たちはのんびりした様子で、それぞれの時間を楽しんでいます。縁日でお団子を買ったり、アイスを買ったり、古き良き食べ歩きの日曜日でした。もちろん寅さんのようなテキ屋も口上を述べていましたよ。

何だかこの街、すごくのんびり落ち着きます。知らない土地の秋祭りに、足を踏み入れちゃった感じかな。地元の方が助け合って街を盛り上げているのが、すごく感じられました。

子供連れや赤ん坊を抱いた若い夫婦、カップルも結構いましたね。どうやらこの日は帝釈天の境内でバザーをやっていたらしく、それで混み合っているようなのでした。

帝釈天でお参りをして、震災地への募金も少額ですが協力させて頂き、寅さん記念館に足を運びました。境内の裏から山本家を通り過ぎるとすぐ。

寅さん記念館は、山田洋次監督の「男はつらいよ」をベースにした主人公の記念館です。山田洋次監督作品は「学校」の方が僕は印象に残っているのですが、寅さんもテレビの日曜映画劇場で観たことがありました。

寅さんの生い立ちが、ジオラマ・シネマで見られます。ジオラマはジオラマですが、脚本に泣けます。生い立ちを見た後は、映画作品のセットなど、帰省した寅さんの映画の世界に入ります。一見の価値があります。

寅さん記念館を出ると、二階は江戸川の堤防と公園になっていて、風が気持ち良い緑の風景でした。今度は自転車で足を運んで来ようと思いました。サイクリストもいますし、道を選べばなかなか快適なルートが頭の中に通りました。

  

帰りは帝釈天の前を通って、参道を駅に向かいました。

草だんごを食べてみました。今日は一本150円だったな。

110515_3

110515_4 おぐら餡がてんこ盛りの草だんご

|

« テニス 対サイボウズ戦 | トップページ | メタボのほそ道 »

写真・散歩」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
東京に住んでいた頃に行ったことがあります。
ひとがいっぱいいるのに、たしかになんだか
懐かしく、不思議な場所でした。

写真を拝見して、またまた懐かしくなりました。

投稿: lazynana | 2011年5月15日 (日曜日) 23時24分

>lazynanaさん
そうですね。懐かしいという感覚がしっくりきます。
住んでいるところから近いので、今度自転車で行ったら、また写真を撮ってきますね。

投稿: すうらい | 2011年5月16日 (月曜日) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/51676967

この記事へのトラックバック一覧です: 葛飾は柴又:

« テニス 対サイボウズ戦 | トップページ | メタボのほそ道 »