« 参加して感じたこと | トップページ | day2 »

2011年6月23日 (木曜日)

day1

day0 (6/15)

 東北新幹線で盛岡に向かい、西口のバス乗り場に集合しました。人数確認後、温泉宿に移動。バスで20分くらい。食事の後、初めてのオリエンテーション。簡単な自己紹介と、二台のバスのどちらに乗るかを分け、各バスから男女1名づつリーダーを選出。

  

day1 (6/16)

 6時45分にバスで陸前高田市に向け出発。幸い渋滞が無く、2時間ほどで陸高のボラセンに到着。コーディネーターとリーダーが、ボラセンで仕事をもらい、シャベルなどの道具を借りました。

 米崎町の堂の前の民家が流された敷地を整備することになりました。ここの畑に、この先小学生達がヒマワリを植えたいのだそうです。

大きな地図で見る

 場所は上の地図で言うと、大船渡線の線路が引き波で剥がされているあたりで、海岸沿いの湾が臨めるところです。

 二班が分担し、家の基礎の跡の片付けと、畑の復帰を午前と午後で交代しながら作業しました。結構力仕事です。きめ細かい作業は、掘り出した雑草を分別したり、岩やガラス片の除去があります。

 昼は広田湾に向かって防波堤に座り、海を向いてお弁当を食べました。三か月前に津波となって襲いかかった海は今は凪いでいて、海鳥がゆっくりと飛び、捨てられた漁船が波に揺られて木のきしむ音を微かに立てていました。潮風の中、のどかな海を見ながら座っていると、惨状の中にいながら海の怖さを忘れてしまい、なんだか不思議な気分で潮風にあたったのでした。

 午後も作業の続きをして、時間で切って15時前に切り上げました。ボラセンで道具を洗って返却し、うがい・手の消毒と、冷たいお茶を頂いたり、ボラセンだけで売っている300円のシールを買ったりしました。あちこちから訪れるボランティアの集団が集まっていました。三カ月後の被災地はケータイが通じたので、ツイートで簡単な報告をしました。

 バスで盛岡の宿に帰り、風呂・食事・ミーティングです。ミーティングでは酒を軽く飲みながら、今日の感想を述べ合ったり、明日の班分けをします。

|

« 参加して感じたこと | トップページ | day2 »

天災メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/52016978

この記事へのトラックバック一覧です: day1:

« 参加して感じたこと | トップページ | day2 »