« 情報装備 | トップページ | 行ってきます »

2011年6月13日 (月曜日)

小村井に残る江戸前寿司

昨日の夕飯は寿司屋で食べました。

駅横の寿司立は昨年から閉店しています。マンションのポストに宅配寿司のパンフが入るものの、江戸前の寿司屋は大通りを挟んで中華の向かいの、大松寿司が営業していました。気にはなっていましたが、今回初めて入ってみました。

うん、家庭用冷蔵庫からサクを取り出して切り、しまうという一連のネタ仕込みですね。客がほぼいないので仕方ありません。「ちょっと冷たいかも」と済まなそうに断るところが寿司職人。

しかし、旨いです。上寿司1500円、瓶ビール(大)、(上がり)、お吸い物、鯵二貫追加(軽く酢で〆てある)、ウニ二貫追加(産地不明)で3千円でした。

  

一日の売り上げは中華屋ほどにもならないと思いますが、こういう地元の寿司屋は大切にしたいと思ったのでした。奥さんの夕飯も粗作りの寿司のようです。

この日はガリをたくさん食べて、お吸い物とビールを飲んで帰ったら、ぐっすり眠れました。

|

« 情報装備 | トップページ | 行ってきます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/51936079

この記事へのトラックバック一覧です: 小村井に残る江戸前寿司:

« 情報装備 | トップページ | 行ってきます »