« 気合い、現実、策 | トップページ | ようこそ断捨離へ / やましたひでこ (宝島社) »

2011年10月31日 (月曜日)

浅草散歩

日曜日にチャリティのハロウィン・ファッション・フェスがあり、そこに知人がモデルとして出るというので、会場の浅草に向かいました。

111030

この街は、国籍も年齢もごっちゃで、様々な人が休日の時間をのんびり過ごしています。

久しぶりに来たので、浅草寺でお参りをしました。

111030_2

  

  

会場のビルはアミューズ・ミュージアムというショップで、布と浮世絵をテーマにお土産やコレクションを展示しています。時間があったので、田中忠三郎という民俗学者が集めた、ボロ布のコレクションを見てきました。

一貫するテーマは「物には心がある。」 貧農のお婆さんなどから譲り受けた布なのですが、ボロ布の中に使い手の生活・思い・人生といった背景を見出していて、片付け術の「断捨離」の本を読んでいた僕は、飽食の現代に失われた生活感・価値観が多々あると感じたのでした。

111030_3

111030

111030_2

111030_3

|

« 気合い、現実、策 | トップページ | ようこそ断捨離へ / やましたひでこ (宝島社) »

写真・散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/53132739

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草散歩:

« 気合い、現実、策 | トップページ | ようこそ断捨離へ / やましたひでこ (宝島社) »