« どら息子 | トップページ | 置かれた場所で咲きなさい / 渡辺和子 (幻冬舎) »

2012年8月 5日 (日曜日)

故郷の夏

なんとなく集まる感じの飲み会のため、大田区の実家に帰ってきました。

洗足池の緑は深く、蝉の合唱が響いていました。実家の本棚にも、おふくろの豚挽肉の焼肉にも、友人との会話にも、なんだか忘れものがあって、のんびりと過ごして惰眠を貪ってきました。

今、墨田区に戻って、結論の出ない郷愁に浸っています。

 

今月・来月は、実家に帰る口実が幾つかあって、また帰ります。秋祭りも参加させてもらいたい。

120804

 

罪滅ぼしに、一冊ありがたい書籍を紹介させて頂きます。

「置かれた場所で咲きなさい」 / 渡辺和子さん著

母が本屋で見つけてページをめくったら、あまりに心が洗われてはまり込んでしまい、ついに最後まで立ち読みしてしまったという、一冊です。僕は買って読んでみようかと思います。実家に置いておけば、帰省した妹もおそらく読むでしょう。

|

« どら息子 | トップページ | 置かれた場所で咲きなさい / 渡辺和子 (幻冬舎) »

洗足池のほとり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/55357809

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の夏:

« どら息子 | トップページ | 置かれた場所で咲きなさい / 渡辺和子 (幻冬舎) »