« テニス再開 | トップページ | 誰でも楽しめる星の歳時記 / 浅田英夫 (地人書館) »

2012年9月17日 (月曜日)

久しぶりの寿司

墨田区に引っ越してきた時に入った安い寿司屋「立寿司」が閉店して二年になる。新しく亀戸の方に開店したという噂があったが、特に足を運ぶ事も無かった。

SNSで旨そうな寿司の写真が刺激的だったので、今日は寿司だと思い立ち、ちょっと亀戸に足を伸ばしてみた。

敬老の日だったせいか、今日はシャッターがおりていた。ここは寿司激戦区で、本当に大丈夫なのか心配である。

寿司熱を鎮めるために、近くのチェーンの寿司屋に入店。大きな店の中に、ずいぶんお客さんが入っている。

「飲み物何にしましょ」で、アガリを頼んだら、「アガリって何よ」と後ろから別客の声。父から教わった寿司屋の用語だが、現代の江戸前寿司用語について、「通ぶっている」「職人さんの用語」「素人は素人らしく」などといった解説がインターネットに出ていた。つまらない。

目的の立寿司じゃなかったが、久しぶりの寿司は旨かった。気持ち的に鉄火巻きで締め。2200円也。

|

« テニス再開 | トップページ | 誰でも楽しめる星の歳時記 / 浅田英夫 (地人書館) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/55681736

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの寿司:

« テニス再開 | トップページ | 誰でも楽しめる星の歳時記 / 浅田英夫 (地人書館) »