« 久しぶりの寿司 | トップページ | お彼岸 »

2012年9月18日 (火曜日)

誰でも楽しめる星の歳時記 / 浅田英夫 (地人書館)

冒頭、睦月の章より:
「いくつになっても新年を迎えると、気持ちがリフレッシュするから不思議だ。ところで1月のことを、日本では古来から睦月ともいうが、この語源は、正月は、身分の上下も老いも若きも関係なく、親族・友人達が一堂に会してお祝いすることから、睦みあう月という意味からきているそうだ。
ネット社会の到来とともに、世界はギクシャクし始めている。
5000年前から仲睦まじく光輝くオリオン座を中心とする冬の星座たちを、屠蘇気分で見上げながら、今年こそ平和な年になりますようにと祈りたい。」

|

« 久しぶりの寿司 | トップページ | お彼岸 »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/55692919

この記事へのトラックバック一覧です: 誰でも楽しめる星の歳時記 / 浅田英夫 (地人書館):

« 久しぶりの寿司 | トップページ | お彼岸 »