« 立寿司が復活 | トップページ | eco検定を受けてみます »

2012年10月10日 (水曜日)

ワークシフト / リンダ・グラットン (プレジデント社)

Photo


本の帯より。

・孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

・食えるだけの仕事から、意味を感じる仕事へ

・忙しいだけの仕事から、価値ある経験としての仕事へ

・勝つための仕事から、ともに生きるための仕事へ

この15年の時代の五つの大きな社会的流れが、人々の働き方に影響を及ぼし、その中で三つのシフトを取捨選択する場面が出てくる。

40歳自分史やアーティストチャイルドの内省、これがあって響いた。今の原動力を未来の働き方にどう生かして行こうか!

頭をよぎる岡本太郎の言葉、「いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。やってごらん。」

一方で、心に理性の荷物を背負っている。

|

« 立寿司が復活 | トップページ | eco検定を受けてみます »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/55862827

この記事へのトラックバック一覧です: ワークシフト / リンダ・グラットン (プレジデント社):

« 立寿司が復活 | トップページ | eco検定を受けてみます »