« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月曜日)

謹賀新年

Imagescae84vy8

2013年への年越しは、色々事情で家族バラバラで過ごすことになりました。

僕は初めて一人で年越しします。昼間にちょくちょく帰省してるんですけどね。

コンビニで買った「レンジでOK!かき揚げ蕎麦」を食べながら、紅白歌合戦を見て、旅行中の家族とケータイメールでチャットします・・・。

ブログを読まれている皆さまには、間接的ながら今年も色々とお世話になりました。

2013年の片隅に一灯を灯せることを願って。新年もよろしくお願い申し上げますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走れ!六花 / 福田六花 (ランナーズ)

Photo暴飲暴食で93kgの研修医時代から、ランニングと出会って、ランナーとなった福田六花(りっか)さんの自伝。

基礎体力が自分と違うなと読んでいて思ったが、走るにつれ体が変わり、考え方も変わっていく過程が共感できる。

雑誌「ランナーズ」を一冊読んで、この本を発注したと同時に、僕もランを再開した。今85kgにリバウンドしてしまっているので、年始にランの習慣を保てるかが勝負だ。

僕のペースはキロ8分だが。それでも続けることに意義がある。2013年は痩せるために走るのではなく、達成感を得るために楽しく走ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日曜日)

年末になりました

あっという間に年末になってしまいました。

クリスマス前の三連休は、友人と酒を飲んだり、親戚の家にご挨拶に行ったり。

イブの日は年賀状を書いていましたね。ケーキは食べなかったけど、スカイツリーがサンタクロース色にライトアップされたのが、唯一のクリスマス気分でした。

 

金曜日に職場で納会があって、勢い余って会社帰りに大酒を飲んでしまい。土曜はひどい二日酔いでした。

今日はマンションの大掃除をします。

ではでは、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日曜日)

働き方革命 / 駒崎弘樹 (ちくま新書)

Photo稼ぎのために働く。家族と密な時間を取る。地域社会に貢献する。その全てが「働く」であって、自分や周囲の成長を後押ししてくれる。

ワーク・ライフバランスをどうやって達成するかの、フローレンスプロジェクト代表の筆者の実体験です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木曜日)

二曲目

火曜日は三週間ぶりのギターレッスンでした。

基礎の新堀methodの方は、まだ始まったばかりで、5,6弦を親指で弾く練習です。指の形だけアルペジオになってきました。

フォークのテキストの方は、「愛は勝つ」を通して鳴らせるようになり、右手の鳴らし方もフォークらしく改良されました。

もう一つ課題曲をもらいました。「翼をください」。小学校か中学校で合唱で歌った記憶があります。コードが「愛は勝つ」とあまり変わらず、右手の鳴らし方がジャカジャカ練習できるので、練習になります。

今までの復習も含めると、練習することいっぱいです。昨晩は飲酒のため練習できなかったので、今晩はみっちりやりましょう。

 

翼をください by ゆず  http://youtu.be/p-qB479Idd0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月曜日)

「カタリバ」という授業 / 書き手:上坂徹; 話し手:今村久美・竹野優花・NPO法人カタリバ

体育館で高校生が大学生キャストとの対話を通じて、目の色を輝かせていく。そんな斜めの関係が作る「語り場」を、社会起業として進めた、NPO法人カタリバの奮闘記である。

この本が記されたのが2010年。著者はその時に、社会起業ブームが起きていたという。確かに、社会起業の本が書店に並び、僕も何冊か読んだ。

起業は、「やりがいがある」「かっこ良い」「力一杯活きる」・・・、そんなイメージがある。NPOであれば、金銭の見返りよりも、人とのつながり・絆や人様のために働いている感が余計に強くなる。

しかしこの本は、社会起業が無謀としか見えない冒険から始まること、安定した組織と全く反対の世界の中で生活していくこと、守るものがあると踏み出せないことを気づかせてくれた。言い訳してしまうと、若気の至りでないとできない、とも言える。

 

 

実は僕は溜まり場が欲しい。ふらっと立ち寄って、気の置けない常連さんと話す「タマリバ」。こないだまでは、友人の営む炭火焼居酒屋がその役割を果たしていた。マスターと話せば、気持ちも落ちつくし、友人と飲めば古い友情も身近だ。

今、僕が危惧しているのは、高齢少子化社会の先にある、孤独死予備軍の増加とそこへの自分の仲間入りだ。具体的な構想はまだ固まらないが、震災後に見えてきた人同士の絆が、一つの拠り所となる気がしている。その平時の溜まり場を提供してみたいのだ。

東南海に巨大地震がやってくる。気候変動による天災も起こる。そんな逆境の中、人付き合いの支えがあったなら。。。

「タマリバ」と「カタリバ」の発音が近くて、偶然本書の「NPOカタリバ」に出会った。こちらは、若く、希望にあふれている。爺臭いビジョンを持ちだしてしまった。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日曜日)

12月、快晴の日曜日

eco検定試験を受けてきました。まあ、9割は確信を持って答えられています。資格を取得するためというより、この試験のために勉強したことが、やはり重要なのでしょう。

今週は、出張・飲み会・試験と重なっていて、一つの山を越えました。今、寿司とビールの後に、紅茶を淹れてまったりしています。

今日はテレビのニュースを流しつつ、社会起業の本を読んで時間を過ごします。一人一人の力は小さいけれど、社会は一人一人がつくるもの。

政治や会社主導じゃ、僕や次世代の人生は変わらないんだ。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金曜日)

ふたご座流星群

早寝しましたが、夜中に目が覚めて、流星群を見に外に出ました。

握った缶コーヒーが温くなるまで粘ったけど、見えない。そろそろ帰ろうと思った矢先に、おうし座の辺りに、明るいのがひゅんひゅんと連続して二筋流れました。木星並みの明るさの長い軌跡でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土曜日)

テニス部忘年イベント

昼前から会社の屋上でチームに分かれて対抗戦。新人君が、ふとした弾みでラケットを顔にぶつけ、歯を折りました。

僕が虫歯の様な知覚過敏でお世話になった、歯科医に電話。土曜の診察時間は過ぎていましたが、受けてもらえました。

    http://suulai.way-nifty.com/blog/2011/06/post-eb62.html

 

夜はディズニーリゾート内のホテルでディナー。花火も上がりました。

ここの花火は、江戸の風情と趣が違い、キラキラと明滅します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水曜日)

職場レク

4月からの職場で、レクがありました。毎年ボーリング大会をしているそうなのですが、今年はボーリング場の工事の関係で、スカイツリー見学とホテルでのバイキング料理です。

夕方のスカイツリーはものすごい人でごった返していました。夜景が綺麗です。

エレベーター待ち時間クイズの答えが正解に近かったので、景品を頂けました。残り物には福がある、で、大きめの扇子を頂きました。中国の人の名前が書かれた日文が、達筆な字で書かれています。

思えば、この日からカロリー管理の油断が始まったようです。

 

121205

夜の広場のイルミネーション

121205_2

見上げればスカイツリー

121205_3

展望デッキからの夜景

121205_4

景品で頂いた扇子










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月曜日)

ギター一ヶ月

長野に滞在中、小学生の姪っ子と話して気付いたことがある。

40過ぎたおじさんがギターを始めても、子供は何の疑問も持たない。「どんな曲を弾くの?」と、日常会話をつなげて来る。「和音を鳴らして歌うんだ」「ふーん、そうなの。どんな歌? 」という感じ。

大人と話すと、「ギター幾らした?」から始まる。「え、習ってるの? どんな人が他にいるの? 授業料幾ら?」と来る。ひどいのは「仕事してますか?」、とも。

まだ始めたばかりで、できない事ができるようになるのが楽しい段階。反復練習は時に飽きることもあるけど、気分転換にギターを触るような感じで、うまく続いている。部屋の音は、iTunesかラジオくらい。ニュースは新聞で。読書が必然になってくる。

音楽を聴く耳が少し変わってきた。ボーカルだけでなく、ギターの流れに着目してしまう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土曜日)

甥っ子と対面

甥っ子に会いに、長野県に来ています。こちらは空気が冷たく引き締まり、市内では粉雪がふわふわと舞っていました。

妹の実家の方の母が、昨日から先に手伝いに来ています。僕は一泊のみ。出産祝いに蟹が四匹贈られていて、今日は残り三匹にハサミを入れました。ご相伴に与かります。とはいっても、アルコールはなしにしておきますcoldsweats01

甥っ子の寝顔も泣き声も、幸せ気分を分けてくれます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »