« 風邪っぴきバレンタイン | トップページ | スキーをキャンセル »

2013年2月15日 (金曜日)

ロシアに隕石落下

ロシア・ウラル地方チェリャビンスク州付近で、15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、隕石(いんせき)とみられる物体が落下し、大気圏内で爆発した。インタファクス通信によると、割れたガラスによる切り傷などで約千人が負傷し、うち2人が重傷。死者はなし。

NASAの推計では、落下した隕石は大気圏突入前の重さが約7千トン。直径は約15m。後述する「2012DA14」のおよそ三分の一の直径。

 

それと機を同じくして、直径が45メートルほどある小惑星「2012DA14」が、日本時間16日午前4時25分ごろ地球に最接近し、静止衛星よりも近い上空2万7700キロを通り過ぎた。こちらは計算通りで、国際宇宙ステーションや人工衛星などの被害もなかったとみられる。

|

« 風邪っぴきバレンタイン | トップページ | スキーをキャンセル »

天災メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/56772292

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアに隕石落下:

« 風邪っぴきバレンタイン | トップページ | スキーをキャンセル »