« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木曜日)

モチベーションは「子供」から

今週は、仕事のあり方について考えたり、人生を如何に生きるべきか考えたり、一人酒が進んだりで、ほとんどギターに触っていない。大人の理性が子供心を抑え込んでしまったのか、先ほど久々に基礎のNメソードを弾いたが、どうもノリが悪い。「良い大人が何をやっているんだ」、ともう一人の自分が諭している気がする。

先日、「未来を変えるデザイン」展で、音楽のYAMAHAのCSRビジョンを見た。音楽が再び地域を活性化させるとき。音楽の街づくりプロジェクト。

非常に共感できた。

 

南海トラフ地震を乗り越え、復興の東京の街で、僕は希望の歌を弾くのだ。何事もすぐには上達しない。サボって後退しても、投げ出さないことが重要。モヤモヤした夜は、たぶん子供心が閉じ込められて泣きそうになっているのだろう。

今日は苦いコーヒーとノンアルコールビール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土曜日)

エベレスト最高齢登頂

80歳で二度目の親子エベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんのニュースを聞いて思う。

サラリーマン時代のメタボ、そして二度の心臓手術を乗り越え、エベレストの頂上という目標を外さなかったのは、ちょっとすごすぎる。

心からの拍手を送ります!

挑戦を続ける姿勢を見習わなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダの植物、発芽

先週植えたミニヒマワリとアサガオが発芽しました。

130525

スマイルとうほくプロジェクトの二世の種。順調に発芽しています。一ヶ所に二粒づつ蒔いたんだけど、重なった芽を間引くのが、なんだか可哀そう。

130525_2

リュウキュウアサガオの二世も発芽。四粒蒔いたので、現在の発芽率25%。

130525_3

ワイルドストロベリーは盛況です。今日は小さな花がついています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水曜日)

米・オクラホマ州で巨大竜巻

20日に、州都オクラホマシティの近郊、ムーアで巨大竜巻が発生。学校にいた子供を含め、少なくとも24人が死亡。負傷者は237人以上。

米気象当局は、建物の被害状況から規模を推定する「改良藤田スケール」で、6段階のうち最強レベルの「EF5」だったと結論づけた。風速は秒速90mに達し、直径も3.2kmと巨大だった。

オクラホマ州の竜巻被害は19日に続いて二日連続。死者を出した学校には、シェルターが完備されていなかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日曜日)

ギターアンサンブル公演を聴きました

130519

ヨーロピアン・フォーマルな初コンサートに緊張したのか、早く目覚めて日の出を見てきました。ただ、少しだけ二度寝して英気を養いました。

 

新堀ギターアンサンブルの東京公演を聴いて来ました。新堀ギターの講師陣の中でも、プロ中のプロの集まる、ギターオーケストラです。

うまく言葉で表わせないほど素晴らしい演奏でした!最高です!

自分の耳について。クラシックの曲目を聴く機会が初めてだったのですが、普段聴いているポップスやロックのテクノ系、プログラム系の音の繰り返しに耳が慣れていて、流れ来る自然の生演奏の音響に、ドーンという感動がこみ上げてきませんでした。でも次第に、化学調味料に舌が肥えると、味が分からなくなるのと同じであることに気づきました。

情熱的な曲を聴けば体が熱くなるし、ギタオケの演奏に哀愁と情熱の入り混じったジプシーやフラメンコの異国情緒を感じ、愛の曲には新婚の楽しさやひたむきさを感じ、新しいジャンルを越えた音楽にはセッションや音楽の奥行きの深さを感じました。

やはり新堀のプロ中のプロの方々はすごいです。この域に達するまでの努力を考えると、僕には一生無理です。これは断言します。これまで弾き語りに魅力を感じてきたので、ギタオケという目標に対するそもそものモチベーションが維持できない。

僕はシンガーソングライターのおじいちゃんを目指します。一流レストランのオーナーシェフでなく、家族のおにぎりを握って行きます!

音楽って素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土曜日)

久しぶりの自炊

久しぶりに家庭料理が食べたくなりました。特に味噌汁が。

また、バカの一つ覚えで、鶏モモ肉の味噌煮込みです。最近は実家に帰っても、野菜スープが多く、味噌汁が忘却されています。

今日は味噌の加減を抑え目にして、優しい味に仕上げました。「優しい味」はすうらい家のいわゆる「母の味」を指します。と、かつて母が自分で言っていました。妹も姪っ子も、「優しい味」が大好きです。

 

ああ、手捏ねハンバーグが食べたい・・・。今度松本の妹宅に行ったら、食べさせてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種蒔き

エミコさんにアサガオの種をもらってから、プランター栽培の記事が自転車のカテゴリになってしまっていますね。

今年もリュウキュウアサガオとミニヒマワリの種を蒔きました。アサガオの昨年の鉢は、そのまま保管し、新しい鉢を作りました。ちょっと土の扱いが悪くて、水はけが悪くなった。

毎日鉢を見るのが楽しみです。もう少し早く蒔いても良かったな。

130518_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来を変えるデザイン ‐ 社会課題を解決できるのは誰なのか?

六本木の東京ミッドタウンで開かれている「未来を変えるデザイン」展に行って来ました。入場無料で小冊子がもらえます。

2030年の前向きな未来を、参加企業が模型で表現しています。未来はResilience(復興)、Agriculture(農業)、Energy、Community、Educationの切り口で並べられ、模型を除くと未来が見えます。

130518

色んな企業が色んなCSRビジョンを持っているなと思いつつ、自分も何かせねばならんなと、奮起だけもらってきました。2030年は僕が60歳、甥が30歳。気象も水も生物資源も今より深刻になっているはず。そして南海トラフ大地震も越えているはず。

未来をつくろうっていう気概が重要かと。6/11まで開いていますので、興味を持たれた方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

一角にアイスキャンデーのガリガリ君のブース出現。遊び心満載です。僕は半分こできるアイスが心に響いたかな。昔からあるコンセプトだけどね。

130518_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月曜日)

ギター進捗

出演を誘われたライブの日取りは5/4だったのですが、せっかくのGWに部屋に籠ってギターの練習を続けることができず、どっちにしろ集中力が続く時間が一日の内に1時間くらいなので、先述の欧州訪問旅行を入れてしまいました。ライブ出演は、早い時期にキャンセルさせてもらっていました。

4月から先生が人事異動で替わってしまいました。お世話になったなじみ深い先生とは、先生の演奏するコンサートに足を運んで、音楽で交流しようと思います。

新しい先生は、まだ一回しかレッスンしていなくて慣れない感じですが、明日の晩に二回目のレッスンなので頑張ります。久々にギターに触って、指が動かなくなっているように感じます。やはり、旅行で新しい経験を積んだ分、ギターの積み重ねは一週間分減りました。

しかし、貴重な旅行だったので、自分にOKとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水曜日)

欧州訪問~アムステルダム~

次は小中学の同級生A君が住む、アムステルダムに向かいました。A君がアムスの企業に就職して渡欧する前に、今度遊びに行くと約束をして6年余り。ようやく実現しました。

スキポール空港に着くと、会社を早退してくれたA君が迎えに来てくれて、ご自宅に向かいました。二人のお子さんが知らないおじさんに馴染んでくれるか不安でしたが、家族の会話が日本語であることもあり、パパの期待通りではないにしろ、なんとかコミュニケーションできました。この晩は、アムステルフェーンのカフェにてステーキを食べました。オランダの食べ物はジャガイモが主食というパターンが多く、肉はXLサイズを注文してもアメリカよりは小さい物でした。でも満腹でありました。

とにかく住環境が素晴らしい。徒歩5分で、広大な牧場の様な公園に入り、鳥の声を聞きながら歩いてレストランに向かいました。夜7時ごろだったけど、まだ日が明るかった。

4/30は女王誕生日で国民の休日。5/1は有給休暇を取って観光してくれました。この年の女王誕生日は特別で、ベアトリクス女王が王位を退いて、息子のウィレム皇太子を国王とする、皇位継承の節目でもあり、街の中は女王の色であるオレンジをまとった人たちが、ドンチャン盛り上がっていました。

皇位継承の契約のサインや、王宮での出来事はテレビで見て、アムステルダム中心街にはその後行きました。子供たちはフリーマーケットに参加しに朝早くから出掛けました。奥さんの手料理の朝食は、手作り味噌から仕込んだ味噌汁・玄米を中心とする和食で、大変美味しく頂きました。

オレンジのスェットと帽子でカムフラージュして街に溶け込み、散歩して来ました。国立ミュージアム(ライクス・ミュージアム; Rijks Museum)のカフェで昼食を取りました。

夕方、子供たちも連れてキューケンホフに連れて行ってくれました。チューリップ畑は圧巻でした。

この日は奥さんの手料理をご馳走になり、旬の白アスパラの煮つけから、塩で軽く〆たハーリング、オーブンでじっくり焼いたローストビーフ、ティラミス、、、、とワインを飲みながら頂きました。ワインを飲みすぎ、日本酒の獺祭(だっさい)を飲んだ辺りから意識が飛んで座ったまま寝てしまいましたが、大変美味しかったです。

翌日は家族みんなでドライブ。まず、ヒートホールン(Giethoorn)に向かい、水路をクルージングして楽しみました。エンジンボートを無免許で運転させてもらえます。1時間のコースを堪能。

次に、ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans)に風車を見に行きました。アイスが濃厚だった。風車の写真を取り、木靴のお土産も買って、帰ってきました。

あっという間に過ぎた二日間。最後はトルコ料理でお別れでした。タコライスみたいのが、美味しかった。

A君家族には、三日間大変お世話になりました。また今度、日本かアムスで再会できるのを楽しみにしています!!ありがとうございました!!!

 

Img_0185_4

ご自宅の近くのアムステルフェーンのカフェにて。こちらのビールはハイネケンが多いです。

Img_0192

お子さんのフリーマーケット会場に行くと、女王誕生日のオレンジ色が目につきました。

Img_0195

フリーマーケット会場。子供が商いできる、一年で唯一のチャンスです。

Img_0209

賑やかな街に、オレンジの服を着て繰り出しました。帽子は無料で配っていたもの。コーヒー会社の協賛の帽子のようです。

Img_0211_4

オレンジグッズを売る(配る?)人達。

Img_0216_2

国立博物館裏の巨大スクリーンでは、コンサートの模様が映し出されて盛り上がっていました。

Img_0219

"I amsterdam"の上で記念撮影をする人々。

Img_0221

国立美術館(Rijks museum)。長蛇の列だったので、カフェだけ寄りました。

Img_0225

街に流れる河には、プライベートボートが浮かび、その上でビートの効いた音楽を大音響で流してリズムに乗っていました。普段は静かな河だそうです。

Img_0264

夕方連れて行ってもらった、キューヘンホフ(Keuhenhof)のチューリップ畑。オランダは花産業の産地で、日本のチューリップもここで栽培されたものが流れているようです。黄色いのは水仙かな?カーネーションのようにも見えました。

Img_0268_2

生け花の香りが微かにします。

Img_0288_2

朝、ご自宅周辺を散歩した時の写真。徒歩10分で、こんな長閑な風景が。A君はランニングコースには事欠かないと、言っていました。

Img_0289

写真を拡大すると、牛が草を食んでいます。桜も咲いていますね。

Img_0297

木に目が付いているように見える。とA君が言ってた。

Img_0305

鳥がたくさん飛来します。この鴨は常連さん。コウノトリやアオサギも飛来します。

Img_0308_2

ヒートホールンへのドライブ中の風景。高速道路は無料。風力発電の風車がたくさん林立している。

Img_0331_3

ヒートホールンはオランダのベネツィアと呼ばれる村。運河で動力ボートを借りて、無免許クルージングできる。一時間コースで運河と広い湖での解放感が気持ち良かった。

Img_0349

広い湖。快晴で風を切る。

Img_0369

ザーンセ・スカンスの風車群。

Img_0393

お土産も売っている、木靴の展示館。昔の人はこれを履いていた。精巧な彫刻からシンプルなものまで沢山種類がある。なぜか日本のゲタまで置いてあった。

Img_0415

最終日はエルミタージュ美術館とライクス・ミュージアム(大行列で入れず)を歩いた。駅に戻る途中で、偶然見つけた和食レストラン、「スモー・スシ・アムステルダム」。ここの寿司は完全につまみとして提供されており、飲み物を注文しないと、次の握りが出てこない。緑茶はリプトンのレモンティーみたいのだった。

Img_0418_2

アムステルダム市内を散策。

Img_0420

二日前に皇位継承が行なわれた、アムステルダムの宮殿。

Img_0428

アムステルダム中央駅。古い東京駅のモデルになったとも言われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »