« ギター進捗 | トップページ | 種蒔き »

2013年5月18日 (土曜日)

未来を変えるデザイン ‐ 社会課題を解決できるのは誰なのか?

六本木の東京ミッドタウンで開かれている「未来を変えるデザイン」展に行って来ました。入場無料で小冊子がもらえます。

2030年の前向きな未来を、参加企業が模型で表現しています。未来はResilience(復興)、Agriculture(農業)、Energy、Community、Educationの切り口で並べられ、模型を除くと未来が見えます。

130518

色んな企業が色んなCSRビジョンを持っているなと思いつつ、自分も何かせねばならんなと、奮起だけもらってきました。2030年は僕が60歳、甥が30歳。気象も水も生物資源も今より深刻になっているはず。そして南海トラフ大地震も越えているはず。

未来をつくろうっていう気概が重要かと。6/11まで開いていますので、興味を持たれた方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

一角にアイスキャンデーのガリガリ君のブース出現。遊び心満載です。僕は半分こできるアイスが心に響いたかな。昔からあるコンセプトだけどね。

130518_2


|

« ギター進捗 | トップページ | 種蒔き »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/57409381

この記事へのトラックバック一覧です: 未来を変えるデザイン ‐ 社会課題を解決できるのは誰なのか?:

« ギター進捗 | トップページ | 種蒔き »