« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日曜日)

歌劇を鑑賞

友人が熊谷組の公演に参加するので、チケットを手配してもらって観てきました。和とバレーの融合の斬新な歌劇でした。稽古のたまものです。

高校の仲間と奥さんが来ていて、帰りにタイ料理とビールを飲んで帰りました。

 

11月3日のツールド東北にエントリーすることになりました。

8月18日のギターライブに僕も出演するのですが、そのチケットを興味を持った二名に渡しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の音楽会を訪問・長野

金曜日に仕事の計画休暇を取って、長野県に住む姪っ子の小学校の音楽会に行って来ました。昨年産まれた甥っ子の助っ人として母が来ます。僕はおまけです。

音楽会は素晴らしかった。当日見ただけですが、それまでに一生懸命練習を積んできたことが良く分かります。小学校の体育館での合唱や合奏にはジーンときました。

姪っ子には、帰宅後にとにかく褒めました。正直な気持ちです。

もしかしたら、僕のギターライブにも来てくれるかも・・。

 

子育てに忙しい妹と、おばあちゃんと向かったのは、信州大近くのタイカレー、「メーヤウ」。

http://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20000052/

ライスカレーのバイキングです。ライスを大皿に盛り、レッドカレー・グリーンカレー・パイナップルカレー・チキンカレー・ハッシュドビーフ、様々な国の様々なスパイスのカレーを掛けて頂きます。大皿お替わり二杯して、2000kcal食べました。

 

翌日は飲み会続きの妹の旦那が、0歳の甥っ子を見てくれて、女系三世代にくっついて、スパへ。

信州健康ランド http://www.kur-hotel.co.jp/shinsyu/

温泉入って、仮眠して、飯食って、マンガ読んで、帰りました。

以前コミュニティ・カフェとか調べていた理想郷がここにありました。お風呂・休憩・食事・お酒・図書館・マッサージの複合施設。東京では大きな資本が動かないと難しいけど、信州はススンでいます。

テルマエ・ロマエ読んでたのですが、ローマ時代と現代の日本を行き来する主人公が、東京と長野を往復してカルチャーショックを受ける自分と重なりました。

 

姪っ子よ、すばらしい体験をありがとう!また夏に東京で会おう!

 

1306281

1306282

1306283







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火曜日)

被災地ボランティアに行って来ました

去る土曜日に、日帰りで福島県南相馬市にボランティアに行ってきました。

2月以来です。天候が危ぶまれましたが、幸いほとんど雨は降りませんでした。

ボラセンの朝礼では、松本センター長から、「皆さんのボランティアは復興の最前線にいて、 抜いた草一本、スコップ一杯の泥、拾った石一つ、その後に復興の計画の話などが始まっている。」と訓示を頂きました。

作業内容は、午前が空き地の立派な桜の木の伐採。午後が草むしりでした。 桜の木は、隣家の二階の高さほどの立派な木で、伐採時には依頼者の方は寂しそうにベランダから我々の作業を見ていました。 30年は越える木だと思うので、きっと思い出の一杯詰まった木だったのだと思います。 そしてそれを切る覚悟をしたのも、また色々な葛藤があったのだと思います。

チェーン・ソーの達人、Iさんの言っていた、「大きな木(The Giving Tree)」という絵本を、今度姪っ子に持っていこうかなと思っています。

僕は車の運転を15年以上していないので、今回もワゴン車のドライバーにはなりませんでしたが、 四人の運転手は疲労と眠気で辛そうでした。

事故なく最後まで終了して、良かった。

 

130622_2130622_3







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木曜日)

今晩は贅沢ほろ酔いギター

気乗りしないので、定食屋にて生ビールで気分良くほろ酔いになり、帰ってギター練習。間違えやすいが、雑念が起こらないので、練習が辛くありません。最高の贅沢です。

アルコールは上手く使うくらいが丁度良いかな。飲む程度のコントロールはできないけど。

 

弦と擦れる左手の指先の皮が、わずかに厚くなりました。たいしたことはないんだけど、指先なので少し気になる。

音楽教育のビジネスの仕組みも、少し分かってきました。趣味だから、散財しよう。

 

ここしばらく色々重なり、不眠に悩んでいたので目覚ましをかけ忘れ、今朝失敗しました。約1時間遅刻。今晩はしっかりせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水曜日)

スクラップ&ビルド、しかし楽しく。そしてプレッシャーと度胸

定食屋での抹茶飲み過ぎの後、昨朝は3時起床で眠れなくなり、自転車で河原に行きました。結局昼休みの貴重な30分も眠れず、ヘロヘロで仕事を終えて、ギターレッスンに行きました。

昨日のレッスンはきつかった。左手の弦の押さえの型と、右手の鳴らし方の型の矯正。指攣りそうです。そして辛くて身に付きにくい。つまり我流の変な手癖の矯正です。

一方で、目標曲のスコアを入手することができました。これまでに見たことのないコードが並んでいて、やはりバンドの楽曲は難しそうですが、「目標」曲なので気長にやります。

 

さらにまたライブ出演のオファーをもらいました。二度目のチャンスです。お盆休み最終日の公演。悩ましい。基礎技術も矯正し始めていて、とても二カ月では上手くなっていないでしょう。

ただプロのプレッシャーを楽しんでいるかに見える先生や、習って一ヶ月でライブに出演した方の話を聞いたり、なによりも姪っ子がブラスバンドの演奏会練習のために僕の出勤よりも早い時間に通学していることを考えると、これは度胸だけで受けるしかないと思い、ライブ出演を申し込むことにしました。一曲に絞って、最悪弦を弾くふりをして歌だけ歌おう・・。

 

今朝は浅い5時間睡眠で、アルゴリズム体操をしないと行動ができなくなるという、変な悪夢で目が覚め、ちょっとキツイですが一日を始めます。

楽しくてギターを鳴らさずにいられなくなる領域は、まだまだ先のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火曜日)

梅雨の早起き

昨晩は、行きつけの定食屋のお姉さんの最終勤務日で、遅くまでアルコールなしのお茶を飲んでいました。

抹茶を飲み過ぎたのか、今朝は3時に起床し、二度寝できず。荒川に朝の空気を吸いに行きました。久しぶりに自転車に乗った。

曇っていて日の出は見えませんでした。蒸し暑い、濃密な空気の朝です。

130618

朝一から座学の講演会。キツイ・・。夜はギターレッスン。夜まで持つかな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水曜日)

ギターに留まらず聴いています

先週末にTSUTAYAの近くに寄ったので、メモするに留めていたCDを四枚買いました。

■平原綾香 10th Anniversary single collection "Dear Jupiter"

歌詞が好きです。目はウルウル。鼻はグスグス。そしてアーティストとしての素晴らしさが歌に満ち溢れています。

 

■星野源 EPISODE (2nd album) / STRANGER (3rd album)

なんというか、3rdは自分にないホンワリした優しさを持っています。2ndはエピソードなアルバムです。

 

■佐村河内守 交響曲第1番≪HIROSHIMA≫ 大友直人指揮・東京交響楽団

全ての聴力を失った絶望を経た作曲家の交響曲。テーマが重くて、美しい流れが僕の歴史認識と少しずれを生じました。昨日開封して、まだ通して聞いていないので、ヒロシマと向き合う気力のある日に、座って聴きます。

 

自分のプライベートを死に時間にしている原因が酒であることを、再認識。今週は月曜から酒を慎んでギターの練習をしています。

音譜の読み方、コードとの連携、左手の運指、アルペジオの右手の弾き方。まだまだ未熟ですが、三日連続で少しでも練習すると、すこしづつ身に付きます。

先週のレッスンで練習曲も決めて、夜のゴールデンアワーのギター練習に励みます。その代わり、テレビから離れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日曜日)

梅雨入り

久しぶりのブログ更新です。梅雨入りしましたが、雨が少ないですね。

先週末は、職場のテニス部の一泊合宿。

ギターはアルペジオの鳴らし方の矯正や、音譜と運指の読みと実践。練習あるのみだけど、酒を飲んでしまったり、体調を崩したりであまり練習できでいません。

課題曲を決めました。ヒアリングと話し合いをして、次回のレッスンで先生が音譜か何か教材を準備してくれます。ちゃんと弾けるようになるまでのお楽しみcoldsweats01

ベランダの植物栽培は、芽が育っています。雨が少ないので、水やりが必要です。

130609_4

アサガオの発芽率は3/4。一番初めの芽はしわくちゃで、ゆっくり育っています。

130609_5

ミニヒマワリはだんだん葉の枚数が増えてます。

130609_6

ワイルドストロベリー、もさもさ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »