« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月26日 (月曜日)

夏の終わり

この週末は、都内でゆっくり過ごしていました。金曜日の生活習慣病健診(有給休暇)を加えると、三連休。

 

ポピュラーソングのギターコード集を、銀座の山野楽器で買いました。良い歌がたくさん載っています。練習しないと弾けないけれど、本を持っているだけで、路上ミュージシャンのチャンスを手中に収めたような感じ。夢は広がります。

日曜は天気も悪く、自宅で読書とギターを行ったり来たり。お盆休みに着手した「2052」が、まだ半ばです。長期休暇前に数冊の本を用意したけど、手つかず。軽いのから読めば良かったのかも。

 

なんだか、秋の虫も鳴いて、涼しい朝になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火曜日)

ギターライブに出演しました

去る18日の日曜日、池袋で行われたライブに参加して来ました。初めてのライブ出演なので、初めは緊張しましたが、午前中のリハからできるだけ会場で様子を聞いて、空気に呑まれないようにしたので、大丈夫です。

本番の演奏では、KAN作詞・作曲の「愛は勝つ」を先生と二人で弾き語りしました。アルペジオの所が、練習不足で音がまともに出なかったけど、フォークの所で旨く曲を弾き終わり、なんとか挽回しました。

今回初めてライブに参加して驚いたのが、小学生高学年から高校生までの技巧に優れた層の厚さです。大人の出演者になると、趣味で楽しんでいる感じ。でも、プロの先生やギタリストもたくさん混じって、東京予選のライバル感も満ちていたライブでした。

同じ教室の方の演奏も聴かせて頂き、なんとなく同窓的な共感を持って仲間が広がるかとの期待も持ちました。

「シンガーソングライターのおじいちゃんになる」と、夢めいた事も公言しましたが、年齢的には中高生の夢を育てる側の世代にいることも現実。中途半端に遊ばず、真剣に取り組んで、若者の真摯な目に応えようと思います。

終わった後、一人とんかつ屋さんでカレーを食べて、少し心を落ち着け、翌日の仕事に備えて、ビールを二杯に留めました。

 

今回の反省点・勉強点。

・アルペジオでなく、フォークでも良かった。技術が付いていっていない。

・ライブハウスなので、ギターにマイクを付けるべきだった。しかし、アルペジオを綺麗に鳴らせないとダメ。

・アコギとボーカルはプロの助っ人は頼まない方針にする。

・次の演目がひらめいた。楽譜の本は、コピー1枚でなく、買おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日曜日)

桜島で噴火

18日午後4時31分、桜島の昭和火口で中規模な爆発的噴火が起きた。噴煙は火口から約5千メートルまで上昇した。鹿児島地方気象台によると、昭和火口の観測史上最も高い噴煙という。爆発的噴火は今年500回目。(朝日より抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月曜日)

夏休み

昨日から実家に帰っています。

アサガオが咲きましたが、入れ違いで帰省しました。なんだか中途半端な開き方だったけど・・。

冷やしたスイカを食べ、扇風機の風を受けると、昭和な子供時代を追体験して結構暑さを忘れます。

妹の家族と合流し、賑やかなお盆を過ごしてます。

朝、洗足池を散歩すると、ゆっくり暮らすには良い環境だなとつくづく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月曜日)

音楽のサマーセミナー

土曜日に国際新堀芸術学院のオープンキャンパスのセミナーに、一日だけ参加して来ました。

選択したのは、作曲家の畑中雄大先生が講師を務める、楽典・楽式論の基礎と、作曲の基礎です。シンガーソングライターの石塚政俊先生の講座も魅力があったのですが、これまで鼻歌で歌ってきた自分をもっと高い所から眺めるべく、オーケストラの作曲もされている畑中先生の講座を選択しました。

とにかく、音楽の深さと、楽器のこなし方に圧倒されました。僕が楽譜をまともに読めないのは、小学校一年生でピアノを挫折してしまったから。中学校では貧乏でクラリネットが買えず、ブラスバンド部に入部できませんでした。代わりに、貸しレコード屋で洋楽を聞きまくりましたけどね。

そんな訳で、知っている楽器の種類も、挙がるのは、ハーモニカ・ピアノ・リコーダー・カスタネットなど、小学校の音楽室にあるものばかりでした。

そんな時、本講座で取り上げたのは、「楽典」の紹介から。さっそく買って、音楽の基礎を読んでいます。楽しい音楽の裏にある「理論」。知っておく事は必要でしょう。

畑中先生はまだ20代と若く、集中力も好奇心もエネルギッシュで、無から有を生み出すのに、エネルギーが根源だというのが納得できました。管楽器を吹く肺活量たるや、すごい。。

とにかく、小学生のままの自分と、プロのレベルとの違いを見せつけられて帰ってきました。

 

まあ、シンガーソングライターのおじいちゃんには、アマチュアに甘んじればいつか届くでしょう。その代わり、納得のいく素晴らしい曲を編み出したいものです。

人生はやり直せないけど、途中から少し舵を切る事はできる。せっかく始めたギター、どう広がっていくかな。

しかし一方で、家族・稼ぎ・震災・次世代に引き継ぐ社会・・・、、忘れてはいけない事があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »