« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日曜日)

ノープランの日曜日

土曜日に二日酔いで午後まで寝ていたせいもあって、翌日曜は4時前にシャッキリ目が覚めました。

しばらくネットの前でウダウダしていましたが、日の出時間が5:30頃と遅くなっているので、暇だからシューズを履いて外に出ました。コンビニでヘルシアを飲んで、スマホのGPSアプリを立ち上げ、音楽を聞きながら10min/kmのゆっくりとしたジョグで荒川に向かいました。

ランニングは本当に半年ぶりくらい。荒川を下流の方向に走って、そろそろ良いかと歩いたら、4kmしかまだ走っていませんでした。時間にして40分くらい。

でも気持ち良かったです。そこから1時間かけてウォーキングで帰りました。

 

爽快な一日の始まりだったので、家事をサクサクと片付け、溜まっていた雑誌も目を通して捨てるものは捨てました。ナショジオは中華屋のマスターが好きなので、一年分店に寄贈しました。前は甥っ子に贈ったけど、ミイラの写真やゴリラの惨殺写真がたまにあって、要らないって言われちゃったんです。

後は弾いて、歌って、ラジオ聴いて、昼寝して、髪切って、惣菜とビール500ml一缶で締め。

ノープランの日曜日を満喫しました。

 

やはり、一日を元気に過ごすには昼寝が鍵かと。早く目覚めるようになると、昼食後から辛くなってくる。日本にもシエスタの風習があればなあ、体を横にして昼寝できたらなあ、と無理な事をつぶやきつつ、早々に寝ます。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月曜日)

長野訪問

長野県松本市に住む、妹家族を訪ねてきました。

主目的は小学生の姪のダンス発表会の応援です。

写真をたくさん撮ってきましたので、妹のお義父様に「平成のこどもたち」として、郵送しようと思ってます。

再会と、バイバイ。

心にモヤモヤを残しつつ、子供も大人も成長していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木曜日)

土門拳展・昭和のこどもたち

妹のお義父さまよりチケットを頂き、日本橋高島屋で開かれていた写真展に行ってきました。

そこには、父や叔母の子供時代の姿を彷彿とさせる子供達が写っていました。親父の性格も、教育も、こうした時代の中で培われてきたんだなと、何だか感慨深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月曜日)

台風が日本列島縦断

大型の台風18号が日本列島を縦断。京都・滋賀・福井で初の特別警報。特別警報は8月30日から運用を始めたもので、2011年の紀伊半島豪雨などの反省から生まれた。この特別警報は「数十年に一度」の規模が発表の基準。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽に何が起きているか / 常田佐久 (文春新書)

Photo太陽観測の飛翔衛星「ようこう」「ひので」が観測した太陽の姿と磁場の最新の動き。

想定される、次のマウンダー縮小に意識を起きつつ、科学本・警鐘本として読みました。

2052が地球温暖化への警鐘なら、この本は太陽活動の縮小を予見しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日曜日)

OBテニス

台風が関西の方にまだいたので、大学のOBOGテニス会がインドアテニスコートで開かれました。

昨年は頭痛の病み上がりでバテバテでしたが、今年はなんとか手を膝につかずに、フル参加できました。

世代が違うと、テニスのスタイルが違うことも分かったり、歳をとっても元気にプレーする大先輩がいらしたり、近い代の方と情報を交換したり、有意義な一日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土曜日)

2052 / ヨルゲン・ランダース (日経BP社)

20521972年の「成長の限界」から40年。本書「2052」は今から40年間のグローバル予測をしています。

冷静で説得力のある分析をした結果、その世界は皮肉にも悲観的なものとなりました。

 

甥や姪が次々世代の子育てをする時、そして自分が介護される側に回る時、その時の幸せとはどんなものでしょうか。

日本に住んでいても、他にもリスクはたくさんあるのですが、短期的な視野で物事を判断する人間の習性上、この本を一読しておくのは、ある種の覚悟の様なものを決める上で役立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火曜日)

ギターの6本の弦を張り替え

今日は、30分で弦の張り替え無料講座、30分でレッスンの予定でしたが、初めての不慣れのために60分を弦交換で使ってしまいました。

レッスン料が勿体ない気がしますが、なかなか習えない不可欠のメンテナンスなので、為になったと思います。

新しく張った弦は、MartinのExtra Lightです。前の弦よりも張力が柔らかく、軽い力でも押さえ足りない事が起こりにくいです。アルペジオが少しきれいに鳴るようになりました。ただ、弾く指の引っ掛け方で音がビレ易くもなりました。

 

雑談しながら張ったのですが、自己陶酔しながらギターを弾いていると時間を忘れるとのこと。まだその域に達するのは、相当先のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月曜日)

お神輿巡幸

地元、洗足池八幡宮のお神輿を担がせてもらいました。

昨年の秋祭りは、原因不明の頭痛が三週間くらい続いて断念。今年は何としてもと思い、新堀ギターのコンサートがブッキングしていたところを、チケットを母にプレゼントし、日程を確保しました。

毎年お世話になっている、地域の睦の方に半纏を借り、朝の宮出しから夜の宮入りまで、事故なく無事に終了することができました。

夕方まで雨がぱらついたり晴れたりだったのですが、宮入り前からゲリラ豪雨手前の土砂降りになりました。足元が滑って転ばなければ、みんなが担いでくれていると信じ、がっつり肩を入れて神輿を揉みました。

丸一日神輿を巡幸すると、魂を入れた神輿を宮入りさせるまで、不思議な哲学が生まれます。口では江戸前のバカ話しかしませんが、年季の入った先輩は暗黙知で通じています。

130908

友人の息子も丸一日巡幸し、途中で六中生の文化教育の体験が入ったりして、僕も子供の頃から地元の社会に密着して暮らしていたら、だいぶ物の見方が変わっていただろうなと思いました。偏差値で測られるガリ勉君でしたからね。

帰れる場所って本当ありがたいです。マンションの仮住まいには、時間とギターがありますが、自己完結型の人づきあいです。母も来年から出不精になるし、実家に帰る暮らし方も、少し頭を過りました。でも、結婚と子供をあきらめるようになるまでは、もう少し自由な一人暮らしを続けようと思います。

地元のお神輿、最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水曜日)

関東でまた突風

4日、停滞する前線と台風17号の影響で、東海地方で記録的な大雨が降った他、栃木県鹿沼市・矢板市や三重県伊勢市で竜巻とみられる突風が発生した。

矢板市の建物被害は計120棟に上った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月曜日)

関東で竜巻・突風

2日午後2時ごろ、埼玉県越谷市と千葉県野田市で竜巻とみられる突風が発生し、67人が重軽傷を負ったほか、560棟の建物が損壊した。

気象庁によると、巨大な積乱雲「スーパーセル」が発生していた可能性が高いという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »