« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月曜日)

台風でボランティア行を中止

この週末は、歳の節目をボランティアに汗を流して迎えようと思っていましたが、二つの台風の接近のために南相馬行きを中止して、ぽっかり日程が空きました。

ゆっくりマンションで過ごそうと、一人鍋の具材を買って、自炊の気分満々でいました。SNSやメール・電話でおめでとうメッセージも受け取り、なんだかホワワンとしていたのですが、段々誕生日の一人鍋が虚しくなり、夕飯は人と話して食べようと実家近くの居酒屋をハシゴしました。

途中ワインの遠隔差し入れがあって、ほぼ一人で一本空け、ヘベレケで実家に一泊。母に感謝するつもりが、幾つになってもだらしないと思われてしまいました。

 

翌日は午前を二日酔いで潰し、午後から国際新堀芸術学院の在校生によるギターオーケストラコンサートを聴きに行きました。学生にとって卒業記念ともなる公演だったようで、青春を悩みぶつけて、渾身で表現する音楽は、趣味でちょっとかじって楽しんでいる43歳に、ガチな衝撃を与えてくれました。色々後からモヤモヤと生き方などを考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木曜日)

台風26号により伊豆大島で大規模土砂崩れ

土石流が313戸に大きな被害を出した。

依然行方不明者が多数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火曜日)

フィリピンでM7.1の地震

フィリピンのボホール島で15日午前8時12分(日本時間同9時12分)、M7.1の地震があり、死者が複数出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土曜日)

石巻に日帰り訪問

少し思うところがあり、石巻の復興商店街に足を運んできました。津波の被災から立ちあがろうと商店を立ち上げる地元の方は、どんな状況で商店を営んでいるのか。実際に足を運んでみました。

新幹線で仙台へ。仙台から石巻に入るルートは、小牛田経由の石巻線と仙石線(途中バス輸送)があります。今回は小牛田経由で行きました。行きに間違って東北本線の支線に乗ってしまい、新利府で30分タイムロス。収穫後の田んぼをのんびり眺めました。ちょうどここで、新幹線車両基地祭りをやっていて人の流れに乗ったら、間違えました・・。

小牛田で一時間ほど接続が空き、石巻線に乗り換えました。石森章太郎のキャラクターが描かれた、「マンガッタンライナー」でした。乗客は高校生など少数。石巻に到着したのは13時頃でした。

131012

131012_2

とりあえずお腹が空いていたので、まず、石巻まちなか復興マルシェに向かいました。この復興商店街は2012年6月にオープンした仮設商店街で、「食」を楽しめる6店舗が軒を連ねています。石巻マンガロードを歩くと、サイボーグ009の像が迎えてくれました。

マルシェ内の石巻うまいもん屋にて、この日のお薦め、五色丼を注文しました。14時ごろですが、店内は多くの人で溢れ、厨房は大忙しでした。ボランティアを経験した身から思うに、観光客は被災地にお邪魔しているという感覚が希薄でした。魚介も米も地産地消を目指しており、ボリュームのある丼は、めちゃくちゃ旨かった。アラ汁も付きます。

お土産をクール宅急便で発送し、コーヒーショップでさらに一息。ここでは、石巻ブレンドのコーヒー豆を買いました。

131012009

131012_3

131012_4

131012_5

131012_6

腹を満たした後、ミュージックショップOBATAで民謡のCDを買い、河を渡って石森章太郎萬画館に行きました。サイボーグ003の受付嬢が迎えてくれました。子供連れが多いですね。石森章太郎の作品はまちおこしの全面に出ており、観光の話題作りに一役買われているようです。

131012_8

131012003

もうひとつの復興商店街、石巻立町復興ふれあい商店街にも寄りました。こちらはプレハブの建て屋が2011年12月から並んでいて、土産物屋、衣料品店、電気屋、タバコ屋、色々集まった「人の駅」です。牡蠣のおつまみとソフトクリームを食べました。

131012_9

131012_10

 

帰路に着きました。帰りは小牛田での接続も良く、仙台まであっという間に着きました。

 

以前、南海トラフ地震を迎えた時、人のつながりのあるタマリバを創ってみたいと考えたことがありました。コーヒー、図書館、ひとのくつろげる場所。

今日訪れた復興商店街は、東日本大震災から前を向き立ちあがろうとする人の集まる商店街でした。その環境を作るのは、どん底からの希望だと思います。

集まる人は、全てが良心的な人では無いかもしれません。一瞬閑古鳥が鳴く時に、なんともいえない切なさも感じます。今のぎりぎりの状況は、立ちあがってはみたものの、決して望んでなった境遇ではないかもしれない。でも立って前を向いている。

 

善意と活力あふれるボラセンの様な場に身を投じたいと考えた、不自由なき生活を実際にはしている身勝手な自分の夢を恥じ、ぎりぎりの経営の前線で踏みとどまる人々の姿を胸に焼きつけて帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »