« 台風30号がフィリピンを直撃 | トップページ | 黄葉の洗足池 »

2013年11月18日 (月曜日)

精神年齢

今日は午後からDANROKのCD発売記念ライブに行って来ました。迫力も、繊細さも、すごかった。手元を見ていたら、これはとてもこの域には達せないと思いました。CDは既に自宅にあったので、パンフレットにメンバーのサインを頂いてきました。

その後3時間ほど時間が空いたので、秋葉原で楽譜作成ソフトの入門版(finaleの廉価バージョン)を購入しました。MIDIのシステムはまだよく分かってませんが、あくまでもアコースティックの補助技術として、ソフトを導入します。自動演奏で悦に入るなんてことはしません。

夕方からライブ会場にて、クリスマスコンサートの前座曲のミニオケリハーサル。実際に足を運んでみてびっくり。ほとんどが還暦以上のおばあさん・おじいさんでした。その中に座って、弾きます。「最高の輝きを見せて下さい!」と言われましたが、どうも馴染みません。ちなみにそのおばあさんたちは、ギターの技術は僕より上でした。

 

帰り道、悶々として電車に乗りました。先日は専門学校の若者のエネルギーに圧倒されましたが、今日は音楽を楽しむ時間を持っているのがあまりにも高齢な集団なので、自分の人生の歩き方が間違っているのではないかと、落ち込みました。

お父さん世代、働き盛り世代は、音楽を楽しんではいけないのでしょうか?

今日の所は、クリスマスコンサートに向けてコード進行をちゃんと覚えて、練習を続けます。ほんの一瞬の出番なんですけどね。今日も3時間待って、20分の練習だった。

 

仕事と趣味、メリハリ付けよう。ギターの技術は小学生、精神年齢は20代、外見は40、体力年齢は50代。アーティストとしては受けにくい。プロは難しいでしょう。。

曲作り・歌作りという方向も垣間見えてきました。

|

« 台風30号がフィリピンを直撃 | トップページ | 黄葉の洗足池 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/58596321

この記事へのトラックバック一覧です: 精神年齢:

« 台風30号がフィリピンを直撃 | トップページ | 黄葉の洗足池 »