« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水曜日)

伊豆大島にボランティアに行って来ました

会社の紹介で、東京都ボランティアセンターの大島災害支援の最終期に参加させてもらい、日曜日から水曜日まで伊豆大島に行って来ました。

2013年の台風26号により土砂災害が起きたのは10月。12月頃まで泥出しなどのボランティアが来島し、僕が行ったのは、島外ボランティアによる支援から、島内での自立へと移行する時期でした。

メインの仕事は、仮設住宅へのかわら版の配布・コミュニティのお茶会(あいべぇ)の開催でしたが、これはボランティア初心者の女性が受け持ち、僕らは来月から営業を再開予定のホテル・マシオの土砂崩れの跡を二日間整地しました。

今回のボラで土砂崩れの恐ろしさを知りましたが、作業それ自体よりも、現地で出会った災害支援の活動家や、一緒に自炊した仲間からの刺激・気付きの方が大きかった。

仕事の重要な時期に、ボランティアに行かせてもらった職場の包容力に感謝しつつ、災害支援から学ぶ人間力の大切さを感じてきました。ボラセンを運営する各地の社協も、次の地震や気象災害を意識して準備を始めているというし、日本に住んでいれば他人事でない災害が起きた時の心構えを311から三年経って忘れている事に気づきました。

 

140223

元町港から見た山腹。土砂崩れの爪跡は木々が無く、雪が残っている。

 

140223_2

土砂で家屋が流された場所に椿の木が残っていた。今が開花の季節。

 

140224

大島の夕日。これから買い出しと晩ご飯の自炊だ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日曜日)

夢がかなうまで

昨年の夏、僕が初めてライブのステージに立った時、音楽学校の先生をはじめとするスタッフに支えられました。バイトだったのでしょうか、専門学校生のデュオがゲストとして歌いに来てくれました。彼女は午前のリハから夜の出番まで何か裏方をしていて、エレベーター前の狭いスペースで白熱電球に照らされて汗で化粧を崩していました。



その彼女たちの卒業記念ライブが藤沢で開かれたので、聴いてきました。





うまいとか、へたとか、そういうレベルで聴かないでください。歌に心あり、心に歌あり。学生時代の思いがぎゅうっと詰まった歌を、皆さん精一杯歌っていました。卒業、別れと出会い、胸によぎる想い。新たな扉の向こうに進もうとする、20代の歌を背筋を伸ばして聴いてきました。



洋楽・ジャズの雰囲気のある曲にも、圧倒されました。ヴォーカル主任の先生が、この舞台で用意したのは、Keri Nobleの"How far you've come"(邦題:夢がかなうまで)という曲でした。



今からヴォーカルの専攻で入学はしませんが、とにかく彼女・彼等の青春の舞台に同席させて頂きました。





帰りの東海道線の中で、理由はよく分からないけど奥田民生の「イージュー・ライダー」が頭に浮かんだので、iPhoneで再生してみました。30歳のカラオケで歌ったけど、あの曲が歌われたのはいつのことだっただろう。。





http://youtu.be/Mg7rtAWKdok







今日の遅めの夕飯は、ラーメン&ライスにしました。何だか気分だったので。



ライスは半ライスでしたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土曜日)

今年二度目の大雪

金曜日の午前から予想されていた雪が降り始め、うちの職場では午後15時に帰宅勧告がでました。

鍋の具材とパスタのソースを買い込んで、金・土と自宅に籠りました。

なんだか溜まっていた疲れが出たのか、いくら寝てもぐずぐず寝てしまい、結局楽器には触らず仕舞い。骨休みの大雪の日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木曜日)

オランダから帰国

昨年のGWにアムステルダムでお世話になったA君が仕事で来日したので、新橋の海鮮居酒屋で飲みました。あいかわらずすごい舞台で世界を股に掛けて働いているようです。

ラーメンで仕上げ。その後、もう一軒HUBへ。ヘベレケで上手くアテンドできず悪かった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月曜日)

お留守番

今日は、お父さんは会社。お母さんは定期健康診断。姪は小学校。

1歳の甥と、おばあちゃん(母)とお留守番していました。

目の力が強く、したいことに猪突猛進する甥っ子に、正月からの成長を見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日曜日)

冬の大三角

姪がポータブルゲーム機のゲームにはまってしまい、やりすぎて怒られて機嫌を損ねています。

今日は姪の誕生会を、家族+おばあちゃん+おじさんで、市内のピッツェリアというイタリアンなお店で行いました。ゲーム禁止ですねていたけれど、食事は美味しかったようで、主役はご機嫌になりました。

トランプも久しぶりにやりました。神経衰弱とか、スピードとか、何だか脳の使っていない筋肉が劣化している感じ。おばあちゃんは、ボケ防止に良いと驚嘆(笑)。

夜、晴れていたので、理科の宿題として、星空の観察を行いました。オリオン座の位置を1時間ごとに2時間観察する。長野県は空気がきれいで、少し光害はあったけど、星が良く見えていました。冬の大三角や木星が見えているので、簡単な解説をしました。スマホに入れていた、ステラナビゲーター(プラネタリウムのアプリ)が、ようやく役に立ちました。

子どものいる生活は、子供の成長と共に親も成長できるので、すばらしいですね。一人暮らしでは味わえない充実感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土曜日)

長野県に来ています

昨晩の飲酒を控えたため、今朝は早起きでした。弟からメールが着信。「雪で特急あずさが止まっている、」と。

とりあえず身支度を整えて、みどりの窓口に今晩の切符を振り替えに行きました。朝9時の列車なら席が空いていて、今のところ運行予定であるとのこと。即、その切符に振り替えて、昨晩、簡単な電話連絡で済ませていた母に連絡。母も弟に連絡をもらって、家を出発したところらしく、9時の列車に振り替える、とのこと。

そういう訳で、40年ぶりの大雪の中、無事に妹一家の住む長野県松本市にやってくることができました。特別列車の特急あずさは、途中二回ほどポイント故障・踏切故障で立ち往生したけれど、一時間遅れで松本に到着しました。本日の最終のあずさでした。

しんしんと雪は降り積もり、松本市での積雪は50cm程になりました。Vie de Franceの惣菜パンを食べた後、雪かきでカロリー消費。雪合戦を仕掛けてくる姪に、パウダースノーを降り掛けたり、雪山に顔面を突っ込む子供のような体験をしたりで、何とか遊びながら翌日の歩行・車の使用をできるところまで片付けられました。

雪も峠を越えて小降りに落ち着いて来て、濡れた衣類を家の中で干すと、テレビはソチオリンピックで盛り上がっていました。同じテレビを掛けていても、子供のいる家庭は賑やかで温かい。

僕のスマホで、長野と沖縄の甥をつないだりしながら、団欒を過ごしました。野菜たっぷりの塩とんこつ鍋が美味かった。炊き込みご飯の残りも、めちゃくちゃ美味かった。

月曜日に有給休暇を取得して、火曜日までこちらにおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日曜日)

小さいおうち / 山田洋次監督

久しぶりに映画を見てきました。

山田洋次監督のニュースをどこかで読んで覚えており、興味本位で行ってきました。観客は老夫婦ばかり。

140201_4

舞台は戦前・戦中の東京。派手な事件はでてきません。一つの浮気。

波の音をバックに語るかつての少年の言葉に、静かに理由の分からない涙が伝いました。視点が優しいです。

 

その後、梅よし寿司で寿司(並)と梅しそ巻きを食べ、帰ってギターを弾きました。歌を歌う気持ちには、どうしてかなれませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土曜日)

梅が咲きました

夕飯の鍋の具を買いに出かけたら、梅が咲いていました。

今日は鱈の鍋にします。白子入りの海鮮味噌汁にします。

1402011

1402012




| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山に登ってきました

音楽を聴きながら散歩をしている時に、ふと低い山を散歩をしてはどうだろうと思い立ち、今週末に高尾山に行って来ました。

金曜日の飲酒を控え、土曜の始発で京王線の高尾山口駅まで行き、そこから7時半ごろには入山して登ってきました。半分くらいのリフト降り場までは、かなり勾配が急でひたすら続き、正直しんどかった。フリースにユニクロのダウンという、ナメた格好で失敗した。ジーパンにランニングシューズだったが、これも天気が悪かったら裏目に出ていた要素。

自転車とランで、ゆっくり・長くを覚えてきたので、気持ち的には落ち着いて登れました。

薬王院が弘法大師のお寺であることに因果を覚えつつ、色々参拝して来ました。六根清浄という不思議な置物があって、五感と意識の六根の書かれた石板を回すようになっています。

そこから階段などで頂上に。視界が開けると、大変気持ちの良い見晴らし台がありました。

水分を取って休憩し、そのあと「やまびこ茶屋」でおにぎり定食を間食し、下山しました。

140201

140201_2

140201_3

 

下山途中、これから登ろうとする人達に沢山すれ違いました。大混雑です。やはり山は早発ちが一番と思いつつ、昼から登る人に散歩とナメている以前の自分の姿を見て、ちょっと経験を積んだ気になりました。

以後の山活動は、未定です。頂上に着いた時が気持ち良いですね。平地では味わえません。ギターで籠るだけでは、体がどんどん錆びて行くし、近場の100名山とか調べてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »