« 福島県南相馬市にてボランティア | トップページ | 二つのギター ~藤沢本館にて合奏団指導 »

2014年5月10日 (土曜日)

「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加

桜が散り始める頃、エミコ・シールさんが、母親に会うために大阪に帰って来ていました。

明日のオーストラリアへの帰国の日程を織り込み、本日道頓堀の居酒屋「奴」にてまた会える機会が来たので、参加して来ました。

大量の痛み止めの薬を飲んでいますが、立てます。杖をついて歩けます。車いすが用意してありません。

 

参加者全員からの自己紹介・壮行の言葉を送り、いつものギター弾き語り、そしてエミコさんから近況を聞かせてもらいました。

備忘録:

「今までは、スティーブのために生きていると思っていた。でもそれは間違いだった。スティーブと一緒にいたいから、私は生きているんです。自分のために、自分がスティーブといたいんです。」

「13年の(癌からの)闘病生活は、11年の自転車での(峠越えの)闘病生活より、比べ物にならないほど厳しく辛く、過酷な冒険をしている。」

「チェンマイからの世界一周は、叶えたい。」「でも今は、とにかく再発しないように、生きて、夢をかなえたい。」

「スティーブと頑張っていくんで、細く長く皆さんに会えたらと思います。(皆さんのお陰です、ありがとうございます!)」

「スティーブに本当に支えられていて(共感の涙)、いつか恩を社会に還元したい。」

 

140510

2014.5.10 居酒屋「奴」にて。明日の母とのオーストラリアへの帰国を控えて。

|

« 福島県南相馬市にてボランティア | トップページ | 二つのギター ~藤沢本館にて合奏団指導 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/59621021

この記事へのトラックバック一覧です: 「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加:

« 福島県南相馬市にてボランティア | トップページ | 二つのギター ~藤沢本館にて合奏団指導 »