« 「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加 | トップページ | 新堀ギターアンサンブル公演を聞きました »

2014年5月11日 (日曜日)

二つのギター ~藤沢本館にて合奏団指導

二つ持つことにしました。

家ではありません。

ギターです。ナイロン弦のアコースティック・バスギターを、教室のを借りて三ヶ月取り組んだのですが、触れる機会が限られたり、メンテナンスに手が回らなかったり、何よりも肩身が狭いので、自分のバスギターを買いました。

新しいバスギターは、茶位工房のギターです。Eastmanのフォークギターと合わせて、二つ目のギターになります。

  茶位工房 http://chai-guitar.jp/

 

今日は、藤沢本館で寺田先生の合奏団指導を受けることになっていました。昨晩の新幹線のビールはスッキリ抜け、4時に目が覚め活動していました。7時ごろ、朝飯を食べて眠くなり、「まだ1時間半時間に余裕があるなぁ」と思ってベッドに腰掛けたのが運の尽き。気が付いたら、遅刻でした。オケの集合に遅刻です。教室の先生に電話を入れて謝り、40分遅れて東海道線に乗りました。やっぱりライブと合奏団の二足のわらじは難しいかもしれないな、とクヨクヨ考えながら藤沢駅に到着。本館の会場に到着すると、合奏の準備は整えられていて、小学生を含めた団員が練習のリハを行っていました。

「すうらいさん、そこにギターを置きました。」という、指揮棒を振る先生の声。「そこに座って下さい」と、見ると譜面台・足台・椅子がセットされていました。

練習のリハに参加。でも慣れないギターは弦が7本ありました。

そして、通しをした後、先生が寺田先生に声を掛け、本指導が始まりました。

寺田先生の指導は、湧き出る音楽の喜びというか、情熱・青春・発散・爆発を呼び覚ます熱のこもったユーモアあふれるミーティングをしてくれて、大変貴重な体験になりました。

演奏して練習の指導を受けました。情熱の軸がぶれない指導で、僕には勿体ない位です。

そして、逃げないことに決めました。藤沢本館には楽器部があるので、そこでバスギターの価格の安いものを買い、そのまま持ち帰りました。それでも高額な大人買いです。

 

ギターが二つになりました。これは所有物を二つ持ったということでなく、練習生活を二つ持つことになります。ギターは、買っても上達しません。学校に入っても上達が保証されるわけではありません。結局、本人の練習の努力次第です。

それが、バスギターを借りて済ませてきた理由です。でも、もうやるしかありません。

 

先日のライブハウスで、友達にチケットを配らなかったにも関わらず、僕にファン投票してくれた方がいらっしゃったと聞きました。恥ずかしいけど、とても嬉しかった。

だから、ライブに集中した方が良いかなぁと考えていました。

でも、正直僕の演奏は下手です。一票に調子に乗って、快楽に任せてライブを続けたら、息の短いものまね芸人の様になってしまう。

やはり、ここは技術を向上させよう。肝心・要を向上させよう。

という訳で、二股かけて頑張ります。

 

会社の仕事もやりがいがぐんぐん伸びてきてるので、オン・オフのメリハリ付けよう。明日から頑張るぞ。

 

 

140511

二つのギター。手前が茶位のバス G.

|

« 「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加 | トップページ | 新堀ギターアンサンブル公演を聞きました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/59626435

この記事へのトラックバック一覧です: 二つのギター ~藤沢本館にて合奏団指導:

« 「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加 | トップページ | 新堀ギターアンサンブル公演を聞きました »