« アフガニスタンで大規模地滑り | トップページ | 「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加 »

2014年5月 7日 (水曜日)

福島県南相馬市にてボランティア

ゴールデンウィーク後半、日程が合ったので、いつもの南相馬市のボランティアに同乗させてもらいました。5/4午後出発、ホテル二泊、5/6は昼で活動終了、帰途へ。

活動者宿泊施設を設営していた、グリーンパークという場所を市に返還するので、後片付けをするということで人が集まりました。

振り分けてみると、うちらの団体は、家の裏の側溝の泥出し等の土砂作業と、物置の片付け・庭の整地でした。

土砂作業は被災から間もない頃のような、ハードな作業でしたが、いつか朝礼で聞いた「ボランティアによる、掻いたスコップ一杯の泥、拾った石ころ一つ、抜いた草一本が、復興への足掛かりとなっている」の言葉を胸にやりました。自分は男手にしては非力で、比較的力の楽な作業を受け持ちましたが、団体で総合的に頑張りました。

日の落ちるのが冬より遅くなり、避難区域の海沿いを車で少し走りました。津波がさらった後は草原が広がり、人の気配はありません。新しく建っているものもありません。この先どうなるのか、言葉もありませんでした。写真は撮っていません。

ホテル泊ということで、夜は酒も入り、居酒屋や中華料理屋で盛り上がりました。

東京~南相馬の往復は、渋滞はほとんどありませんでした。帰り道に東北道にて15分程はまったくらいでした。

140505

140505_2

珍しく集合写真。後列右から二人目は松本センター長。

|

« アフガニスタンで大規模地滑り | トップページ | 「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加 »

天災メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/59602840

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県南相馬市にてボランティア:

« アフガニスタンで大規模地滑り | トップページ | 「何度でもやったるねん、エミコ壮行会!」に参加 »