« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日曜日)

未来の水素社会のイベントを見に

日本科学未来館にて、「ようこそ水素社会へ~実験で知る新しいエネルギーのかたち」というイベントが行われると聞き、行ってきました。
小学生たちで賑わっていたので、空いたところを狙って、ささっと取材しました。
 
懐かしい水の電気分解の実験で、水素を作っています。白熱灯の光を太陽電池で電気に変え、その電気をブルーのユニットに流して水を電気分解しています。ブルーのユニットを間近で見ると、細かい泡が次々と発生していました。
これが、太陽光だったら・・・。
 
 
これが風力発電だったら・・・。
 
 
水素ガスから燃料電池でエネルギーを作る部分は、体験型で混雑していました。でも、燃料電池の開発中の技術は、明らかにしていなかったように思います。小学生には難しいのかな。
(※後で調べてみると、水素ガスを水中の水素イオンと電子に変換するための触媒が鍵になるらしく、レアアースに依存することになりそうです)
(※後日談。開発中の水素ロータリーエンジンにも個人的には期待。水素は燃やして水にしたほうが話が早い。危ないけど。  関連ニュース)
 
 
Geo-Cosmos
 
お気に入りのカフェは混雑していました。
 
ブルーの地球ソーダを注文して、ドームシアターの上映を待ちました。
シアターの今日の演目は「夜はやさしい。」
プラネタリウム映像と世界各地の音響、谷川俊太郎の詩の朗読がコラボした、温かい涙の滲む作品です。
詩の文章を忘れてしまいましたが、関連していそうなCDを見つけたので、今取り寄せ中です。
 
なんだか、墨田区・江東区で暮らして悩む自分が、ちっぽけに思えてきました。
谷川俊太郎と全く同じじゃないけど、模倣すれば、「僕は星。だれかの星座でつながっている、闇に浮かぶ小さな光。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの二日酔い

テニス部の新年会で19時半~24時まで飲んでいたら、完全に二日酔いになりました。
最後はよだれ垂らして居眠りしていたらしい・・・。みんなの話を聞き逃した・・・。
 
で、翌土曜は、二日酔いのために一日潰しました。こんなひどい二日酔いは、一年にそうありません。
飲む時間を計算して、途中からノンアルコールに変えないと、もう体が持たないです。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木曜日)

天体観測

2月中旬まで星空に惑星が勢ぞろいするという情報を聞き、今日の天候の好条件もあって、早朝に荒川河川敷に天体観測に行ってきました。
 
20160128__4
 
前の晩に、デジカメのバルブ撮影機能をチェックしておき、三脚も持って、防寒着を着込んで家を出ました。
河川敷は工事で幅員が減少していたけど、なんとか撮影ポイントを見つけてレンズを星空に向けました。
東京の星空は明るいので、絞りF8.0でも20秒の開放が限度ですね。真っ白になっちゃいます。
ステラナビゲーターで星図をチェックし、星空と惑星を確認。うーん、分かりにくい。スマホの画面も小さいし、遠視入り始めた。。
 
天頂の月の横に木星が。そして東の地平線に向かって火星・土星・金星が。水星は出る5時20分を過ぎても見えなかったので、寒くて帰ってきました。たぶん満ち欠けで欠けていたのでしょう。
 
昨晩は星図を見ながら、人間は冥王星にも探査機を飛ばしたんだなと一種の感慨を覚えました。今朝は、寒空の下での撮影を静かに楽しんできました。
 
 
 
20160128__5
 
20160128__6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日曜日)

梅が開花

雪が予報されていましたが、寒風の快晴の一日になりました。
先日、夜歩いているときに梅の開花を見つけたので、今日は亀戸天満宮に梅を見に行きました。
八重の梅は開花が早く、もう咲き始めていました。今週末は うそかえの神事があり、行列ができていました。お神楽も舞台で奉納されていました。
 
梅と五角形、意識下で結びついています。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土曜日)

テニス実業団チームの打ち上げ

今週は、テニスの実業団の仲間と飲みました。それぞれにドラマがあり、僕のようにテニスにのめり込めるのは、少数派のようです。
一応、古い公約で「体重80kgを切るまで試合に出さない」という、半ばイジリで身体を心配してもらっていたのですが、体重が少し下がってきても83kg。
今回は、錦糸町にオープンするライザップに2ヶ月入会して汗を流すよう、mustな感じの話の流れになりました。カスタマーセンターに電話してケータイ渡された。笑
帰宅してネットでライザップを調べ、建設中のテニススクールがオープンするまで、ライザップで身体を作っておくのもいいかなと、少し気持ちが傾いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日曜日)

テニススクールとのコラボ体験レッスン

自宅からも職場からも近い場所に、新しいスポーツスクールが建設中です。
今日はそこのテニス講師陣の営業を受けて、職場のテニス部30名程と職場のコートを使用して体験レッスンを受けてきました。
 
なにぶんにも病み上がりでストレッチすらろくにしていなかったので、怪我の無いように無理せず進みました。2時間みっちり汗をかき、上手くなるところはコツを教えてもらいつつ練習しました。
終わりのほうのゲーム形式の練習で本領を発揮できないところは、実業団と同じ。サーブにも弱さが残りました。
 
テニスというレクリエーションは、以前書いた記事に呼応すると、父親系の勝負魂・団体戦の結束力を満たしていくスポーツなので、実業団(実戦)での勝利を目標に、スクールのアドバイスを積極的に活用できればと思います。
 
難点をいえば、あちこちに飛散した趣味、ギターとの時間の兼ね合いですね~。
しかし、贅沢すぎるほどの、好環境。利用しないことは無いように思えます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土曜日)

エコチル調査シンポジウムを聴講

環境省主導で行っている、大規模な疫学追跡研究「エコチル調査」の5年目のリリースがあったので、個人として興味があり聴講してきました。会場は日本科学未来館。あのGeo-Cosmosの地球儀がぶら下がっている所です。
 
5年目なので、分かったことは論文化されていますが、まだ道半ばです。疫学調査を、追跡調査するという、成長した子供が果たしてどう思うのか不安ですが、これから周囲の理解が必要な調査になることは間違いありません。
講演会の基調講演は北野大先生が担当し、化学物質は諸刃の剣。正しく恐れる事が必要であり、エコチル調査はその礎になる。というメッセージを頂いて、自分なりに理解しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックギターの近況

ギターの運指が壁にぶつかり、クラシックギターの基礎を初等科からやり直しているのですが、先生も小学校低学年の児童にクラシックギターの英才教育をされてきた経験のある方なので、自然と習得すべき技術も小学生レベルに落ちてきました。
できないので悔しいのですが、関節の曲げ方にまで、不調の原因はブレークダウンされ、自分的には挫折寸前です。一応、教わっていることは理にかなった内容なのですが、手段が手段化されてさらに手段化されているような、何のために音楽やっているのか分からなくなってきたので、先日少し振り返りと気持ちの整理を行いました。
 
出演させてもらったライブエナジーに「エナジー」と名前が付いているように、ハジケルためには大馬鹿な爆発が必要です。そこはキャラ(性格)的に向いてないことを、僕は認める。
人より上手くやろうとか、ステージで共感を産もうとか、そういうズルい作戦全てが、むかつく。メガネ野郎。
 
しかし、心の底にはエナジーが少しだけくすぶっているので、それを放出させたいのです。
なのに関節の曲がり方を学んでいるわけです。
先日は、日本酒一合で、ドアホ企画考えてみました。醒めて読み返すと、てにをはの校正が必要かと。後日お楽しみに。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水曜日)

大きな古時計

年末年始は、祖母の激動の人生を振り返ったり、親戚の高齢化をまざまざと感じたり、仕事で忙しい時間を縫ってはるばる東京に来てもらったり、子育ての苦労を一緒に過ごして実感したりしました。
 
なんだか一人暮らしでギターを弾き歌っていることが、悪いことをしているように思えてきました。いや、決して悪いことではないのですが、もう一人の自分が楽しんでいる場合ではないと、子供心にブレーキをかける。無理に陽気に振る舞うと、後で逆に憂鬱な気分になってしまう。
1月30日に出演予定だったライブエナジー、出演キャンセルしました。勇気を与える歌を、弾き語りしながら練習できないから。
プロじゃないし、まあいいかと思います。
一応1月のギターレッスンには足を運んでいて、ちょっと音楽ネタの会話をしたりしながら気分をほぐしています。
昨年、指の運指の壁にぶつかって、クラシックギターの基礎を初等科から改めて復習しています。アルペジオを美しいフォームで、きれいな音で鳴らすよう心掛けているのですが、なかなか根気が要ります。
昨日は気持ちが乗らないまま、クラシックギターの教本にあった「大きな古時計」を手本を聞きながら弾いてみて、なんだか癒されました。
なんだか記憶が蘇ってきました。小学生の時、祖父が亡くなって沈んでいた時期がありました。そんな時に音楽の授業で、「大きな古時計」を合唱して、号泣してしまったのです。「おじいさんと一緒に、チクタクチクタク。今は、もう、動かない、その時計。」
クラシックギターの魅力を感じながら、一方で元気が戻ったら弾き語りで勇気の歌を歌おうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金曜日)

2016年の抱負

色々あった後に風邪をこじらせ、元日は風邪薬と新聞をコンビニに買いに行った以外、外出せず寝ている状況です。
 
毎年、大晦日から元日にかけて、新年の抱負を自分なりにまとめて、初詣に参じるのが習慣となっていました。昨年喪中だったため、初詣も無しです。
振り返ってみると、大きな目標と散らばった課題を抱えながら、日々を過ごしてきた一年だったな、と思います。
2016年の抱負は、残念ながら描けていません。
ただ一極集中の目標をボンと掲げるのも、色々な方面での成長を目指す自分のスタイルには、帰って自分を見失うことになりかねない。
 
ざっくりと今考えていることをメモしておきます。
最近までは、自分の内面に潜ってきました。例えば、自転車にはまったり、ギターにはまったり、マラソンに挑戦しようと思ったり、日本天文学会に入会したり。全ては、自身の子供心を大きく伸ばしてやろうとする行動だったと思います。心理学的にいうと、母親的な行動なのかな。
今後は、外側への旅をしてみようと思います。父親的な行動をしながら、自分自身も楽しもうと思います。外側への旅とは、遠いところに旅行するのも手ですが、もっと足元の外側。家族や友達、地域のコミュニティなど、他人に自分の本心をぶつけたうえで他人と理解しあう、というところを意識しようと思います。心の友を大切にします。小学生レベルの話に聞こえるかもしれませんが、八方美人でお調子者の自分には、これがうまくできていません。
 
箇条書きの抱負ではありませんが、現時点で考えている将来の方向性は、こんな感じです。
だから、見合いは絶対やりたくありませんので。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »