« 大きな古時計 | トップページ | エコチル調査シンポジウムを聴講 »

2016年1月16日 (土曜日)

クラシックギターの近況

ギターの運指が壁にぶつかり、クラシックギターの基礎を初等科からやり直しているのですが、先生も小学校低学年の児童にクラシックギターの英才教育をされてきた経験のある方なので、自然と習得すべき技術も小学生レベルに落ちてきました。
できないので悔しいのですが、関節の曲げ方にまで、不調の原因はブレークダウンされ、自分的には挫折寸前です。一応、教わっていることは理にかなった内容なのですが、手段が手段化されてさらに手段化されているような、何のために音楽やっているのか分からなくなってきたので、先日少し振り返りと気持ちの整理を行いました。
 
出演させてもらったライブエナジーに「エナジー」と名前が付いているように、ハジケルためには大馬鹿な爆発が必要です。そこはキャラ(性格)的に向いてないことを、僕は認める。
人より上手くやろうとか、ステージで共感を産もうとか、そういうズルい作戦全てが、むかつく。メガネ野郎。
 
しかし、心の底にはエナジーが少しだけくすぶっているので、それを放出させたいのです。
なのに関節の曲がり方を学んでいるわけです。
先日は、日本酒一合で、ドアホ企画考えてみました。醒めて読み返すと、てにをはの校正が必要かと。後日お楽しみに。
 

|

« 大きな古時計 | トップページ | エコチル調査シンポジウムを聴講 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/63076831

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックギターの近況:

« 大きな古時計 | トップページ | エコチル調査シンポジウムを聴講 »