« 巨大サイクロンがフィジーを直撃 | トップページ | 東京マラソン2016を観にいきました »

2016年2月26日 (金曜日)

大栗先生の超弦理論入門 / 大栗博司 (講談社ブルーバックス)

4月から日本科学未来館で公開されるプラネタリウム作品に、超弦理論が描く9次元空間が描かれるそうなので、さっぱり分からないので先にブルーバックスを読んだ。
素粒子理論を超弦で現わすときに9次元空間の次元数が、矛盾しないということらしい。
 
読んだが、実はよく分かっていない。
 
でも、脳の神経細胞やシナプスの化学物質伝達が三次元に存在するとしたら、意識や無意識というのは九次元に広がった存在なのかな? となんとなく空想した。

|

« 巨大サイクロンがフィジーを直撃 | トップページ | 東京マラソン2016を観にいきました »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/63264751

この記事へのトラックバック一覧です: 大栗先生の超弦理論入門 / 大栗博司 (講談社ブルーバックス):

« 巨大サイクロンがフィジーを直撃 | トップページ | 東京マラソン2016を観にいきました »