« 震度3以上の地震 | トップページ | 国際新堀芸術学院在校生有志による 春季定期公演2016 »

2016年2月 8日 (月曜日)

あなたの睡眠を改善する最新知識 朝型勤務がダメな理由 / 三島和夫 (日経ナショナルジオグラフィック)

日経の電子版でこの人の書いた睡眠に関する原稿を興味深く読む。
おそらくその連載を本にしたものと思われる。
 
「8時間睡眠のウソ」という本も新しい睡眠に関する知識を体系的に教えてくれたが、この本は短く完結する短編が連載されているので、興味のあるトピックスについて深く知ることができた。
 
ここ数年以上、睡眠がうまく取れなくて困っていた。入眠は速やかだが、夜中に目が覚めてそのまま起床し、翌日寝不足になる。
これまでに聞きかじった知識や、この本を読んで、いくつかの工夫を生活に取り入れた。
 
・風呂はシャワーより、湯船に浸かる。冬は入浴剤を使うと温まる。
・冬は靴下を履いて寝る。
・寝るときにBGMをオフする。
・夜中にトイレに目が覚めても、もう一度布団に入る。ぐっすりとはいかず忙しい夢を見てなんとなくまどろむだけで、脳は睡眠を取れている。
・目覚ましのアラームは、「朝活早起き時間」にはセットしない。
・20~22時の間に寝ない。ここで寝ていると、リズムが崩れて夜中に響く。
・酒は飲むなら22時までに、適量で止める。水などチェイサーを挟む。
・腹が減って眠れず辛いときは、カップラーメンを食べていい。ダイエットより睡眠が大事。しっかり寝て、翌日活動的にすれば良い。
など

|

« 震度3以上の地震 | トップページ | 国際新堀芸術学院在校生有志による 春季定期公演2016 »

本棚」カテゴリの記事

生活習慣病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/63184549

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの睡眠を改善する最新知識 朝型勤務がダメな理由 / 三島和夫 (日経ナショナルジオグラフィック):

« 震度3以上の地震 | トップページ | 国際新堀芸術学院在校生有志による 春季定期公演2016 »