« ポケモンGOに思う | トップページ | 酢しょうがのその後 »

2016年7月31日 (日曜日)

夏の風物詩

土用の丑の日と隅田川花火大会が重なった日は、梅雨明け後の晴れた天気だった。
少し早めの昼食を、錦糸公園近くの老舗のうなぎ屋、三由(みよし)で食べた。 土用ということで、店内はかなり混み合っており、厨房は大忙し。
ここのうな重のランクは、特>松>竹>梅>Aとなっている。Aは手ごろな価格だが、お重が丼になっているので、今日は「梅」にした。
ビールをついつい頼み、鯵のたたきが追加になった。
何十年ぶりかに食べる、四角いうな重は旨かった。
 
確か、昔うな重を家族で食べたのは、祖父の一回忌か三回忌の小学生の頃、お寺の近くの忠勇といううなぎ屋にてだったと思う。
当時はうなぎは外食で食べられなかったから、法事に合わせて、祖父の遺言で「孫にウナギ食わせてやれ」という事になったのだろう。
とにかく、喉に小骨の刺さらない本物のうなぎは旨かった。
 
混み合った土用のうなぎは、そそくさと食べて店を出た。
その足で、ギターのレッスンに参加。ビール一本が効いて非常に眠かった。一緒に合奏した小学生は「このおっさんやる気ないな」と思っていたことだろう。
 
夜は夕暮れから、隅田川上に花火が打ち上がった。スカイツリーの横に離れて見える。
Je suis Parisのトリコロールカラーの花火や、グルーヴ感のある連続花火が、変わり種として印象に残っている。
もちろん大輪の古い花火は夏っぽくて良かった。
ビール片手に、酔いながら見たが、やはり一人で見るのは勿体ないというのが、毎年思うところです。

|

« ポケモンGOに思う | トップページ | 酢しょうがのその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/63991176

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の風物詩:

« ポケモンGOに思う | トップページ | 酢しょうがのその後 »