« 八重洲にて泡盛 | トップページ | 空の軌跡 / ベルトラン・ピカール (小学館) »

2016年8月12日 (金曜日)

本所防災館を見学

東京での夏休み二日目。
早朝散歩、テニスレッスンと終えても、まだ昼前の11時ごろだったので、午後最終の見学・体験コースを予約して訪問してきました。
 
ここには開館当初に職場の新入社員として、防災意識を高めるために足を運んだことがあります。
今日の予約時間帯はショートコースでしたが、それでも映画・都市水害体験・地震体験をすることができました。
30cmの浸水を想定した非常口のドアを開こうとしましたが、相当重い。自動車のドアに至っては開けられませんでした。
起震装置上の部屋に上がり、震度7を体験しました。僕の番では、ゆっくりした揺れから始まりましたが、それでも四つん這いになってでさえ、怖かったです。いきなりドンと直下型が来たら、ひとたまりもない。
 
本所防災館のサイト 予約はこちらから
 
 
様々な書籍を置いた学習コーナーなどには、東京防災の黄色冊子もたくさん置いています。また、様々な災害に関する本も取り揃えていました。
防災時のトイレ確保についてとか、珍しい資料もありました。
 
僕知らなかったんですが、荒川の水面って、標高5mくらいあるんですね。そして住宅地が標高0mだと、河の堤防が決壊したら二階近くまで浸水する。
集中豪雨もかなり深刻です。
 
帰宅して、とりあえず備蓄の飲料水を2L×6本買いました。
冷蔵庫上の電子レンジも、落ちた時に壁にぶら下がらないようアースの接続端子を工夫しました。
あとは、夏でも浴槽に水を張っておきましょう。

|

« 八重洲にて泡盛 | トップページ | 空の軌跡 / ベルトラン・ピカール (小学館) »

天災メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/64048981

この記事へのトラックバック一覧です: 本所防災館を見学:

« 八重洲にて泡盛 | トップページ | 空の軌跡 / ベルトラン・ピカール (小学館) »