« クライミングジムに初挑戦 | トップページ | 鳥取中部で震度6弱 »

2016年10月22日 (土曜日)

GRIT やり抜く力 / アンジェラ・ダックワース (ダイヤモンド社)

粘り強く努力を続けていく事が大切であることを、心理学者が改めて解明したという本。読むと、何でもやる気になります。
有名企業の採用でも、GRITが重視されるようになり、世界中で評判を呼んでいる本です。
 
グリット(grit)を辞書で引くと、
(困難にあってもくじけない)勇気、気概、闘志。とある。
 
・メモ
 才能×努力=スキル , スキル×努力=達成 (=才能×努力の二乗)
 「今日必死にやる」より、「明日、またトライする」
 成功するために必要なことは、「ひとつのことにじっくりと長い間取り組む姿勢」
 など。
 
 
■自分自身のGRITに関して思ったこと
 課外活動として、ギターを続けること、テニスをとにかく続けることが必要だ。明日またトライするマイペースでもいいから、挫折しても立ち上がって長期的に続ける。
 ギターだと、創意工夫を怠らない。心のおもむくままにやる、遊び心の楽しさも重要。当初狙っていたシンガーソングライティングもあきらめない。
 テニスだと、実業団でまずは個人として1勝。そして次はチームの昇格を目指す。目標を酒の席に置かない。
 
■甥や姪のGRITへの影響について思ったこと
 自分が粘り強くGRITを伸ばすことを意識していれば、発言もGRITを伸ばすアドバイスになるであろうから、口先のアドバイスでなく自分事として頑張る。
 
■注意点
 酒が一番の弱点。禁酒はいつも失敗しているから、水割り3杯の上限をとにかく守ること。

|

« クライミングジムに初挑戦 | トップページ | 鳥取中部で震度6弱 »

本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/64385287

この記事へのトラックバック一覧です: GRIT やり抜く力 / アンジェラ・ダックワース (ダイヤモンド社):

« クライミングジムに初挑戦 | トップページ | 鳥取中部で震度6弱 »