« 阿蘇山が爆発的噴火 | トップページ | 中高生のギターコンクールをお手伝い »

2016年10月11日 (火曜日)

合奏団のギターコンクールに出演

10日の体育の日は、年間を通じて合わせ練習を重ねてきたギター合奏団の本番発表会でした。
個人的にはミス少なく弾き終え、合奏団としても賞を頂いたので充実感がありました。
 
上手いとか下手とか、金賞とか銀賞とか、そういう枝葉のことよりも、発表会の本番の日に立ち会えたことが奇跡的でした。
本来ならば、この三連休は和歌山にテニス&宴会に行っているはずでした。これをキャンセルしたことにより、久しぶりの友人に会えなかったことは否めません。大切な話もおそらくあったことでしょう。
 
Bassパートだったのですが、様々なプレッシャー(役割意識)があり、逃げられませんでした。でも逃げなかったことで、得たこともありました。
楽しいことよりも、自分が必要とされている立場に呼応して、成果を出しました。
テニスの実業団の試合もそうですが、団体戦はそれぞれの役割をこなすことが重要となります。テニスは試合に勝つことが重要ですが、それ以前にコートに立って試合を始めることが、何にも増して必要です。テニス実業団を一度引退して、くすぶって復活させてもらったので、それがよく分かります。
 
ギターもテニスも気長に続けていきます。止めたらそこで終わってしまいます。

|

« 阿蘇山が爆発的噴火 | トップページ | 中高生のギターコンクールをお手伝い »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/64334701

この記事へのトラックバック一覧です: 合奏団のギターコンクールに出演:

« 阿蘇山が爆発的噴火 | トップページ | 中高生のギターコンクールをお手伝い »