« 清里を旅行してきました | トップページ | 清里でのアクティビティ »

2017年5月 2日 (火曜日)

清泉寮とポール・ラッシュ記念館

旅行ガイドブックで清里を読むと、必ずページの初めに取り上げられているのが、清泉寮です。周遊バスで行ってみました。
そこの奥に、ポールラッシュ記念館があり、そこで清里の歴史・沿革を知ることができます。現在の清里の精神を築いたのは、ポール・ラッシュという日本で暮らした米国人でした。
 
ポール・ラッシュは、関東大震災後の焼け野原の横浜のYMCA会館再建のため、日本にやってきました。当時28歳です。
日本を見たポール・ラッシュは、日本の社会をどうしたら良くするか、自分の使命として生涯を通じて行動しました。酪農の導入・聖路加国際病院の設立・米国の国技アメリカンフットボールを通じた健全な精神の育成・日本での社会貢献のリーダーを育てる人材育成(Kiyosato Educational Experiment Program; KEEP)に力を注ぎ、KEEPの拠点として日本人が協力して生まれた街の文化が現在の清里です。
 
ポール・ラッシュの志の高さに感銘し、40代後半になって、色々思いが巡りました。
 
宿泊したホテルの食事も、地元の野菜と、乳製品・卵料理など、震災や戦災で復興した日本のKEEPの食卓を頂いていることが分かり、なんだか深い感謝と畏敬の思いで、この旅を過ごすことができました。

|

« 清里を旅行してきました | トップページ | 清里でのアクティビティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201681/65224001

この記事へのトラックバック一覧です: 清泉寮とポール・ラッシュ記念館:

« 清里を旅行してきました | トップページ | 清里でのアクティビティ »